Video Screencast Help
Protect Your POS Environment Against Retail Data Breaches. Learn More.
Security Response

スパムの世界にも届いたジェレミー・リン人気の波

Created: 19 Mar 2012 02:55:35 GMT • Translations available: English
Ruby Yang's picture
0 0 Votes
Login to vote

ほんの 2、3 カ月前まで、ジェレミー・リン(Jeremy Lin)という名前は誰も知りませんでしたが、今では世界中が「Linsanity(リン、最高)」の声に沸き立っています。NBA の新星ジェレミー・リン選手の名前は、ESPN やニューヨークタイムズをはじめ、ありとあらゆるスポーツメディアに数え切れないほど登場しています。

リン選手のファンであれば、背番号 17 の T シャツ、ポスター、サインなど何でも集めたいと思うところですが、そんなファンでも Linsanity の迷惑メールだけは願い下げでしょう。しかし、残念ながら、スパマーもこの熱狂に便乗しています。

両親が台湾出身というジェレミー・リン選手の出自は NBA でも異色で、バスケットボールファンを熱狂させているだけでなく、なんと中国語の学習熱まで生み出しています。謙虚で努力家というその性格も、海外企業、特に中国市場における人気を呼んでいるようです。この流行に目をつけたスパマーが、中国語のフラッシュカード Web サイトの宣伝に彼の名前を利用しています。

リン選手自身は、名声に乗って企業の広告塔になるつもりはないと宣言していますが、自分の人気がどれほど短期間のうちに利用されるようになっているか、きっと彼も知らないのでしょう。インターネット上で商品を売り込むために、スパマーでもビジネスマンでもその素早さは変わりません。これほど有名になった「ジェレミー・リン」の名は、検索エンジンでも上位 10 位の検索キーワードに入っています。シマンテックが発見した中国語の衣料品オンラインショップにも、この傾向は現れています。衣料品がブログの形式で販売されていますが、どのブログ記事の件名も、「林書豪」(Shu-How Lin)という彼の中国名で始まっていて、その後に商品名、サイズ、色が続いています。こうしておけば、このオンラインショップの検索ランキングが上がるので、大量にあふれる衣料品の中で商品を簡単に目立たせることができます。

「件名」に有名人の名前を使ってユーザーの目をひこうとする手口は古典的なものです。シマンテックがふだんから注意を呼びかけているように、この種のスパムの件数は増加の一途をたどっています。NBA シーズンの到来した今、この NBA スターに関連するスパムもさらに増えるものと予測されます。シマンテックも、スパム対策には「ゾーンディフェンス(多層保護)」を採用しています。

 

* 日本語版セキュリティレスポンスブログの RSS フィードを購読するには、http://www.symantec.com/connect/ja/item-feeds/blog/2261/feed/all/ja にアクセスしてください。