Video Screencast Help
Symantec to Separate Into Two Focused, Industry-Leading Technology Companies. Learn more.
Security Response

シリアでの化学兵器使用疑惑を悪用した標的型攻撃

Created: 09 Sep 2013 07:46:07 GMT • Updated: 09 Sep 2013 07:48:45 GMT • Translations available: English
Symantec Security Response's picture
0 0 Votes
Login to vote

標的型攻撃は日常的に発生するようになり、攻撃者は最新のニュース記事をすぐさまソーシャルエンジニアリングの材料として利用しています。最近確認された標的型攻撃は、ペイロードとして Backdoor.Korplug を送信するもので、Symantec.cloud サービスで捕捉されました。この攻撃では、シリアでの化学兵器使用疑惑に関連して最近ワシントンポスト紙に掲載された記事が利用されています。攻撃者は、この記事の全文を悪質な文書に利用していますが、これは被害者を騙して、あたかも正規の文書であるかのように思わせることが目的です。
 

Chemical attacks 1.png

図 1. 記事を盗用した悪質な文書の一部
 

この攻撃は、Backdoor.Korplug による標準的な手口に従っています。以前のブログでお伝えしたように、「Microsoft Internet Explorer に存在する解放後使用のリモートコード実行の脆弱性」(CVE-2013-2551、Bloodhound.Exploit.497)を含む悪質な .doc ファイルを電子メールで標的に送り付ける手口です。
 

Chemical attacks 2.png

図 2. シリアでの化学兵器使用疑惑に関する報道を悪用した標的型攻撃の電子メールの例
 

シマンテックは、今回のブログで解説したような新しい脅威やそれに類似した脅威について監視を続けます。疑わしい電子メールはそもそも開封しないことをお勧めします。また、いつものことですが、このような攻撃から保護するために、シマンテックの最新技術をお使いいただき、シマンテックのコンシューマ向けまたはエンタープライズ向けの最新ソリューションを導入してください。

* 日本語版セキュリティレスポンスブログの RSS フィードを購読するには、http://www.symantec.com/connect/ja/item-feeds/blog/2261/feed/all/ja にアクセスしてください。