Video Screencast Help
Security Response

ログイン情報を盗み出す偽のアジア系チャットアプリ

Created: 29 Mar 2013 05:51:14 GMT • Translations available: English
Mathew Maniyara's picture
0 0 Votes
Login to vote

寄稿: Avdhoot Patil

フィッシングサイトの裏では、ユーザーを誘い込み、個人情報を渡すようにそそのかす手口が次々と生み出されています。そこでよく使われているのが、偽装したソーシャルネットワークアプリケーションです。

先月の統計では、フィッシング全体の 8.6 パーセントがソーシャルメディアサイトで行われたものでした。そのうち 0.8 パーセントを占めていたのが、無料携帯通話時間、アダルト動画、ビデオチャット、アダルトチャットなどを謳い文句にした偽装アプリケーションです。

2013 年 3 月、フィッシング詐欺師は、無料 Web ホスティングサイトにフィッシングサイトを置き、偽のアジア系チャットアプリケーションを立ち上げました。

fig1.jpg

図 1. ソーシャルネットワークサイトを偽装したフィッシングページ

このフィッシングサイトは有名なソーシャルネットワークサイトを偽装しており、タイトルには「Pakistani chat room - Pakistani girls & boys chatting room(パキスタン人チャットルーム - パキスタンの男女のためのチャットルーム)」とあります。ページの右側には、チャットルームへの参加方法が稚拙な英語で書かれています。それによれば、ログイン情報を入力すると、パキスタンやインドの女性と無料でチャットできるようになるそうです。また、国内や海外の友だちを探してチャットする機能もあると書かれています。実際には、次のページに進むと、パキスタン、インド、アラブを含むアジア系向けを装った偽のチャットページが現れます。

おなじみのアプリケーションを備えた偽装サイトにリダイレクトするという手法は、ユーザーを信じ込ませるためにフィッシングサイトではよく使われるものです。このサイトの場合、インドの映画女優の壁紙に混ざって、偽のチャットルームへのリンクが仕掛けられています。この撒き餌に食いつくと、ログイン情報がまんまと盗まれてしまうわけです。

fig2.jpg

図 2. 偽装チャットサイト。個人情報を入力すると、ここにリダイレクトされる

フィッシング攻撃を防ぐためにできる限りの対策を講じることを推奨します。

  • 電子メールメッセージの中の疑わしいリンクはクリックしない。
  • 電子メールに返信するときに個人情報を記述しない。
  • ポップアップページやポップアップ画面に個人情報を入力しない。
  • 個人情報や口座情報を入力する際には、鍵マーク、「https」の文字、緑色のアドレスバーなどが使われていることを確かめ、その Web サイトが SSL で暗号化されていることを確認する。
  • ノートン インターネットセキュリティなど、オンラインフィッシングを防止するセキュリティソフトウェアを頻繁に更新する。

 

* 日本語版セキュリティレスポンスブログの RSS フィードを購読するには、http://www.symantec.com/connect/ja/item-feeds/blog/2261/feed/all/ja にアクセスしてください。