Video Screencast Help
Security Response

サッカーワールドカップの次はクリケットワールドカップのフィッシング

Created: 28 Jul 2010 07:00:01 GMT • Translations available: English
Mathew Maniyara's picture
0 0 Votes
Login to vote

ICC 2011 クリケットワールドカップが 2011 年 2 月 17 日から開催されますが、早くもこのトーナメントを宣伝するフィッシングサイトが確認されています。

このフィッシングサイトの 1 つは、よく知られたソーシャルネットワーキングサイトになりすましたもので、このブランドのロゴを使い、またアートワークを施しています。面白いことに、このアートワークはパリの凱旋門のスケッチを使用しています。決勝はインドで行われますから、恐らくムンバイにあるインド門を描いたつもりなのでしょう。ロゴをクリックすると、イベント関連の情報が表示されます。ロゴの下にはスポンサーのアイコンと、トーナメントを放映するインドのスポーツチャンネルのアイコンが並んでいます。各試合のスケジュールは決定済みで、チケットは 2010 年 6 月1 日から発売されています。このフィッシングサイトでは、ユーザーにログイン情報を入力すると試合のチケットが購入できると謳います。詐欺師の手に引っ掛かったユーザーは、クリケットワールドカップのチケットを購入できると思い、フィッシングサイトにログイン情報を入力してしまうのです。

このフィッシングサイトは無料の Web ホスティングドメインでホストされていました。URL にはワールドカップ関連の内容を示す単語が含まれていました。以下はこの URL の一例です。
 
hxxp://icccricket2011.******.com [ドメイン名削除済み]

インターネットを利用する場合は、フィッシング攻撃を防ぐためにできる限りの対策を講じることを推奨します。オンライン詐欺を防ぐための基本的な対策として、次のようなものが挙げられます。

•    電子メールメッセージの中の疑わしいリンクはクリックしない。
•    Web サイトの URL をチェックして、正規のサイトに属するものであることを確認する。
•    リンクをたどるのではなく、正規 Web サイトのドメイン名をブラウザのアドレスバーに直接入力する。
•    Norton Internet Security 2010 など、オンラインフィッシングを防止するセキュリティソフトウェアを頻繁に更新する。

---------------------------------------

備考: このブログの共同執筆者である Ravish Bagul 氏に感謝します。