Video Screencast Help
Symantec to Separate Into Two Focused, Industry-Leading Technology Companies. Learn more.
Security Response

『インターネットセキュリティ脅威レポート』第 17 号に関する Twitter 討論会のお知らせ

Created: 10 May 2012 11:35:46 GMT • Translations available: English
Symantec Security Response's picture
0 0 Votes
Login to vote

きたる 5 月 15 日火曜日午前 10:00(太平洋標準時間)(日本時間の 5 月 16 日水曜日午前 2:00)より、シマンテックのセキュリティ専門家による Twitter 討論会が開催されます(ハッシュタグは #ISTR)。テーマは、最新の『インターネットセキュリティ脅威レポート』第 17 号で焦点を当てられている主な傾向についてです。ぜひご参加ください。

今年の脅威レポートでは、2011 年にシマンテックが確認した主な脅威の傾向を取り上げ、問題の多そうないくつかの局面を特集しています。

  • シマンテックが 2011 年の 1 年間に遮断した悪質な攻撃は 55 億以上にのぼりました。これは前年比 81 パーセントの増加です。
  • 重複を含めないマルウェアの亜種は 4 億 300 万種を数え、1 日当たりに遮断された Web 攻撃の件数も 36 パーセント増加しました。
  • 標的型攻撃が増加しており、1 日当たりの標的型攻撃の件数は 2010 年の 77 件から 2011 年末には 82 件に増加しています。攻撃の標的も多様化しており、大企業だけでなく中小規模の企業(SMB)も狙われるようになりました。

悪いレポートばかりでなく、なかには好ましい傾向も指摘されていますが、それさえも善し悪しは表裏一体と言えます。

  • スパムの分量は 13 パーセント減少しましたが、これは攻撃者が攻撃手法としてソーシャルネットワークに目を向けるようになった結果とも考えられます。
  • 全体的に、新たに発見された脆弱性は前年より 20 パーセント減少しましたが、逆にモバイルデバイスに関連する脆弱性は前年より 93 パーセントも増加しています。

レポートの内容は Global Intelligence Network からのデータに基づいています。Global Intelligence Network は、シマンテックのアナリストが悪質なコードの活動やフィッシング、スパムなどの攻撃について最新の傾向を特定、解析し、論評する際に利用しています。

討論会の日程をお忘れなく。

『インターネットセキュリティ脅威レポート』に関する Twitter 討論会

日付: 2012 年 5 月 15 日火曜日
時刻: 午前 10:00(太平洋標準時間)(日本時間の 5 月 16 日水曜日午前 2:00)より
時間: 1 時間
サイト: Twitter.com。ハッシュタグ #ISTR をフォローしてください。

討論に参加するシマンテックの専門家:

  • シニアインテリジェンスアナリスト、Paul Wood(@paulowoody
  • Symantec Security Technology and Response プロダクトマネジメント担当ディレクター、Kevin Haley(@KPHaley

 

* 日本語版セキュリティレスポンスブログの RSS フィードを購読するには、http://www.symantec.com/connect/ja/item-feeds/blog/2261/feed/all/ja にアクセスしてください。