Video Screencast Help
Security Response

DarkComet RAT - プロジェクトがついに閉鎖へ

Created: 10 Jul 2012 08:44:55 GMT • Translations available: English
Symantec Security Response's picture
0 0 Votes
Login to vote

DarkComet リモート管理ツール(RAT)の公式 Web サイトが、プロジェクトの閉鎖を告げる以下のような声明を出しました。これは、シマンテックでは Backdoor.Breut として検出されるツールです。DarkComet RAT は、シリア紛争で反体制派に対するスパイ行為に使われたことでニュースの見出しを飾りました。作成者がプロジェクトの閉鎖を決定したのは、同じように不正な目的に使われていた類似のリモート管理ツールである Blackshades RAT プロジェクトの作成者が逮捕されたことに端を発していると見られています。

DarkComet RAT の声明文では、作成者が今回このプロジェクトの閉鎖を決定した理由として、このフリーツールが悪用されていることと、法律上その悪用について部分的に責任を問われかねないことが明記されています。これまで、同様のツールの作成者は、教育用ツールであると主張して告発を逃れてきましたが、悪名高い Mariposa ボットネットの作成者と言われる人物の逮捕に始まる流れから、自分たちも違法性を問われる恐れがあると気づきはじめました。一連の逮捕は、この種のツールの作成者がもはや法律を無視できなくなり、その行為を訴えられる可能性があるというメッセージとなっているのです。先日 Blackshades RAT プロジェクトの作成者が逮捕されたことと、今回の DarkComet RAT プロジェクトが終了することの余波で、他の類似プロジェクトも閉鎖を余儀なくされるかもしれません。今すぐにはわかりませんが、告発を恐れた類似の閉鎖があるとすれば、それは無償で使えるリモート管理ツールがもたらすリスクに対処する正しい方向の一歩と見なしたいところです。

 

* 日本語版セキュリティレスポンスブログの RSS フィードを購読するには、http://www.symantec.com/connect/ja/item-feeds/blog/2261/feed/all/ja にアクセスしてください。