Video Screencast Help
Symantec to Separate Into Two Focused, Industry-Leading Technology Companies. Learn more.
Security Response

Darkmoon による標的型攻撃で餌に使われた、ソチオリンピックに対するテロの脅威

Created: 03 Mar 2014 09:21:13 GMT • Updated: 03 Mar 2014 09:42:11 GMT • Translations available: English
Symantec Security Response's picture
0 0 Votes
Login to vote

ソチオリンピックはどうやら平穏に幕を閉じたようですが、この一大イベントがテロリストに狙われる可能性についてメディアの注目と懸念が集まっていたことを考えると、サイバー犯罪者がその不安心理を突いて、興味を示しそうなユーザーを標的にしていたのも予想外のことではありません。

開催期間中に、シマンテックはソチオリンピックの話題を餌にした標的型の電子メール攻撃を複数確認しました。確認された電子メール攻撃は Symantec.Cloud サービスによって遮断されています。この攻撃のある例では、標的のユーザーに次のような電子メールが送り付けられました。

figure1_0.jpg

図 1. ソチオリンピックを狙うテロの脅威に関する内容と称する電子メール

この例では、攻撃者はソチオリンピックを狙うテロの脅威を題材にしたソーシャルエンジニアリングの手法を使って、ユーザーを欺こうとしていました。電子メールの作りは素人然としていますが、内容で気を引いてしまえば添付ファイルを開かせるのは簡単かもしれません。被害者がうかうかと添付ファイルを開いてしまうと、コンピュータは Backdoor.Darkmoon に感染します。Darkmoon はよく使われているリモートアクセス型のトロイの木馬(RAT)です。G20 サミットが餌に使われた経緯をお伝えした最近のブログや、2011 年のホワイトペーパー「The Nitro Attacks」(英語)でも解説しているとおり、標的型攻撃に頻繁に使われています。

ソチオリンピックを題材にした別の標的型攻撃では、攻撃者から次のような電子メールが届きました。

figure2.jpg
図 2.
ソチオリンピックにおける軍事協力活動に関する内容と称する電子メール

この例でも、攻撃者はソチオリンピックをめぐる軍事協力活動を題材にしたソーシャルエンジニアリングの手法を使っていますが、今回のペイロードは Trojan.Wipbot です。これも、類似の標的型攻撃に関連したトロイの木馬で、Windows の特権昇格のゼロデイ脆弱性を悪用した攻撃で使われていました。

こうした攻撃によって、迷惑メールを受け取った場合に依然として警戒が必要であることが改めて明確になりました。従来の手口が強化されることもあります。標的型攻撃の攻撃者は最新のニュースやイベントをすかさず悪用し、ソーシャルエンジニアリングの成功率を少しでも高くしようとします。今回の攻撃で、標的型の電子メール攻撃が近い将来に一掃される気配はまったくないということも明らかになりました。

このような攻撃から保護するために、シマンテックの最新技術をお使いいただき、シマンテックのコンシューマ向けまたはエンタープライズ向けの最新ソリューションを導入してください。

 

* 日本語版セキュリティレスポンスブログの RSS フィードを購読するには、http://www.symantec.com/connect/ja/item-feeds/blog/2261/feed/all/ja にアクセスしてください。