Video Screencast Help
Security Response

Google Play でも偽の Android アプリを発見

Created: 05 Jul 2013 03:41:11 GMT • Updated: 05 Jul 2013 03:42:17 GMT • Translations available: English
Symantec Security Response's picture
0 0 Votes
Login to vote

アプリストアから悪質なアプリを除外するのが難しいことは、先日のブログでもお伝えしたばかりです。本日、シマンテックの自動システムによって、Google Play でも別のミスリーディングアプリが公開されている例が見つかりました。

このアプリは Next Launcher 3D Pro という名前で、同じく Google Play で公開されている Next Launcher 3D という正規アプリの無償版であると謳っています。調べてみると、このアプリには一見して何かがおかしいとわかる明らかな特徴があります。正規版の開発元である Go Launcher Dev Team は、無償版と称するアプリの開発元である TuranPercin とは別です。偽のアプリをインストールすると、無償でアプリを使う前に何ページかの広告を閲覧する必要があると説明されます。

Fig2_275_0.png

図 1. インストール画面

広告表示を実行し終わるとようやく、悪質なアプリはダウンロードに進み、有償版の Next Launcher 3D をインストールするよう求めてきますが、Google Application Licensing サービスによって保護されているため、これは正しく処理されません。

Fig1_275_0.png

図 2. 正規の Next Launcher 3D アプリで表示されるメッセージ

シマンテックでは、同様の手口でユーザーを欺いて正規アプリの偽バージョンをインストールさせようとするアプリをさらに 752 種類特定しています。Google Play で特定されたアプリは 1 つだけで、このアプリが公開されていることは Google 社に通知済みです。

ノートン モバイルセキュリティなどのセキュリティアプリをインストールすることをお勧めします。ノートン モバイルセキュリティは、今回のアプリを Android.Fakeapp として検出します。

スマートフォンとタブレットの安全性に関する一般的なヒントについては、モバイルセキュリティの Web サイト(英語)を参照してください。

 

* 日本語版セキュリティレスポンスブログの RSS フィードを購読するには、http://www.symantec.com/connect/ja/item-feeds/blog/2261/feed/all/ja にアクセスしてください。