Video Screencast Help
Protect Your POS Environment Against Retail Data Breaches. Learn More.
Security Response

宝くじ当選者になりすましてフォロワーに儲け話をもちかける Instagram 詐欺

Created: 11 Apr 2014 11:34:26 GMT • Updated: 11 Apr 2014 11:35:53 GMT • Translations available: English
Satnam Narang's picture
0 0 Votes
Login to vote

先週、Instagram を悪用する詐欺師から、宝くじに当選したと称して、その当選金をフォロワーに進呈すると騙る画像が投稿されました。詐欺師はユーザーを欺いてこの投稿を共有させ、個人情報を引き出したり、さらには詐欺師への送金を求めたりします。

この詐欺では、英国と米国の現実の宝くじ当選者になりすますために多数の Instagram アカウントが作成されました。そして、そのアカウントをフォローし、コメントと電子メールアドレスを残してくれたユーザーに 1,000 ドルずつ進呈すると謳っています。

figure1_20.png
図 1. 実際の宝くじ当選者になりすました Instagram アカウント

宝くじ当選者になりすましたアカウントの成功率はきわめて高く、5,000 ~ 10,000 人程度のフォロワーを獲得しています。

一定数のフォロワーを集めると、今度は当選者たちの「会計士」と称する人物の Instagram アカウントが登場します。この会計士が 1,000 ドルの送金を担当するということになっていますが、そこに罠が仕掛けられています。

figure2_19.png
図 2. 偽「会計士」のプロフィールが金銭を要求してくる

上の図では、「会計士」のプロフィールを名乗る人物が、大手の決済処理サービスを使って 0.99 ドルを送金するよう Instagram ユーザーに求めています。小切手を送るための郵送費用という名目です。

figure3_11.png
図 3. 宝くじ詐欺に引っかかってしまったユーザー

警戒すべき要素がたくさんあったにもかかわらず、この詐欺は成功を収めており、各アカウントが数千人のフォロワーを集めました。フォローしたユーザーは喜んで電子メールアドレスを公開し、一部のユーザーは郵送費用の負担分として 0.99 ドルを実際に支払っています。

この詐欺攻撃の最大の目的は、数千人のフォロワーを持つアカウントを集め、それを自分で利用するか転売することでした。シマンテックによる調査中に、なりすましアカウントの一部に関連しているユーザー名で、アカウントピボットが実行されました。つまり、アカウントがスパム認定されないように、アバター、ユーザー名、ユーザープロフィールが変更されたのです。こうすると、詐欺師は同じアカウントを使い続けるか売却することができます。

figure4_9.png
図 4. Instagram のなりすましアカウントが、フォロワー数を減らして再登場

アカウントピボットの直後に、なりすましアカウントが再登場しましたが、フォロワー数は以前より少なくなっていました。なかには、「ハッキングされた」と称してしばらく待つように求めるアカウントまで現れています。

これらのアカウントが偽物であることは明らかですが、Instagram アカウントをフォローするだけで 1,000 ドルが手に入ると信じ込むユーザーは後を絶ちません。

以下のような予防対策を講じることをお勧めします。

ウソのような儲け話は、しょせんはウソだということを忘れないようにしてください。

 

* 日本語版セキュリティレスポンスブログの RSS フィードを購読するには、http://www.symantec.com/connect/ja/item-feeds/blog/2261/feed/all/ja にアクセスしてください。