Video Screencast Help
Symantec to Separate Into Two Focused, Industry-Leading Technology Companies. Learn more.
Security Response

マイクロソフト月例パッチ(Microsoft Patch Tuesday)- 2013 年 9 月

Created: 13 Sep 2013 07:09:13 GMT • Updated: 13 Sep 2013 07:11:16 GMT • Translations available: English
Dinesh Theerthagiri's picture
-1 1 Vote
Login to vote

今月のマイクロソフトパッチリリースブログをお届けします。今月は、47 件の脆弱性を対象として 13 個のセキュリティ情報がリリースされています。このうち 13 件が「緊急」レベルです。

いつものことですが、ベストプラクティスとして以下のセキュリティ対策を講じることを推奨します。

  • ベンダーのパッチが公開されたら、できるだけ速やかにインストールする。
  • ソフトウェアはすべて、必要な機能を使える最小限の権限で実行する。
  • 未知の、または疑わしいソースからのファイルは扱わない。
  • 整合性が未知の、または疑わしいサイトには絶対にアクセスしない。
  • 特定のアクセスが必要な場合を除いて、ネットワークの周辺部では重要なシステムへの外部からのアクセスを遮断する。

マイクロソフトの 9 月のリリースに関する概要は、次のページで公開されています。
http://technet.microsoft.com/ja-jp/security/bulletin/ms13-Sep

今月のパッチで対処されている問題の一部について、詳しい情報を以下に示します。

  1. MS13-068 Microsoft Outlook の脆弱性により、リモートでコードが実行される(2756473)

    メッセージ証明書の脆弱性(CVE-2013-3870)MS の深刻度: 緊急

    Microsoft Outlook が、特別に細工された S/MIME 電子メールメッセージを処理する方法に、リモートコード実行の脆弱性が存在します。攻撃者がこの脆弱性の悪用に成功すると、影響を受けるシステムを完全に制御できる恐れがあります。攻撃者はその後、プログラムのインストール、データの表示、変更、削除、完全なユーザー権限を持つ新しいアカウントの作成ができる場合があります。

  2. MS13-069 Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム(2870699)

    Internet Explorer のメモリ破損の脆弱性(CVE-2013-3201)MS の深刻度: 緊急

    Internet Explorer のメモリ内のオブジェクトへのアクセスが不適切な場合に、リモートコード実行の脆弱性が存在します。この脆弱性によってメモリが破損し、攻撃者が現在のユーザーのコンテキストで任意のコードを実行できる場合があります。

    Internet Explorer のメモリ破損の脆弱性(CVE-2013-3202)MS の深刻度: 緊急

    Internet Explorer のメモリ内のオブジェクトへのアクセスが不適切な場合に、リモートコード実行の脆弱性が存在します。この脆弱性によってメモリが破損し、攻撃者が現在のユーザーのコンテキストで任意のコードを実行できる場合があります。

    Internet Explorer のメモリ破損の脆弱性(CVE-2013-3203)MS の深刻度: 緊急

    Internet Explorer のメモリ内のオブジェクトへのアクセスが不適切な場合に、リモートコード実行の脆弱性が存在します。この脆弱性によってメモリが破損し、攻撃者が現在のユーザーのコンテキストで任意のコードを実行できる場合があります。

    Internet Explorer のメモリ破損の脆弱性(CVE-2013-3204)MS の深刻度: 緊急

    Internet Explorer のメモリ内のオブジェクトへのアクセスが不適切な場合に、リモートコード実行の脆弱性が存在します。この脆弱性によってメモリが破損し、攻撃者が現在のユーザーのコンテキストで任意のコードを実行できる場合があります。

    Internet Explorer のメモリ破損の脆弱性(CVE-2013-3205)MS の深刻度: 緊急

    Internet Explorer のメモリ内のオブジェクトへのアクセスが不適切な場合に、リモートコード実行の脆弱性が存在します。この脆弱性によってメモリが破損し、攻撃者が現在のユーザーのコンテキストで任意のコードを実行できる場合があります。

    Internet Explorer のメモリ破損の脆弱性(CVE-2013-3206)MS の深刻度: 緊急

    Internet Explorer のメモリ内のオブジェクトへのアクセスが不適切な場合に、リモートコード実行の脆弱性が存在します。この脆弱性によってメモリが破損し、攻撃者が現在のユーザーのコンテキストで任意のコードを実行できる場合があります。

    Internet Explorer のメモリ破損の脆弱性(CVE-2013-3207)MS の深刻度: 緊急

    Internet Explorer のメモリ内のオブジェクトへのアクセスが不適切な場合に、リモートコード実行の脆弱性が存在します。この脆弱性によってメモリが破損し、攻撃者が現在のユーザーのコンテキストで任意のコードを実行できる場合があります。

    Internet Explorer のメモリ破損の脆弱性(CVE-2013-3208)MS の深刻度: 緊急

    Internet Explorer のメモリ内のオブジェクトへのアクセスが不適切な場合に、リモートコード実行の脆弱性が存在します。この脆弱性によってメモリが破損し、攻撃者が現在のユーザーのコンテキストで任意のコードを実行できる場合があります。

    Internet Explorer のメモリ破損の脆弱性(CVE-2013-3209)MS の深刻度: 緊急

    Internet Explorer のメモリ内のオブジェクトへのアクセスが不適切な場合に、リモートコード実行の脆弱性が存在します。この脆弱性によってメモリが破損し、攻撃者が現在のユーザーのコンテキストで任意のコードを実行できる場合があります。

    Internet Explorer のメモリ破損の脆弱性(CVE-2013-3845)MS の深刻度: 緊急

    Internet Explorer のメモリ内のオブジェクトへのアクセスが不適切な場合に、リモートコード実行の脆弱性が存在します。この脆弱性によってメモリが破損し、攻撃者が現在のユーザーのコンテキストで任意のコードを実行できる場合があります。

  3. MS13-067 Microsoft Sharepoint Server の脆弱性により、リモートでコードが実行される(2834052)

    SharePoint のサービス拒否の脆弱性(CVE-2013-0081)MS の深刻度: 重要

    Microsoft SharePoint Server にサービス拒否の脆弱性が存在します。攻撃者がこの脆弱性の悪用に成功すると、影響を受けるバージョンの SharePoint Server 上で W3WP プロセスが応答しなくなる可能性があります。その場合、SharePoint サイトや、このプロセスの下で実行されているその他のサイトが使用できなくなり、このプロセスの再起動が必要になります。

    MAC 無効の脆弱性(CVE-2013-1330)MS の深刻度: 緊急

    SharePoint Server が未割り当てのワークフローを処理する方法に、リモートコード実行の脆弱性が存在します。攻撃者がこの脆弱性の悪用に成功すると、W3WP サービスアカウントのコンテキストで任意のコードを実行できる場合があります。

    SharePoint XSS の脆弱性(CVE-2013-3179)MS の深刻度: 重要

    Microsoft SharePoint Server に特権昇格の脆弱性が存在します。攻撃者がこの脆弱性の悪用に成功すると、クロスサイトスクリプティング攻撃を実行し、ログオンユーザーのセキュリティコンテキストでスクリプトを実行できる場合があります。

    POST XSS の脆弱性(CVE-2013-3180)MS の深刻度: 重要

    Microsoft SharePoint Server に特権昇格の脆弱性が存在します。攻撃者がこの脆弱性の悪用に成功すると、クロスサイトスクリプティング攻撃を実行し、ログオンユーザーのセキュリティコンテキストでスクリプトを実行できる場合があります。

  4. MS13-072 Microsoft Office の脆弱性により、リモートでコードが実行される(2845537)

    XML 外部エンティティ解決の脆弱性(CVE-2013-3160)MS の深刻度: 重要

    外部エンティティを含む特別に細工された XML ファイルを Microsoft Word が解析する方法に、情報漏えいの脆弱性が存在します。

    Word のメモリ破損の脆弱性(CVE-2013-3847)MS の深刻度: 重要

    Microsoft Office ソフトウェアが、特別に細工されたファイルを処理する方法に、リモートコード実行の脆弱性が存在します。攻撃者がこの脆弱性の悪用に成功すると、影響を受けるシステムを完全に制御できる恐れがあります。攻撃者はその後、プログラムのインストール、データの表示、変更、削除、完全なユーザー権限を持つ新しいアカウントの作成ができる場合があります。

    Word のメモリ破損の脆弱性(CVE-2013-3848)MS の深刻度: 重要

    Microsoft Office ソフトウェアが、特別に細工されたファイルを処理する方法に、リモートコード実行の脆弱性が存在します。攻撃者がこの脆弱性の悪用に成功すると、影響を受けるシステムを完全に制御できる恐れがあります。攻撃者はその後、プログラムのインストール、データの表示、変更、削除、完全なユーザー権限を持つ新しいアカウントの作成ができる場合があります。

    Word のメモリ破損の脆弱性(CVE-2013-3849)MS の深刻度: 重要

    Microsoft Office ソフトウェアが、特別に細工されたファイルを処理する方法に、リモートコード実行の脆弱性が存在します。攻撃者がこの脆弱性の悪用に成功すると、影響を受けるシステムを完全に制御できる恐れがあります。攻撃者はその後、プログラムのインストール、データの表示、変更、削除、完全なユーザー権限を持つ新しいアカウントの作成ができる場合があります。

    Word のメモリ破損の脆弱性(CVE-2013-3850)MS の深刻度: 重要

    Microsoft Office ソフトウェアが、特別に細工されたファイルを処理する方法に、リモートコード実行の脆弱性が存在します。攻撃者がこの脆弱性の悪用に成功すると、影響を受けるシステムを完全に制御できる恐れがあります。攻撃者はその後、プログラムのインストール、データの表示、変更、削除、完全なユーザー権限を持つ新しいアカウントの作成ができる場合があります。

    Word のメモリ破損の脆弱性(CVE-2013-3851)MS の深刻度: 重要

    Microsoft Office ソフトウェアが、特別に細工されたファイルを処理する方法に、リモートコード実行の脆弱性が存在します。攻撃者がこの脆弱性の悪用に成功すると、影響を受けるシステムを完全に制御できる恐れがあります。攻撃者はその後、プログラムのインストール、データの表示、変更、削除、完全なユーザー権限を持つ新しいアカウントの作成ができる場合があります。

    Word のメモリ破損の脆弱性(CVE-2013-3852)MS の深刻度: 重要

    Microsoft Office ソフトウェアが、特別に細工されたファイルを処理する方法に、リモートコード実行の脆弱性が存在します。攻撃者がこの脆弱性の悪用に成功すると、影響を受けるシステムを完全に制御できる恐れがあります。攻撃者はその後、プログラムのインストール、データの表示、変更、削除、完全なユーザー権限を持つ新しいアカウントの作成ができる場合があります。

    Word のメモリ破損の脆弱性(CVE-2013-3853)MS の深刻度: 重要

    Microsoft Office ソフトウェアが、特別に細工されたファイルを処理する方法に、リモートコード実行の脆弱性が存在します。攻撃者がこの脆弱性の悪用に成功すると、影響を受けるシステムを完全に制御できる恐れがあります。攻撃者はその後、プログラムのインストール、データの表示、変更、削除、完全なユーザー権限を持つ新しいアカウントの作成ができる場合があります。

    Word のメモリ破損の脆弱性(CVE-2013-3854)MS の深刻度: 重要

    Microsoft Office ソフトウェアが、特別に細工されたファイルを処理する方法に、リモートコード実行の脆弱性が存在します。攻撃者がこの脆弱性の悪用に成功すると、影響を受けるシステムを完全に制御できる恐れがあります。攻撃者はその後、プログラムのインストール、データの表示、変更、削除、完全なユーザー権限を持つ新しいアカウントの作成ができる場合があります。

    Word のメモリ破損の脆弱性(CVE-2013-3855)MS の深刻度: 重要

    Microsoft Office ソフトウェアが、特別に細工されたファイルを処理する方法に、リモートコード実行の脆弱性が存在します。攻撃者がこの脆弱性の悪用に成功すると、影響を受けるシステムを完全に制御できる恐れがあります。攻撃者はその後、プログラムのインストール、データの表示、変更、削除、完全なユーザー権限を持つ新しいアカウントの作成ができる場合があります。

    Word のメモリ破損の脆弱性(CVE-2013-3856)MS の深刻度: 重要

    Microsoft Office ソフトウェアが、特別に細工されたファイルを処理する方法に、リモートコード実行の脆弱性が存在します。攻撃者がこの脆弱性の悪用に成功すると、影響を受けるシステムを完全に制御できる恐れがあります。攻撃者はその後、プログラムのインストール、データの表示、変更、削除、完全なユーザー権限を持つ新しいアカウントの作成ができる場合があります。

    Word のメモリ破損の脆弱性(CVE-2013-3857)MS の深刻度: 重要

    Microsoft Office ソフトウェアが、特別に細工されたファイルを処理する方法に、リモートコード実行の脆弱性が存在します。攻撃者がこの脆弱性の悪用に成功すると、影響を受けるシステムを完全に制御できる恐れがあります。攻撃者はその後、プログラムのインストール、データの表示、変更、削除、完全なユーザー権限を持つ新しいアカウントの作成ができる場合があります。

    Word のメモリ破損の脆弱性(CVE-2013-3858)MS の深刻度: 重要

    Microsoft Office ソフトウェアが、特別に細工されたファイルを処理する方法に、リモートコード実行の脆弱性が存在します。攻撃者がこの脆弱性の悪用に成功すると、影響を受けるシステムを完全に制御できる恐れがあります。攻撃者はその後、プログラムのインストール、データの表示、変更、削除、完全なユーザー権限を持つ新しいアカウントの作成ができる場合があります。

  5. MS13-074 Microsoft Access の脆弱性により、リモートでコードが実行される(2848637)

    Access のメモリ破損の脆弱性(CVE-2013-3155)MS の深刻度: 重要

    Microsoft Access が Access ファイルのコンテンツを解析する方法に、リモートコード実行の脆弱性が存在します。攻撃者がこの脆弱性の悪用に成功すると、影響を受けるシステムを完全に制御できる恐れがあります。攻撃者はその後、プログラムのインストール、データの表示、変更、削除、完全なユーザー権限を持つ新しいアカウントの作成ができる場合があります。システムでのユーザー権限が低い設定のアカウントを持つユーザーは、管理者のユーザー権限で実行しているユーザーよりもこの脆弱性による影響が少ないと考えられます。

    Access のメモリ破損の脆弱性(CVE-2013-3156)MS の深刻度: 重要

    Microsoft Access が Access ファイルのコンテンツを解析する方法に、リモートコード実行の脆弱性が存在します。攻撃者がこの脆弱性の悪用に成功すると、影響を受けるシステムを完全に制御できる恐れがあります。攻撃者はその後、プログラムのインストール、データの表示、変更、削除、完全なユーザー権限を持つ新しいアカウントの作成ができる場合があります。システムでのユーザー権限が低い設定のアカウントを持つユーザーは、管理者のユーザー権限で実行しているユーザーよりもこの脆弱性による影響が少ないと考えられます。

    Access のメモリ破損の脆弱性(CVE-2013-3157)MS の深刻度: 重要

    Microsoft Access が Access ファイルのコンテンツを解析する方法に、リモートコード実行の脆弱性が存在します。攻撃者がこの脆弱性の悪用に成功すると、影響を受けるシステムを完全に制御できる恐れがあります。攻撃者はその後、プログラムのインストール、データの表示、変更、削除、完全なユーザー権限を持つ新しいアカウントの作成ができる場合があります。システムでのユーザー権限が低い設定のアカウントを持つユーザーは、管理者のユーザー権限で実行しているユーザーよりもこの脆弱性による影響が少ないと考えられます。

  6. MS13-073 Microsoft Excel の脆弱性により、リモートでコードが実行される(2858300)

    Microsoft Office のメモリ破損の脆弱性(CVE-2013-1315)MS の深刻度: 重要

    Microsoft Excel が Excel ファイルのコンテンツを解析する方法に、リモートコード実行の脆弱性が存在します。攻撃者がこの脆弱性の悪用に成功すると、影響を受けるシステムを完全に制御できる恐れがあります。攻撃者はその後、プログラムのインストール、データの表示、変更、削除、完全なユーザー権限を持つ新しいアカウントの作成ができる場合があります。システムでのユーザー権限が低い設定のアカウントを持つユーザーは、管理者のユーザー権限で実行しているユーザーよりもこの脆弱性による影響が少ないと考えられます。

    Microsoft Office のメモリ破損の脆弱性(CVE-2013-3158)MS の深刻度: 重要

    Microsoft Excel が Excel ファイルのコンテンツを解析する方法に、リモートコード実行の脆弱性が存在します。攻撃者がこの脆弱性の悪用に成功すると、影響を受けるシステムを完全に制御できる恐れがあります。攻撃者はその後、プログラムのインストール、データの表示、変更、削除、完全なユーザー権限を持つ新しいアカウントの作成ができる場合があります。システムでのユーザー権限が低い設定のアカウントを持つユーザーは、管理者のユーザー権限で実行しているユーザーよりもこの脆弱性による影響が少ないと考えられます。

    XML 外部エンティティ解決の脆弱性(CVE-2013-3159)MS の深刻度: 重要

    外部エンティティを含む特別に細工された XML ファイルを Microsoft Excel が解析する方法に、情報漏えいの脆弱性が存在します。

  7. MS13-071 Windows テーマファイルの脆弱性により、リモートでコードが実行される(2864063)

    Windows テーマファイルのリモートコード実行の脆弱性(CVE-2013-0810)MS の深刻度: 重要

    Windows が特別に細工された Windows テーマファイルを処理する方法に、リモートコード実行の脆弱性が存在します。この脆弱性により、特別に細工された Windows テーマを適用するよう攻撃者が誘導した場合に、任意のコードが実行される可能性があります。攻撃者はその後、プログラムのインストール、データの表示、変更、削除、完全なユーザー権限を持つ新しいアカウントの作成ができる場合があります。

  8. MS13-077 Windows サービスコントロールマネージャの脆弱性により、特権が昇格される(2872339)

    サービスコントロールマネージャのダブルフリーの脆弱性(CVE-2013-3862)MS の深刻度: 重要

    Windows サービスコントロールマネージャ(SCM)がメモリ内のオブジェクトを処理する方法に脆弱性が存在します。攻撃者がこの脆弱性の悪用に成功すると、任意のコードを実行し、影響を受けるシステムを完全に制御できる恐れがあります。攻撃者はその後、プログラムのインストール、データの表示、変更、削除、完全なユーザー権限を持つ新しいアカウントの作成ができる場合があります。

  9. MS13-070 OLE の脆弱性により、リモートでコードが実行される(2876217)

    OLE プロパティの脆弱性(CVE-2013-3863)MS の深刻度: 重要

    ユーザーが特別に細工された OLE オブジェクトを含むファイルを開いた場合に、リモートでコードが実行される可能性のある脆弱性が OLE に存在します。攻撃者がこの脆弱性の悪用に成功すると、ログオンユーザーと同じユーザー権限を取得する可能性があります。ユーザーが管理者ユーザー権限でログオンしている場合は、影響を受けるコンピュータを攻撃者が完全に制御する可能性があります。攻撃者はその後、プログラムのインストール、データの表示、変更、削除、完全なユーザー権限を持つ新しいアカウントの作成ができる場合があります。システムでのユーザー権限が低い設定のアカウントを持つユーザーは、管理者のユーザー権限で実行しているユーザーよりもこの脆弱性による影響が少ないと考えられます。

  10. MS13-078 FrontPage の脆弱性により、情報漏えいが起こる(2825621)

    XML の情報漏えいの脆弱性(CVE-2013-3137)MS の深刻度: 重要

    FrontPage に情報漏えいの脆弱性が存在するため、標的となったシステム上のファイルの内容を攻撃者が開示できる場合があります。

  11. MS13-075 Microsoft Office IME(中国語版)の脆弱性により、特権が昇格される(2878687)

    中国語版 IME の脆弱性(CVE-2013-3859)MS の深刻度: 重要

    特権の低いユーザーが自らの特権を昇格できる可能性のある特権の脆弱性が、中国語版の Office IME に存在します。

  12. MS13-076 カーネルモードドライバの脆弱性により、特権が昇格される(2876315)

    Win32k の複数フェッチの脆弱性(CVE-2013-1341)MS の深刻度: 重要

    Windows カーネルモードドライバがメモリ内のオブジェクトを正しく処理しない場合に、特権昇格の脆弱性が存在します。攻撃者がこの脆弱性の悪用に成功すると、特権が昇格し、任意の量のカーネルメモリが読み取られる可能性があります。

    Win32k の複数フェッチの脆弱性(CVE-2013-1342)MS の深刻度: 重要

    Windows カーネルモードドライバがメモリ内のオブジェクトを正しく処理しない場合に、特権昇格の脆弱性が存在します。攻撃者がこの脆弱性の悪用に成功すると、特権が昇格し、任意の量のカーネルメモリが読み取られる可能性があります。

    Win32k の複数フェッチの脆弱性(CVE-2013-1343)MS の深刻度: 重要

    Windows カーネルモードドライバがメモリ内のオブジェクトを正しく処理しない場合に、特権昇格の脆弱性が存在します。攻撃者がこの脆弱性の悪用に成功すると、特権が昇格し、任意の量のカーネルメモリが読み取られる可能性があります。

    Win32k の複数フェッチの脆弱性(CVE-2013-1344)MS の深刻度: 重要

    Windows カーネルモードドライバがメモリ内のオブジェクトを正しく処理しない場合に、特権昇格の脆弱性が存在します。攻撃者がこの脆弱性の悪用に成功すると、特権が昇格し、任意の量のカーネルメモリが読み取られる可能性があります。

    Win32k の複数フェッチの脆弱性(CVE-2013-3864)MS の深刻度: 重要

    Windows カーネルモードドライバがメモリ内のオブジェクトを正しく処理しない場合に、特権昇格の脆弱性が存在します。攻撃者がこの脆弱性の悪用に成功すると、特権が昇格し、任意の量のカーネルメモリが読み取られる可能性があります。

    Win32k の複数フェッチの脆弱性(CVE-2013-3865)MS の深刻度: 重要

    Windows カーネルモードドライバがメモリ内のオブジェクトを正しく処理しない場合に、特権昇格の脆弱性が存在します。攻撃者がこの脆弱性の悪用に成功すると、特権が昇格し、任意の量のカーネルメモリが読み取られる可能性があります。

    Win32k の特権昇格の脆弱性(CVE-2013-3866)MS の深刻度: 重要

    Windows カーネルモードドライバがメモリ内のオブジェクトを正しく処理しない場合に、特権昇格の脆弱性が存在します。攻撃者がこの脆弱性の悪用に成功すると、特権が昇格し、任意の量のカーネルメモリが読み取られる可能性があります。

  13. MS13-079 Active Directory の脆弱性により、サービス拒否が起こる(2853587)

    リモートの匿名 DoS の脆弱性(CVE-2013-3868)MS の深刻度: 重要

    Active Directory の実装にサービス拒否の脆弱性が存在するため、管理者がサービスを再起動するまで、サービスが応答しなくなる可能性があります。この脆弱性は、LDAP サービスが特別に細工されたクエリーの処理に失敗した場合に起こります。

今月対処されている脆弱性についての詳しい情報は、シマンテックが無償で公開している SecurityFocus ポータルでご覧いただくことができ、製品をご利用のお客様は DeepSight Threat Management System を通じても情報を入手できます。

 

* 日本語版セキュリティレスポンスブログの RSS フィードを購読するには、http://www.symantec.com/connect/ja/item-feeds/blog/2261/feed/all/ja にアクセスしてください。