Video Screencast Help
Scheduled Maintenance: Symantec Connect is scheduled to be down Saturday, April 19 from 10am to 2pm Pacific Standard Time (GMT: 5pm to 9pm) for server migration and upgrades.
Please accept our apologies in advance for any inconvenience this might cause.

Tinder: 人気の出会い系モバイルアプリを悪用するスパム

Created: 03 Jul 2013 05:58:49 GMT • Updated: 03 Jul 2013 06:03:27 GMT • Translations available: English
Satnam Narang's picture
0 0 Votes
Login to vote

過去数年間に、このブログではさまざまなソーシャルネットワークサイトアプリを介して拡散する数々のスパム活動についてお伝えしてきました。どのようなソーシャルサービスでも同様ですが、人気が高くなってくるとスパマーはその人気につけ込んで、あの手この手でサービスの利用者を狙おうとします。

以前、出会い系サイトの人気について報告したブログでは、出会い系サイトをワナに使う悪質な攻撃の例について注意を促しました。最近人気を集めている出会い系サービスは Web サイトではなく、Tinder というモバイルアプリです。

Tinder は、自分を気に入っている近所のユーザーを探し、お互いに関心を持ったらつないでくれるモバイルアプリです。非常に簡単な仕組みですが、出会い系サービスの中でも特に人気が高くなっているのも、その簡単さが理由と考えられます。最近のレポートによると、Tinder のユーザーどうしが出会った回数は 5,000 万回を超え、プロフィールの評価は 45 億件にも達しています。

最近、このサービスを利用しているスパムアカウントを発見したという報告が、多くのユーザーから寄せられています。
 

Tinder-Spam-Fig1.png

図 1. Tinder の偽アカウントの例
 

詳しく調べたところ、Tinder では確かに多くのスパムアカウントが作成されていることが確認されました。
 

Tinder-Spam-Fig2.png

図 2. 相性マッチングの通知
 

予想どおり、こうしたスパムアカウントのいずれかに「いいね」を付けると、すぐに相性がいいと通知されます。スパムアカウントは、先にユーザーから接触しないかぎり応答しないようです。

スパムアカウントは、Tinder ユーザーと会話するときに同じようなセリフを使います。
 

Tinder-Spam-Fig3.png

図 3. スパムボットの自動応答は同一
 

いずれかのスパムアカウントに話しかけると、欠陥があることがわかります。
 

Tinder-Spam-Fig4.png

図 4. スパムボットは一瞬で 2 歳年を取る
 

スパムアカウントのプロフィールには年齢が 26 歳と書かれているにもかかわらず、スパムボットは年齢を 2 度も誤って報告するようです。

ボットが使う台本の典型的なセリフは以下のとおりです(欠陥も含む)。

ボット: hey … have we spoken before? 22..female here…you ?あら、前にも話したことがあるかしら。こちらは 22 歳、女性です。あなたは?)
ボット: hey ….. have we chatted before?? 24..female here…..u?(あら、前にもチャットしたことがあるかしら。こちらは 24 歳、女性です。あなたは?)
ボット: i’m sorry…I get to be forgetful at times! how’re u??(ごめんなさい、最近忘れっぽくて。最近どう?)
ボット: Just got online….long week been kind of busy! But I’m feelin’ aroused!! So what’s up …. Wanna have some fun ??  :)(今オンラインに戻ったところ。1 週間ずっと、なんだか忙しかったけど、もう元気よ。そっちはどう...... 遊ばない?)
ボット: I need a guy who can [REMOVED]..have u ever [REMOVED]?? hahaa([削除済み]してくれる男の人が必要なんだけど、[削除済み]したことある??)
ボット: going to change my underwear..... want to see?? =)(下着を着替えるわね... 見たい?)

ここまで進んだところで、スパムボットは Web カメラの映像を見られるという言葉でユーザーを誘惑し始めます。
 

Tinder-Spam-Fig5.png

図 5. 誘惑を始めるスパムボット
 

ここからは、スパムボットによって短縮 URL が示され、Web カメラの映像にアクセスするための手順が指示されます。
 

Tinder-Spam-Fig6.png

図 6. Tinder スパムで使われているランディングページ
 

このランディングページの招待を承諾すると、会員登録を促す別のサイトにリダイレクトされ、個人情報のほか、年齢確認のためと称してクレジットカード番号も要求されます。
 

Tinder-Spam-Fig7.png

図 7. 会員登録でクレジットカード情報が要求される
 

スパムボットが、Web サイトやクレジットカード情報に関する疑問を先取りして答えるところは注目に値します。
 

Tinder-Spam-Fig8.png

図 8. 疑問に応答するスパムボット
 

ここでもボットには欠陥があり、ユーザーがサイトに登録済みかどうかを確認するときに、セリフの中で「sexy(セクシー)」と「handsome(ハンサム)」を置き換えていました。

Tinder-Spam-Fig9.png

図 9. スパムボットの間違いと「ゴールド」の要求
 

ユーザーがサイトへの登録を済ませると、スパムボットは「ゴールド」と称するものも要求してきます。「ゴールド」とは、このサイトで使われている通貨を指していると思われ、ユーザーはそれを購入する必要があります。

では、詐欺師はこれをどうやって収益化しているのでしょうか。ソーシャルネットワークサイトで出回っているスパムは、大半がアフィリエイトプログラムを動機としています。今回の例では、いわゆる「ただし書きをよく読む」ようにしましょう。
 

Tinder-Spam-Fig10.png

図 10. 無料アクセスにはプラチナメンバーへのアップグレードが含まれている
 

デフォルトでは、[Upgrade me to a platinum membership(プラチナメンバーにアップグレードする)]というチェックボックスにチェックマークが付いています。このチェックマークを付けたままにすると、さらに別の 2 つのサイトに登録されます。2 つのサイトでは、それぞれ 10 日間と 7 日間のお試し会員期間が用意されていますが、アカウントを取り消さないでいると、1 カ月あたり最大 80 ドルが請求されます。あいにく、ユーザーはこれらのサイトにも登録されたことに気づかないことが多く、詐欺師は登録したアフィリエイトプログラムから報酬を得られるようになります。
 

Tinder-Spam-Fig11.png

図 11. Tinder の偽アカウントをブロック
 

現在、Tinder アプリ内でスパムアカウントを報告する機能はありません。ただし、ユーザーをブロックする方法は用意されているので、相性がいいとされたスパムアカウントはブロックすることをお勧めします。
 

Tinder-Spam-Fig12.png

図 12. Android 用 Tinder アプリも準備中
 

Tinder で見つかったスパムは今のところ限られているものの、今後はこのサービスでもスパムボットアカウントが増えるだろうと懸念されています。現時点で、Tinder アプリはまだ iPhone 版しかありませんが、Android 版もリリースされる予定です。昨年 1 年間の傾向からすると、新しい Android アプリがリリースされると、Tinder のような人気のサービスではスパム件数が増加するようです。

 

* 日本語版セキュリティレスポンスブログの RSS フィードを購読するには、http://www.symantec.com/connect/ja/item-feeds/blog/2261/feed/all/ja にアクセスしてください。