Video Screencast Help

Email Security.cloud

Results for Email Security.cloud

Co-author: Avdhoot Patil Phishers have enveloped the globe mimicking brands across a variety of industries and using many languages. From April 2012, phishing attacks in Korean gained momentum, comprising of 0.5 percent of all non-English ...
Blog Entry by Mathew Maniyara | 16 May 2012 | 0 comments
.node-content-pad td {padding:2px 4px !important;} シマンテックの調査によると、スパムメッセージの URL に、インドを表す国コードトップレベルドメイン(ccTLD)が使われるケースが増えています。次のグラフは、.in の URL を含むスパムの割合を示したものです。 昨年も 1 日単位での突出はありましたが、過去 2 カ月間の活動の増加は顕著です。 昨年の状況を見てみると、インドの ccTLD (.in)は、シマンテックの ...
Blog Entry by Eric Park | 15 May 2012 | 0 comments
.node-content-pad td {padding:2px 4px !important;} Symantec has observed an increase in spam messages containing URLs using the country code top-level domain (ccTLD) for India. This chart shows percentage of spam containing .in URLs: While ...
Blog Entry by Eric Park | 14 May 2012 | 0 comments
I need a solution Mail is randomly being delayed from Exchange 2007 server for several hours.  Initially there were DNS lookup errors in the Exchange SMTP protocol logs.  The Exchange ...
Forum Discussion by wharmon1 | 10 May 2012 | 1 comment
共同執筆者: Ayub Khan 有名な電子メールサービスプロバイダを利用しているユーザーは、個人情報の詐取目的でフィッシング攻撃者に狙われやすい傾向があります。フィッシング攻撃者は、ユーザーのメールアドレスやパスワードを盗み出そうとして、次々と新しいフィッシングの餌を考案しています。2012 年 4 月にシマンテックは、有名なメールサービスに偽装し、無料のオンラインストレージプランという魅力的な言葉でユーザーを欺こうとするフィッシング用ページを確認しました。 ...
Blog Entry by Mathew Maniyara | 07 May 2012 | 0 comments
Co-Author: Ayub Khan Customers of popular email service providers have been a common target for phishers for identity theft purposes. Phishers are constantly devising new phishing bait strategies in the hope of stealing user email adresses and ...
Blog Entry by Mathew Maniyara | 02 May 2012 | 0 comments
シマンテックは、有名ブランドを利用したスパム攻撃を繰り返し遮断しています。最近の新しい攻撃経路として登場したのは、Wikipedia のメールアドレス確認通知を模したスパムメッセージです。問題のスパムメッセージは送信元を Wikipedia と詐称し、「Wikipedia e-mail address confirmation(Wikipedia よりメールアドレス確認のお願い)」という件名で医薬品を売り込んできます。 医薬品のオンライン販売を正規のものに見せる手段として、偽の ...
Blog Entry by Samir_Patil | 26 Apr 2012 | 0 comments
Symantec is intercepting a resurgence of spam attacks on popular brands. Spam messages that are replicas of the Wikipedia email address confirmation alert are the new vector for the present. The said spam messages pretend to be originating from ...
Blog Entry by Samir_Patil | 25 Apr 2012 | 0 comments
フィッシングの攻撃者は、エンドユーザーを欺くために絶えず新しい手口を生み出しています。2012 年 4 月には、偽の Apple ディスカウントカードを餌にして Apple ブランドを詐称するサイトが登場しました。このフィッシング攻撃で狙われたのは、英国とオーストラリアのユーザーだけです。 このフィッシングサイトは Apple の Web ページに偽装し、ユーザーに Apple ID の入力を求めてきます。ページには、長年にわたって Apple ブランドをご愛顧いただいた謝礼として ...
Blog Entry by Mathew Maniyara | 24 Apr 2012 | 0 comments
Phishers are constantly developing new strategies in an effort to trick end users. In April 2012, phishers created sites spoofing the Apple brand with fake offers for Apple discount cards. In this phishing attack, customers were targeted by region: ...
Blog Entry by Mathew Maniyara | 23 Apr 2012 | 0 comments