Video Screencast Help

Email Security.cloud

Results for Email Security.cloud

For anti-spam software, it is quite easy to prevent spam by using content-based filters. So spammers come up with different obfuscation techniques to bypass URL-based filters such as inserting “shy characters”, as we have discussed previously . ...
Blog Entry by Paresh Joshi | 21 May 2012 | 0 comments
Today sees the highly-anticipated IPO (Initial Public Offering) of the social-networking site Facebook. The IPO is expected to be several times oversubscribed as the demand for shares greatly exceeds the number of shares being issued. The ...
Blog Entry by Nick Johnston | 18 May 2012 | 1 comment
共同執筆者: Avdhoot Patil フィッシング攻撃者は、さまざまな業種にわたり、また多くの言語を使って世界中でブランドを騙っています。2012 年 4 月以降、韓国語のフィッシング攻撃が勢いを増しており、英語以外の言語による全フィッシングサイトのうち 0.5% を占めています。なかでも増えているのが、韓国に拠点を置く銀行を狙った攻撃です。こうした攻撃の最大の動機は、おおかたのフィッシング攻撃と同様、金銭の詐取です。シマンテックが確認したフィッシングサイトの一部を以下に紹介します。 ...
Blog Entry by Mathew Maniyara | 18 May 2012 | 0 comments
Co-author: Avdhoot Patil Phishers have enveloped the globe mimicking brands across a variety of industries and using many languages. From April 2012, phishing attacks in Korean gained momentum, comprising of 0.5 percent of all non-English ...
Blog Entry by Mathew Maniyara | 16 May 2012 | 0 comments
.node-content-pad td {padding:2px 4px !important;} シマンテックの調査によると、スパムメッセージの URL に、インドを表す国コードトップレベルドメイン(ccTLD)が使われるケースが増えています。次のグラフは、.in の URL を含むスパムの割合を示したものです。 昨年も 1 日単位での突出はありましたが、過去 2 カ月間の活動の増加は顕著です。 昨年の状況を見てみると、インドの ccTLD (.in)は、シマンテックの ...
Blog Entry by Eric Park | 15 May 2012 | 0 comments
.node-content-pad td {padding:2px 4px !important;} Symantec has observed an increase in spam messages containing URLs using the country code top-level domain (ccTLD) for India. This chart shows percentage of spam containing .in URLs: While ...
Blog Entry by Eric Park | 14 May 2012 | 0 comments
I need a solution Mail is randomly being delayed from Exchange 2007 server for several hours.  Initially there were DNS lookup errors in the Exchange SMTP protocol logs.  The Exchange ...
Forum Discussion by wharmon1 | 10 May 2012 | 1 comment
共同執筆者: Ayub Khan 有名な電子メールサービスプロバイダを利用しているユーザーは、個人情報の詐取目的でフィッシング攻撃者に狙われやすい傾向があります。フィッシング攻撃者は、ユーザーのメールアドレスやパスワードを盗み出そうとして、次々と新しいフィッシングの餌を考案しています。2012 年 4 月にシマンテックは、有名なメールサービスに偽装し、無料のオンラインストレージプランという魅力的な言葉でユーザーを欺こうとするフィッシング用ページを確認しました。 ...
Blog Entry by Mathew Maniyara | 07 May 2012 | 0 comments
Co-Author: Ayub Khan Customers of popular email service providers have been a common target for phishers for identity theft purposes. Phishers are constantly devising new phishing bait strategies in the hope of stealing user email adresses and ...
Blog Entry by Mathew Maniyara | 02 May 2012 | 0 comments
シマンテックは、有名ブランドを利用したスパム攻撃を繰り返し遮断しています。最近の新しい攻撃経路として登場したのは、Wikipedia のメールアドレス確認通知を模したスパムメッセージです。問題のスパムメッセージは送信元を Wikipedia と詐称し、「Wikipedia e-mail address confirmation(Wikipedia よりメールアドレス確認のお願い)」という件名で医薬品を売り込んできます。 医薬品のオンライン販売を正規のものに見せる手段として、偽の ...
Blog Entry by Samir_Patil | 26 Apr 2012 | 0 comments