• オンライン購入
  • ブックマーク

シマンテックセキュリティレスポンスの出版物

シマンテックセキュリティレスポンスは、セキュリティエンジニア、脅威アナリスト、研究者からなる世界規模のチームで、組織とエンドユーザーに影響する最新の脅威に関するさまざまなコンテンツを開発しています。
アーカイブ
ISTR 年度報告書

2014 年インターネットセキュリティ脅威レポート第 19 号

インターネットセキュリティ脅威レポートでは、グローバルな脅威活動についての年間解析の概要を解説します。レポートは Symantec Global Intelligence Network のデータに基づいています。シマンテックのアナリストはこれを、常に変化するセキュリティ脅威における新たな傾向を特定、分析、解説するために使用しています。
概要と分析
98 ページ、11.5 MB (PDF)
追加統計と情報 (英語)
116 ページ、3 MB (PDF)

2014 年インターネットセキュリティ脅威レポートのハイライト

主な調査結果

  • 2013 年は標的型攻撃が 91% 増加しています。
  • 2013 年はデータ侵害件数が 62% 増加しています。
  • 2013 年はデータ侵害によって 5 億 5200 万件の ID が外部に漏えいしました。
  • 23 件のゼロデイ脆弱性が発見されました。
  • モバイルユーザーのうち38%が、過去12カ月間にモバイルサイバー犯罪を経験しました。
  • 世界全体でのスパムメールの割合は平均 66% で、2012 年の 69% から 3% 減少しました。
  • 392通に1通にフィッシング攻撃が含まれていました。
  • Web ベースの攻撃が 23% 増加しました。
  • Web 全体で 8 サイト中 1 サイトが重大な脆弱性を抱えています。

2014 年インターネットセキュリティ脅威レポートのハイライト

  • 2013 年は標的型攻撃が 91% 増加しています。
  • 2013 年はデータ侵害件数が 62% 増加しています。
  • 2013 年はデータ侵害によって 5 億 5200 万件の ID が外部に漏えいしました。
  • 23 件のゼロデイ脆弱性が発見されました。
  • モバイルユーザーのうち38%が、過去12カ月間にモバイルサイバー犯罪を経験しました。
  • 世界全体でのスパムメールの割合は平均 66% で、2012 年の 69% から 3% 減少しました。
  • 392通に1通にフィッシング攻撃が含まれていました。
  • Web ベースの攻撃が 23% 増加しました。
  • Web 全体で 8 サイト中 1 サイトが重大な脆弱性を抱えています。
共有

2014 年インターネットセキュリティ脅威レポートの主な調査結果

プライバシー: シマンテックは、当社のソーシャルメディア共有リンクを使用するときに入力された個人情報を維持しません。当社のポリシーを確認する。

Infographics

今年のレポートの主な調査結果のいくつかをハイライトしたグラフィックを表示または共有します。
共有

2013 年が「メガ侵害」になった経緯の考察

<
プライバシー: シマンテックは、当社のソーシャルメディア共有リンクを使用するときに入力された個人情報を維持しません。当社のポリシーを確認する。
共有

2013 年のスピアフィッシング標的型攻撃の考察

プライバシー: シマンテックは、当社のソーシャルメディア共有リンクを使用するときに入力された個人情報を維持しません。当社のポリシーを確認する。

2014 年インターネットセキュリティ脅威レポート第 19 号

概要と分析
98 ページ、11.5 MB (PDF)
追加統計と情報 (英語)
116 ページ、3 MB (PDF)

Webキャストに登録 (英語)

シマンテックの年次インターネットセキュリティ脅威レポート (ISTR) での調査結果をさらに掘り下げて議論するために、ライブ Web キャストに参加しましょう。セキュリティテクノロジおよびレスポンスチームのセキュリティの専門家である Kevin Haley は、レポートの主要項目のいくつかを詳細に調査する予定です。これにより、お客様は組織に関係するセキュリティ情報に集中することができます。

解説図

2013 年の Web ベースの標的型攻撃の考察