テクノロジーの概要

Symantec University Research

シマンテックリサーチラボの University Research グループは、発展中の最新の研究、そして世界中の大学のソートリーダーおよび学生とシマンテックとを結び付けています。

シマンテックリサーチラボ

シマンテックリサーチラボは、新たなセキュリティとプライバシーの枠組みを開発し、世界中のコンピューティングデバイスと情報を保護することを目的として、2002 年に設立されました。

出版物

アーカイブ済みのすべての学術論文

セキュリティテクノロジーおよびレスポンス

シマンテックのセキュリティテクノロジーおよびレスポンス(STAR)部門は、全世界のセキュリティエンジニア、ウイルスハンター、脅威アナリスト、研究者で構成されるチームです。シマンテックの企業向けと個人向けのセキュリティ製品すべてについて、基盤となるセキュリティ技術やコンテンツ、サポートを提供しています。

シマンテックチームは、世界中でお客様の情報を保護し、管理するテクノロジーとソリューションを開発し、構築しています。当社には充実した製品ポートフォリオとテクノロジーのリーダーとしての長年にわたる実績があります。

セキュリティテクノロジーおよびレスポンス(STAR)

シマンテックのセキュリティテクノロジーおよびレスポンス (STAR) 部門は、セキュリティレスポンス部門を含むセキュリティエンジニア、ウイルスハンター、脅威アナリスト、研究者からなる世界規模のチームであり、シマンテックの企業向けおよび個人ユーザー向けの全セキュリティ製品に対して、その基盤となるセキュリティ技術、コンテンツ、サポートを提供しています。STAR は、インターネットセキュリティ脅威の状況を調査して正確に把握するシマンテックの情報基盤です。

シマンテックリサーチラボ

シマンテックリサーチラボ (SRL) はシマンテックのグローバルな研究機関であり、シマンテックの事業領域全体にわたる多くの最先端テクノロジーの開発、商品化において主要な役割を果たしています。シマンテックリサーチラボによってこれまでに商品化された技術としては、業界をリードするルートキット対策、既知の脆弱性から生じる恐れのある悪用をプロアクティブに遮断する革新的なブラウザ保護テクノロジー、シマンテック初のスパム対策テクノロジー、急速に広がる脅威をプロアクティブに遮断する汎用攻撃ブロックテクノロジー、オンラインのコンシューマ向けセキュリティサービス、米国の重要な電力網インフラ保護を支援するテクノロジーなどがあります。また、シマンテックリサーチラボは、大学や政府機関の研究の支援など、合同プロジェクトにおいて外部機関とも協力しています。

洞察と革新

シマンテックの企業文化には創造性が深く織り込まれており、優れたテクノロジーとビジネス上のアイデアが全社から組織的に、また買収を通じて集まってきます。 シマンテックは 2,000 以上の国際特許を所有しています。 シマンテックの技術者は先進的なプロジェクトを追求し、エンジニアリングセンター、リサーチラボ、グローバルサービスのチームと協同で作業し、現場経験から得た成果を新しいセキュリティテクノロジーや情報管理テクノロジーに取り込んでいます。 シマンテックは業界標準化と認定プログラムでも主要な役割を果たしています。 あらゆることが革新という強力な文化につながっており、この文化が引き続き今後 4 半世紀を超えて成長の原動力になると当社は確信しています。

ネット社会に安心を届けるソフトウェアとサービス

シマンテックのソフトウェア製品とサービス製品のポートフォリオは簡単な管理と自動的な制御で総合的な保護を行い、どこで情報が使用され格納されても安心することができます。 市場をリードする当社のソリューションは、お客様がデジタル写真から知的財産に至る情報を保護し適切に管理できるよう支援します。

コンシューマ向け製品

数々の賞に輝くシマンテックのコンシューマ向けノートン製品は、個人ユーザー、ホームオフィス、小規模企業にオンライン保護を提供することに重点を置き、システムのパフォーマンスを低下させずにお客様のシステムと大切な写真、文書ファイル、動画、音楽などを保護します。 シマンテックのノートン製品とサービスは、インターネットセキュリティソリューションから PC チューンナップサービスとサポートサービスまでをカバーして、ユーザーが PC の問題を解決し、PC を最大限に活用できるよう支援します。

セキュリティとコンプライアンス

セキュリティとコンプライアンスの面では、情報リスク、管理、エンドポイントのセキュリティと管理、情報漏えい防止、エンドポイント仮想化のソリューションを大規模企業から中小規模企業にまで提供することに重点を置いています。 シマンテックのセキュリティと管理ソリューションは、情報、インフラ、プロセスを物理プラットフォームと仮想プラットフォーム間で確実に保護、管理、制御できるようにします。

シマンテックのサービス

シマンテックのサービスでは、マネージドサービス、ホステッド、サポート、教育などのサービスにより、深い技術知識と専門リソースを提供します。 専門スタッフと幅広いパートナーネットワークにより、シマンテックはお客様がエンドポイントからデータセンターに至る情報セキュリティやコンプライアンス上の課題に対処できるよう支援します。

業界標準化

シマンテックは、プラットフォームに依存しないソフトウェアソリューションを提供するために、高機能でオープンな相互運用性のある業界標準化に取り組んできます。 これらの標準化により、お客様がベンダーを選択する際の柔軟性、セキュリティの持続的な強化、コンピューティングソリューションの管理の合理化と効率化などを実現できます。

シマンテックは、数多くの業界標準化策定プロジェクトを立ち上げ、その活動を支援しています。その結果、多くのシマンテック製品は業界標準に準拠しています。 シマンテックが製品に採用している標準化の一例としては、SCSI、iSCSI、SNMP、Fibre Channel、HBI-API、Ethernet、SMI-S などがあります。

シマンテックが参加している標準化組織(一部)

製品認定

規格が成熟し、進化するにつれて、シマンテック製品を購入したお客様は、製品の規格が基準を満たしていることの保証を必要とします。 認定プログラムは、自社製品がそれらの規格を満たしているかを他のベンダーが検証するために作成されたもので、多くの場合、外部の独立した第三者の評価機関を活用します。 シマンテックは、多数の認定プログラムに参加しています。

コモンクライテリアは、国際的に認知された規格(ISO 15408)であり、IT 製品のセキュリティを評価するものです。米国国防総省では、情報保証製品は本プログラムに基づく認定を受けたものであることが必要です。 シマンテックは、この厳格なテスト規格を満たすために取り組んでおり、各国の官公庁や地方公共団体のお客様に対して実証してきました。 これらは世界的なセキュリティ規格であるため、シマンテックは真剣に取り組んでいます。 シマンテックはコモンクライテリアベンダーフォーラムを発起し、国際コモンクライテリアカンファレンスに参加することにより、リーダーとしてこの活動を進めています。 コモンクライテリアポータルの URL: www.commoncriteriaportal.org

FIPS-140(US Federal Information Processing Standard、米連邦情報処理標準)は、暗号化に関する規格です。CMVP(Cryptographic Module Validation Program、暗号化モジュール検証プログラム)は、米国の NIST(National Institute of Standards and Technology、米国立標準技術研究所)とカナダの CSE(Communications Security Establishment、カナダ通信安全保障局)によって 1995 年 7 月に設立されました。 CMVP のすべてのテストは、NVLAP(National Voluntary Laboratory Accreditation Program、米国自主試験認定プログラム)によって CMT(Cryptographic Module Testing、暗号化モジュールテスト)ラボとして認定された第三者機関のラボが取り扱います。 この規格は、暗号化の強度と実装の正確さに対する一貫性のある規格を確立するために制定されたものです。

ICSA ラボによる認定の目標は、ネットワークとインターネットコンピューティングに関するセキュリティの実装を拡張および改善することであり、この結果、商業用セキュリティと適切なセキュリティ製品の使用が改善されます。認定によって、強化されたセキュリティの受け入れがユーザーに推進されるとともに、毎日のコンピュータの使用におけるセキュリティ技術の使いやすさとシームレスな統合が改善されます。 ICSA ラボ認定の条件は、合格/不合格の結果で表す、公的で客観的な信頼のおける基準です。 この認定は、大規模企業のお客様に広く認知され、活用されています。 シマンテックは、長年にわたって自社のウイルス対策製品に対する ICSA テストを依頼してきました。 ICSA ラボの URL: www.icsalabs.com/icsa/icsahome.php