ニュースルーム

RSS FACEBOOK TWITTER

2016 年インターネットセキュリティ脅威レポート第 21 号

インターネットセキュリティ脅威レポートでは、グローバルな脅威活動についての年間解析の概要を解説します。レポートは Symantec Global Intelligence Network のデータに基づいています。シマンテックのアナリストはこれを、常に変化するセキュリティ脅威における新たな傾向を特定、分析、解説するために使用しています。  詳細はこちら

最新情報

    • シマンテック、クラウド時代特有のセキュリティ課題に対処する業界で最も包括的なクラウドセキュリティソリューションを発表
      サイバーセキュリティのトップ企業の一つであるシマンテック コーポレーション(Nasdaq: SYMC、本社: 米国カリフォルニア州マウンテンビュー、以下、シマンテック)は、最も包括的なクラウドセキュリティを提供する業界リーダーとしての地位を強化するソリューションとして、Symantec Cloud Security Platformの新たなイノベーションを発表しました。企業は、クラウドのアプリケーションやインフラをかつてないスピードで導入しています。それに伴い、シマンテックは、より強力な保護や、優れた可視性のほか、重要な資産、ユーザー、データの適切な管理によってクラウド時代への移行を可能にします。Symantec Cloud Security Platformは、クラウド内およびクラウド向けに、幅広いセキュリティソリューションを提供します。
    • 保護者の多くが子どもは公園よりもインターネットでいじめに遭いやすいと懸念
      セキュリティソフトブランド「ノートン」は、本日、世界21カ国で実施している意識調査「ノートン サイバーセキュリティ インサイト レポート」の中から、ネットいじめに関する保護者の認識や不安、ならびに子どもがインターネットを利用するにあたって保護者が講じている予防対策に関する調査結果を発表しました。
    • シマンテック、次世代のエンドポイントセキュリティを発表
      株式会社シマンテック(本社:東京都港区赤坂、以下シマンテック)は、標的型攻撃やランサムウェアからの保護を目的とした中小企業(SMB)向けの新しいソリューションであるSymantec Endpoint Protection Cloudを国内で11月末から提供開始することを発表しました。シマンテックの「インターネットセキュリティ脅威レポート」最新版によると、2015年に発生した標的型攻撃の65%は、価値の高い企業情報を盗む目的で中小企業を標的にしていました1。Symantec Endpoint Protection Cloudは、5分以内で設定可能で、一般的なIT知識があれはすぐに運用できるソリューションでありながら、中小企業経営者にエンタープライズクラスの保護を提供します。

@Symantec