プレスリリース

安全でないフリーWi-Fiの通信を暗号化し、ハッカーから個人情報を守る「ノートン WiFi プライバシー」がすべてのデバイス(Windows、Mac、Android、iPhone、iPad)に対応

2017 年 3 月 15 日

セキュリティソフト「ノートン」は、すべてのデバイスに対応する「ノートン WiFi プライバシー」を、家電量販店および携帯販売代理店にて3月16日(木)より販売を開始することを発表しました。

新しい「ノートン WiFi プライバシー」は、Windows、Mac、Android、iPhone/iPadのすべてのデバイスに対応し、高性能かつ操作性の高いソリューションを提供します。セキュリティ対策が施されていない無料公衆無線LAN(フリーWi-Fi)などのネットワーク利用時に通信を暗号化し、ハッカーからオンライン上の情報や個人情報を保護します。

安全なVPN Wi-Fiアクセスが全てのデバイスで利用可能に

ノートンが世界21ヶ国で実施している消費者調査「ノートン サイバーセキュリティ インサイト レポート2016」によると、日本の消費者の46%がフリーWi-Fiを利用したことがあると回答しており、47%が外出先でEメールのチェックや、文書の送信、アカウントへのログインなどをする際にフリーWi-Fiが便利であると回答しています。

大多数の日本人がフリーWi-Fiの危険性を認識しており、フリーWi-Fi接続時には金融情報をオンラインで入力しないと答えている人は61%にも上る反面、73%の人が自分の利用しているWi-Fiが安全かどうかを区別できないと回答しています。また、通信データを暗号化してフリーWi-Fiの危険性からデバイスを守る仮想プライベートネットワーク(Virtual Private Network(VPN))を利用している人はわずか14%です。

シマンテックのノートン事業統括本部マーケティング部 部長の古谷尋は、次のように述べています。「消費者はフリーWi-Fiの利用に関してあまりにも無頓着であることが多く、自分の身には決して何も起こらないと思っているようです。「ノートン WiFi プライバシー」は、通信を傍受しているかもしれないハッカーからパスワードやクレジットカード番号などの情報を保護します。」

そのフリーWi-Fiは本当に安全?

人々が攻撃のターゲットになる理由として、フリーWi-Fiのセキュリティに関する誤解があります。多くの人は、空港、ホテル、カフェなど公共の場所で提供されているWi-Fiにはセキュリティが組み込まれていると思いがちです。しかし、必ずしもそうではありません。消費者が問題のあるネットワークに接続した場合、ハッカーはWeb上でやり取りされている情報を盗むことができ、入手した情報を違法な「闇サイト」で販売して利益を得たり、その情報を使用して消費者の銀行口座から現金を引き出すことも可能です。

不正なアクセスポイント攻撃としてよくあるもう一つの手口は、サイバー犯罪者が偽のフリーWi-Fiスポットを設置して利用者を誘い込む手口です。なりすましのフリーWi-Fiスポットに接続させ、偽サイトやウイルスを仕込んだサイトに誘導し、クレジットカード番号や個人情報を入力させてだまし取ります。

「ノートン WiFi プライバシー」は高度な暗号化技術により、ハッカーから通信中の個人情報を保護します。

動画コンテンツ: 「フリーWi-Fi でのハッキング デモ」

ノートンの技術者によるフリーWi-Fiでのハッキングデモです。

偽フリーWi-Fiスポットに接続した際のハッキング被害の危険性を解説します。

YouTube: https://youtu.be/aQ2MNhYxCvg

フリーWi-Fiを安全に利用するためのノートンからのアドバイス
  • 最も近いネットワークへ自動接続するようにWi-Fi設定をするのは禁物。接続の際は、利用するアクセスポイントを手動で選んで選択するようにしましょう。
  • ネットワーク名と接続方法を確認し、正規のWi-Fiスポットに接続しているかを確かめましょう。
  • フリーWi-Fi接続時には、オンラインバンキングやオンライン取引を行わないようにしましょう。これらの取り引きは、安全かつVPNで保護された環境で行うようにしましょう。
  • 自分の使うサービスがHTTPSに対応(鍵マークのついたWebサイト)していない場合は、個人情報の入力を控えるようにしましょう。

ガイドブック 「知らないと怖い フリーWi-Fiの落とし穴」

フリーWi-Fiを安全に利用するためのガイドブックを作成しました。実際に起こる可能性のある危険と対策を初心者にも分かりやすいようにマンガで解説しています。PDFでどなたにもダウンロードいただけます。

URL: https://japan.norton.com/info/FreeWiFi.pdf

価格および利用環境
  • 製品名:「ノートン WiFi プライバシー」
  • 発売予定日:2017年3月16日(日本国内の家電量販店および携帯販売代理店で販売)
  • 販売価格(税別):
    1年1台版(想定小売価格:2,990円)/1年3台版(想定小売価格:3,490円)
    2年1台版(想定小売価格:5,980円)/2年3台版(想定小売価格:6,980円)
    3年1台版(想定小売価格:8,970円)/3年3台版(想定小売価格:10,470円)
  • 対応:Microsoft Windows、Mac OS、Android、iOS

1年1台版2年1台版3年1台版

「ノートン WiFi プライバシー」(左から「1年1台版」、「2年1台版」、「3年1台版」)

シマンテックについて

シマンテック コーポレーション(Nasdaq: SYMC)は、世界をリードするサイバーセキュリティ企業として、企業、政府機関、および個人が場所を問わず重要なデータを保護できるよう支援しています。世界中の企業や組織がシマンテックにエンドポイント、クラウド、およびインフラストラクチャに対する高度な攻撃からの防御を行う、戦略的な統合ソリューションを期待しています。また5,000万人以上の個人ユーザーがノートン製品を使用し、家庭におけるすべての機器の保護を行っています。シマンテックは世界最大級のサイバーインテリジェンスネットワークを運用することで最新の脅威を検知し、攻撃から防御します。詳細についてはwww.symantec.com/jp をご覧いただくか、FacebookTwitter、およびLinkedInをご利用ください。

*Symantec 社の名称、ロゴは、米国 Symantec Corporation の米国内およびその他の国における登録商標または商標です。
*その他製品名等はそれぞれ各社の登録商標または商標です。

将来に関する記述: 製品の今後の予定についての将来に関する記述は予備的なものであり、未来のリリース予定日はすべて暫定的で、変更の可能性があります。今後の製品のリリースや予定されている機能修正についてはシマンテックが継続的な評価を行なっており、実装されるかどうかは確定していません。シマンテックが確言したと考えるべきではなく、購入決定の理由とすべきではありません。