80%


の企業が GDPR に向けて準備できていません

シマンテックの GDPR アセスメントが GDPR への対応を支援します

GDPR の影響

GDPR の影響を緩和

GDPR(一般データ保護規則)は、利用する個人データを管理し保護する方法を根本的に変化させるものです。 情報漏えいに対する罰金額が年間売上高の最大 4% にまで引き上げられた今、GDPR への対応をできるだけ早く行うことが不可欠です。

シマンテックの『The GDPR & Managing Data Risk for Dummies』ガイドをダウンロードし、データリスクの発見、クラウド内のデータの適切な処理、GDPR の罰金回避のために企業が行うべき対策をご確認ください。

GDPR とは



GDPR について

2018 年 5 月 25 日に施行された GDPR(一般データ保護規則)は、個人データを保管、利用する企業の責任を拡大し、市民が自分のデータの使われ方をより厳しく管理できるようにするためのものです。

GDPR の影響

簡単に言えば、データ管理に関する規制が厳しくなり、情報漏えいに対する罰金が強化されます。 今後は、すべての企業が、個人データを管理、処理、保管する方法を変える必要があります。 ただし、データプライバシーが必ずしも負担になるわけではありません。企業によっては、データプライバシーを活用することで、競争上の優位性を獲得しているところもあります。 また、この機会を利用して、システムの保護を強化し、自社に対する信頼を高めることもできます。

これから行うべきこと

次の 3 つのステップを確認してください。

自社の GDPR へのコンプライアンス対応を評価する

シマンテックの簡易アセスメントをご利用いただくと、GDPR への対応がどの程度進んでいるのかをすばやく確認できます。

GDPR のコンプライアンスに向けた次のステップを知る

GDPR に関するオンデマンドの動画を視聴し、GDPR のコンプライアンスに向けた次のステップを学習します。

準備を迅速に行う

シマンテックなど、情報セキュリティ分野の専門知識を持つパートナーと連携することで、GDPR のコンプライアンスを促進できます。

セキュリティチェーンで最弱のリンクは依然として人である


GDPR コンプライアンスに対応し、内部の脅威者によるリスクを軽減し、エンドユーザーのふるまいを変化させ、適切なデータ保護とプライバシーリスクの軽減に努める

Symantec Security Awareness Service(SAS)は、特定の製品に特化しない、サブスクリプションベースのセキュリティ意識向上トレーニングであり、一般データ保護規則(GDPR)へのコンプライアンスニーズに対応する際に役立ちます。

自社サービスのサイバーセキュリティ対策


データ侵害の検出と対応をすばやく効率的に行うことで、GDPR 違反による損害を最小限に抑えることができます。 チームのトレーニングからインシデント対応まで、シマンテックがいつでもお手伝いいたします。

シャドーデータの制御

シャドーデータに関する 4 つの大きな問題

シャドーデータが極めて大きなビジネスリスクをもたらす理由と、GDPR のコンプライアンスによってデータの管理を強化する方法をご確認ください。

さらにサポートが必要な場合

さらにサポートが必要な場合

データ管理のスペシャリストとして信頼を集めるシマンテックが、GDPR 対応に向けたリスクベースのアプローチを立案するお手伝いをいたします。

シマンテックの GDPR 対応の製品情報

リスクの軽減とコンプライアンスの自動化

Symantec Control Compliance Suite は、セキュリティギャップと脆弱性を特定するのに役立ちます。 GDPR を含む 100 以上の規制、要件、ベストプラクティスのフレームワークに関するコンプライアンス評価を自動化できます。

あらゆる場所にあるデータの保護

Symantec Data Loss Prevention(DLP)と Symantec Information Centric Security(ICS)によって、データの高度な保護を実現できます。 管理対象外の場所やデバイスからのアクセスや、管理対象の境界外に送信されたり、広範囲で共有されたりしているデータも含めて、機密データを特定し、そのデータにアクセスできるユーザーを制御できます。

クラウドの安全な利用

Symantec CloudSOC プラットフォームを使用すると、クラウドがビジネスにもたらす利点を、リスクを排除しながら活用できます。 シャドー IT を可視化し、クラウドアプリケーション内のデータを管理し、クラウドアカウントを標的とした脅威を阻止できます。 そのため、安全性と GDPR のコンプライアンスを維持しながら、クラウドを安心して活用できます。