1. Symantec/

IoT とは?

IoT(モノのインターネット)によってあらゆる業種で変革が進むのに伴い、新しい環境に潜む多種多様な脆弱性を狙う脅威は急速に進化しています。自動車、ジェットエンジン、工場用ロボット、医療機器、産業用プログラマブルロジックコントローラ(PLC)など各業種のさまざまなデバイスには演算処理機能や接続機能が組み込まれているため、セキュリティの問題がもたらす影響は深刻さを増しています。産業用 IoT においては特に、人々への物理的な傷害、ダウンタイムの長期化のほか、パイプライン、溶鉱炉、発電施設などの設備への回復不能な障害といった影響が発生しています。IoT システムは多くの場合きわめて複雑であるため、クラウドおよび接続層をくまなくカバーするエンドツーエンドのセキュリティソリューションが求められます。しかも、IoT デバイスはリソースに制約があるため、多くの場合は従来のセキュリティソリューションに対応する十分な処理能力は備えていません。シマンテックは、この領域にソリューションを提供します。
産業用 IoT のセキュリティへの脅威について詳しくは、こちらを参照してください。
レポート: IoT(モノのインターネット)のセキュリティ問題

シマンテックが選ばれる理由

シマンテックは世界有数の IoT セキュリティプロバイダとして、すでに 10 億台以上の IoT デバイスに保護を提供しています。また、IoT システムの設計段階からセキュリティを組み込んで保護する方法として、包括的なセキュリティ参照アーキテクチャをいちはやく提供しています。IoT セキュリティは複雑な問題なので、セキュリティに関する広範かつ豊富な経験が求められます。シマンテックは、デバイス保護、暗号化、認証、鍵管理、コードサイニングを網羅する、先進的かつきわめて多彩なセキュリティソリューションを提供しています。また、シマンテックのグローバルインテリジェンスネットワークでは、全世界で年間 10 兆件以上ものセキュリティイベントの監視、分析、処理を行ってセキュリティに関するきわめて豊富な知見を蓄積しています。
これらのソリューションについて詳しくは、ホワイトペーパー『IoT(モノのインターネット)の参照アーキテクチャ』を参照してください。

ソリューション

IoT システムは業種により大きく異なりますが、セキュリティ要件には多くの共通点が認められます。シマンテックは、IoT デバイスに向けたコアセキュリティおよび認証ソリューションを多数提供しています。また、既存のソリューションおよびテクノロジを活用して、IoT に向けた包括的なエンドツーエンドのセキュリティ、管理、分析プラットフォームを実現します。このソリューションは、リソースが限られた環境でも、通信を認証し、アプリケーションやデバイスを保護し、システム全体で異常を検知し、デバイスをリモート管理および更新します。現在、シマンテックでは、IoT 環境でデバイスやコードを保護および認証するためのソリューションを用意しています。
シマンテックでは次の追加ソリューションを将来実現するために、既存の IoT サービスを基に開発を進めています。
  • セキュリティ分析: IoT ネットワークを狙った高度で巧妙な攻撃を示す異常な動作をプロアクティブに検出
  • IoT プラットフォーム: IoT デバイスをリモートで更新および構成し、測定データを収集。IoT データを安全に保護して、サードパーティの分析パートナーと自由に共有可能

IoT を保護する方法

IoT プラットフォーム
セキュリティ分析
シマンテックは IoT をエンドツーエンドで保護します。つまり、デバイス通信を認証し、コードとアプリケーションを保護し、デバイスを脅威から守ります。また、セキュリティ分析および IoT プラットフォームを将来提供するために、既存の IoT サービスを基にして開発を進めています。これらのソリューションは、リソースに制約がある環境でも、異常を検出してデバイスをリモート管理および更新する強力な機能を備えています。
  • Twitter
  • Facebook
  • LinkedIn
  • Google+
  • YouTube