1. Symantec/
  2. SSL 情報センター/
  3. 常時SSL/
  4. 常時SSLの具体的メリット

常時SSLの具体的メリット

常時SSLを導入することで、「ウェブサイト価値の向上」「管理の効率化」「セキュリティの強化」といったメリットが得られます。ウェブサイトへの訪問者に安心・安全を提供することはもちろん、マーケティング部門においてはGoogle検索におけるSEOの向上やログ解析の改善、開発部門においてはウェブアプリ開発の効率化、情報システム部門においては盗聴・なりすましの防止、サイバー攻撃対策などのメリットがあります。具体的にみていきましょう。

1. 検索順位向上

Googleは2014年8月から、HTTPサイトよりもHTTPSサイトの検索順位を優先するロジックを組み込みました。同じウェブコンテンツ内容であっても、常時SSLを採用しているウェブサイトの方が、検索結果で上位になる仕組みになったことを表します。常時SSLを導入することで、すべてのページに対してSEO上ポジティブな影響を与えることができるのです。

2. セキュリティ

SSLサーバ証明書の導入により、通信内容の盗聴や改ざんを防ぐだけでなく、正規のウェブサイトであることを示し、なりすましを抑制することが可能です。常時SSLを用いることにより、サイトユーザがどのページに接続しても、正しいサイトにアクセスしていることを示すことができます。この際、SSLサーバ証明書が導入されていることが視覚的に伝わりやすい、EV SSL証明書を導入することもひとつの方法です。

3. リファラ増加

リファラ情報には、利用者が直前に訪問していたウェブサイトの情報などが含まれます。HTTPSのウェブサイトからHTTPのウェブサイトに遷移した場合は、リファラ情報が送信されません。常時SSL化にすることで、より多くのリファラ情報を収集してウェブサイトの分析に活かすことができます。

リファラ情報の送信有無 訪問先
HTTP HTTPS
訪問元 HTTP
HTTPS X

4. 通信高速化

HTTP/2を利用するためにはブラウザやウェブサーバをHTTP/2に対応させる必要がありますが、主要なブラウザはすでに対応済みです。ウェブサーバの対応も進んでおり、HTTP/2の利用環境は確実に広がってきています。Load Impact AB社によるとHTTP/2プロトコルの採用によって50%~70%程度の速度向上が期待できると考えられています。

5. 開発効率化

従来のように一部のページだけSSL化する場合、ページ間のリンクのパス指定やCookieの設定など、管理すべき項目が増えてしまいます。
常時SSLを導入するとページ間のリンクは相対パスで統一でき、Cookie受け渡し処理などのシンプル化が可能です。

常時SSL情報リンクナビ

常時SSL関連情報

お問い合わせはこちら

  • 0120-707-637

    対応時間:月~金 9:30~17:30
    (祝日、年末年始の休業期間除く)

音声ガイダンスの「3」を選択!
お気軽にお問い合わせください

営業お問い合わせはこちら 製品お見積りはこちら 製品カタログはこちら テスト証明書はこちら

お問い合わせ

SSL 製品ご購入のお問合
わせ

0120-707-637
月~金 9:30~17:30
祝日、年末年始の休業期間除く

申請・技術的なお問合わせ

お問い合わせフォーム

SSL関連情報はこちら 購入方法やSHA-2対応など様々な情報をご覧頂けます
SSLの製品/価格比較
SSLご紹介キャンペーン
SSL資料ライブ

ラリ
  • Twitter
  • Facebook
  • LinkedIn
  • Google+
  • YouTube