1. Symantec/
  2. Symantec Managed PKI for SmartPhone

Symantec Managed PKI for SmartPhone

ビジネスシーンにおけるスマートデバイスのセキュリティ強化を実現

スマートフォンやタブレット端末などのスマートデバイスのビジネスシーンでの利用が拡大しています。スマートデバイスは、その携帯性や使いやすさから業務生産性の向上が期待される一方で、情報を守るためのセキュリティの充実が求められています。Symantec Managed PKI for SmartPhone は、インターネット標準技術として広く使われている電子証明書を利用し、スマートデバイスが情報へアクセスする際の認証強化を実現します。

機能と特長

主な機能

  • デバイス認証で端末を特定:電子証明書により、社内ネットワークへの接続を端末レベルで制御します。例えば会社支給のスマートフォンからはアクセスできるが、個人所有の端末からはアクセスできない、などといった制御を実装できます。
  • PC 向けのシステムをスマートフォンでも利用可能: 電子証明書というインターネットの標準的な技術を利用しているため、多くの場合、これまでお客様が利用されてきた PC 用のリモートアクセスシステムに端末としてスマートフォンを追加することが可能です。
  • 選べる発行方法: サーバ側で鍵ペアを生成しPKCS#12 形式の電子証明書を発行、または、SCEP を利用してクライアント側で鍵ペアを生成して電子証明書を発行することが可能です。

優位性

  • 端末への特別なソフトウェア導入不要、柔軟な運用が可能: 管理担当者やエンドユーザが端末に特別なソフトウェアを導入する必要がありません。エンドユーザ自身に証明書を端末にインストールさせることも、管理者がまとめてキッティングすることも可能です。ニーズに応じて柔軟な運用ができ、セキュリティポリシーに合致した運用を実現します。
  • TCO の低減と迅速な導入: 認証局はシマンテックがホスティングします。お客様は自社で証明書を発行管理するシステムを用意する必要はないため、初期投資コストを大幅に抑えることが可能です。また、短期間でのサービス立ち上げが可能です。
  • Jailbreak/root 化機能の提供: 専用アプリ「MPKI Client」が証明書を発行する際、端末が Jailbreak/root 化されているかどうかを検知し結果を記録します。Jailbreak/root 化された端末には証明書を発行しないようにすることが可能であり、よりセキュリティを強化いただけます。

システム要件

対応機種

iPhone/iPad/Android 端末

対応 OS

iOSバージョン 4.3以降
iPhone 3GS 以降

注) 3G はサポート対象外です。

Android OS 2.2 以上

注) Android2.x、3.x の標準ブラウザでは SSL クライアント認証はできません。
2014年5月現在、弊社の検証にて証明書のコモンネームに「-」(ハイフン)を含む場合以下のモデルで証明書のインストールができない場合があることを確認しております。
DOCOMO SH-01F
DOCOMO SH-02F
DOCOMO SH-04F
au SHT22
au SHL23
au SHL24
SoftBank 302SH
SoftBank 303SH
SoftBank 304SH
DisneyMobile DM016SH
WILLCOM WX05SH

データシート / ホワイトペーパー

データシート

ライセンス情報

03-5229-1912 までお問い合わせください。

サポート情報

テクニカルサポート
カスタマサポートページでは、サポート技術情報の検索、問い合わせ、参考資料の参照を行うことができます。

お問い合わせ

購入前窓口一覧

認証ソリューション情報センター
技術者でなくれも分かる電子証明書とPKI入門
  • Twitter
  • Facebook
  • LinkedIn
  • Google+
  • YouTube