1. Symantec/
  2. SSL情報センター/
  3. ライセンスオプションの上手な活用方法

ライセンスオプションの上手な活用方法

同一コモンネームで複数 ID を取得されている場合は、「ライセンスオプション」を
活用すれば申請作業も大幅に効率化!

サーバの冗長化で同一コモンネームの証明書を複数取得している場合には、ライセンスオプションをご指定いただくと作業と管理の効率化が図れます。

ライセンスオプションとは

ライセンスオプションとは、1つのサーバ ID に複数のライセンスを付与して発行するオプションサービスです。 同一コモンネームのサーバIDを複数購入する場合に、1つのCSRに対して複数のライセンスを指定することで申請手続きを 1 回にまとめることができます。

サーバに必要なライセンス数についてはこちらをご覧ください。

ライセンスオプションを利用した申請で必要な CSR は1つ、発行されるサーバ証明書も1つとなります。 複数台のウェブサーバ等へインストールする場合は、発行されたサーバ証明書を複製してご利用いただけます※1。

ライセンスオプションを指定しない場合 ライセンスオプションを3と指定した場合

※1 ライセンスオプションを指定して発行された証明書を複数のサーバへインストールする場合は、秘密鍵と証明書をペアにした複製が必要です。複製方法・インストールについてはご利用機器の開発元へ事前にご確認ください。

ライセンスオプションの指定によるメリット

  • CSR の生成は 1 回(1ID 分)だけになります。
    コマンドの入力やサーバ管理者に CSR の生成を依頼するような作業が削減できます
  • ストアフロントから証明書を申請する回数も 1 回で完了します。
    同じ作業を繰り返さずに済み、申請に要する時間を短縮できます
  • 発行される証明書は 1ID 分だけです。
    ライセンスは購入済みなので、発行された証明書をライセンスオプションで指定したサーバ数にインストールいただけます
  • 振込み費用は一回分だけになります。
    ID 数が多くなるほど振込みの回数も増えて、その都度手数料が発生しますが、ライセンスオプションを指定すると複数の証明書があっても、まとめた金額を一回振込むだけになるので手数料も一回分に減らせます
  • 証明書発行の通知メールは一通だけです。
    同じコモンネームの証明書が複数ある場合に起こりがちな「ID と秘密鍵の組み合わせ」に迷うこともなくなります
  • コモンネーム単位でまとめて管理できるようになるので、複数サーバで証明書を利用している場合でも簡単に管理できるようになります

ライセンスオプションを指定することによる効率化の一覧

  同一コモンネームを 1ID ずつ申請する場合 ライセンスオプションで ID を指定する場合
CSR の生成 ID 数毎に CSR が必要 1 コモンネーム分の CSR 生成
証明書の申請回数 ID 数分の申請 1 回
発行される証明書 ID 毎に発行される 1 コモンネーム分のみ
証明書費用の振込 ID 数分に振込手数料 1 回分の振込手数料
証明書の管理 ID 毎に管理が必要 1 コモンネームのみ
通知メール ID 数分のメールが送信される 1 コモンネーム分のみ
更新通知 ID 数分の通知がされる 1 コモンネームのみ

ストアフロントでのライセンスオプションの指定方法について (ストアフロントご利用方法:PDF)

お問い合わせ

SSL 製品ご購入のお問合
わせ

0120-707-637
月~金 9:30~17:30
祝日、年末年始の休業期間除く

申請・技術的なお問合わせ

お問い合わせフォーム

SSL関連情報はこちら 購入方法やSHA-2対応など様々な情報をご覧頂けます
SSLの製品/価格比較
SSLの解説資料 技術資料やカタログ、無料セミナー情報
  • Twitter
  • Facebook
  • LinkedIn
  • Google+
  • YouTube