1. Symantec/
  2. SSL 情報センター/
  3. シマンテック サーバIDを更新する

シマンテック サーバIDを更新する

更新ではお支払を「後払い(先行納入手配)」にすると証明書発行がスピーディです
今すぐ更新

更新手続きの流れ

1

申請前の準備

2

ストアフロントにて情報入力

3

弊社にて認証後・発行

4

インストール

更新のお申し込みはこちら

シマンテックは更新が簡単

いつでも更新 - 証明書発行30日後から更新可能です

ご利用中の証明書の残存有効期間分を追加し、更新後の証明書を発行するので、無駄なく更新いただけます。

※最長有効期間は、シマンテック サーバIDは39ヶ月間、EV SSL証明書は27ヶ月間となりますのでご注意ください。

更新後シマンテック証明書の契約期間

まとめて更新 - 複数の証明書を一括で更新できます

30日経過後いつでも更新できるので複数証明書をまとめて更新

複数の証明書をご利用している場合は、一度にすべての証明書の更新手続きを行えます。
一度に更新

ライセンスオプションでまとめて更新

同一コモンネームで複数 ID を取得されている場合は、「ライセンスオプション」を活用すれば申請作業・管理を大幅に効率化できます。

  • CSRの生成は1回(1ID分)だけになります。
  • ストアフロントから証明書を申請する回数も1回で完了します。
  • 発行される証明書は1ID分だけです。

更新時期のお知らせ方法

シマンテックでは、ご利用中のサーバ証明書が有効期限を迎える前にEメールや郵便等で更新時期のご案内をいたします。
E-mailでお知らせるタイミング 郵便物でお知らせするタイミング

※更新申請受付以降は、更新案内のE-mailは配信されません。
※有効期限が切れた3日後に、更新が確認できなかったお客様には、「有効期限切れ」のお知らせのE-mailが配信されます。

技術担当者 (申請手続き担当者) 様の登録Eメールアドレス、ご住所に変更がありますとお知らせをお届けできない可能がございます。必ず担当者変更の手続きをお願いいたします。

関連FAQ:申請責任者 (技術担当者) が変更になります

SSL サーバ証明書の更新をしないと警告画面が表示されます

SSL サーバ証明書の更新をせずに有効期限を迎えると、ウェブサイト訪問者のブラウザ画面にセキュリティの警告が表示されます。安心してユーザ様にウェブサイトをご利用いただくため、有効期限内に更新手続きを行い、サーバに設定することをお勧めします。


Internet Explorer 8


Firefox 8.0

更新のお申し込みはこちら

よくわかるSSLの基礎知識

複数年の証明書は 1 年間の証明書を継続するよりもコストを抑えて運用いただけます。
例えば、2 年間有効なセキュア・サーバ ID は¥9,000 お得にご利用いただけます。有効期間が長い証明書になるほど割安な価格でご利用いただけます。

セキュア・サーバIDの割引率

セキュア・サーバIDの割引率
有効期間4年以上のSSLサーバ証明書をご希望のお客様は、弊社営業部門または販売代理店様までご連絡下さい。

グローバル・サーバ ID の割引率

グローバル・サーバの割引率
有効期間4年以上のSSLサーバ証明書をご希望のお客様は、弊社営業部門または販売代理店様までご連絡下さい。
更新のお申し込みはこちら
現在他の製品をご利用いただいている場合でも、更新の際に他製品を選択いただけます。
主な機能/価格 グローバル・サーバ ID EV セキュア・サーバ ID EV グローバル・サーバ ID セキュア・サーバ ID
セキュリティレベル 1 ロック = SSL 暗号化

2 ロック = 悪質なコードがないかどうか Web サイトを毎日スキャン

3 ロック = 脆弱性評価

4 ロック = SSL 暗号化と SGC

認証レベル 1 ロック = 組織の完全認証

2 ロック = ノートン セキュアドシールの表示

3 ロック = 検索結果のノートン セキュアドシール

4 ロック = 緑色のブラウザバーと Extended Validation

SSL 証明書 - 緑色のバー セキュリティレベルの高いブラウザでは、アドレスバーが緑色に変わり、サイトのセキュリティと信頼性をわかりやすく示します。緑色のバー - -
EV (拡張された認証) 機能 CA/ブラウザフォーラムが定義し、KPMG が毎年監査する検証基準に基づく最高レベルの認証。EV は、Web ブラウザのアドレスバーを緑色に変え、組織と発行元認証局の名前を表示します。 - -
脆弱性アセスメント 公開 Web サイトの自動スキャンと、重大な脆弱性とセキュリティの問題をリスト形式で表示する使いやすいレポートです。 -
ECC対応SSLサーバ証明書 ECC (楕円曲線暗号)による暗号の強化とパフォーマンス向上。短い暗号鍵長でも、より強固なセキュリティを実現することができる暗号技術。 - -

 価格(税抜)

有効期間 1 年証明書の有効期間を表します。有効期間は証明書の発行日から始まります。より長い有効期間の証明書のほうが費用面、運用面でお得です。 ¥219,000 ¥162,000 ¥138,000 ¥81,000
有効期間 2 年証明書の有効期間を表します。有効期間は証明書の発行日から始まります。より長い有効期間の証明書のほうが費用面、運用面でお得です。 ¥426,000
¥12,000 お得
¥315,000
¥9,000 お得
¥264,000
¥12,000 お得
¥153,000
¥9,000 お得
有効期間 3 年証明書の有効期間を表します。有効期間は証明書の発行日から始まります。より長い有効期間の証明書のほうが費用面、運用面でお得です。 - - ¥384,000
¥30,000 お得
¥225,600
¥17,400 お得
有効期間 4 年証明書の有効期間を表します。有効期間は証明書の発行日から始まります。より長い有効期間の証明書のほうが費用面、運用面でお得です。 - - 弊社営業部門または販売代理店様までお問合せ下さい 弊社営業部門または販売代理店様までお問合せ下さい
有効期間 5 年証明書の有効期間を表します。有効期間は証明書の発行日から始まります。より長い有効期間の証明書のほうが費用面、運用面でお得です。 - -
有効期間 90 日証明書の有効期間を表します。有効期間は証明書の発行日から始まります。より長い有効期間の証明書のほうが費用面、運用面でお得です。 - - ¥68,400 ¥39,600
有効期間 180 日証明書の有効期間を表します。有効期間は証明書の発行日から始まります。より長い有効期間の証明書のほうが費用面、運用面でお得です。 - - ¥88,800 ¥51,600

緑色のバーは安心・信頼のウェブサイトカラー

EV SSL 証明書で保護されているウェブサイトを訪れると、アドレスバーが緑色に変わります。
緑色のバーは信頼の証※上記の表示はInternet Explorer 10の例です。Internet Explorerではウェブサイトを運営する組織と、証明書を発行したブランドが交互に表示されます

脆弱性アセスメント(診断)とは

Webサイトの中で最も悪用されやすい弱点をすばやく特定し、対策をとるのに役立つ機能です。(すべての EV またはグローバル・サーバ IDをご購入した方が対象です)
  • 無償で脆弱性診断をご利用いただけます
  • サイトの脆弱性を毎週自動でスキャンするので早期に問題点を把握できます
  • 重大な脆弱性と、危険性が低い情報項目の両方を識別する実用的なレポート
脆弱性診断が無料

ECC(楕円曲線暗号)とは

現在の標準的な暗号方式に比べ、短い暗号鍵長でも、より強固なセキュリティを実現することができる暗号技術です。
  • 追加料金なしで、RSA、DSA、ECC の全ての利用が可能です(グローバル・サーバID、グローバル・サーバ ID EVが対象となります)
  • 業界最強の暗号強度です
  • スピードアップとサーバ不可の軽減が見込めます
更新のお申し込みはこちら

SSL 証明書の更新

世界で信頼されている SSL 証明書を使用して Web サイトを保護し、ブランドを守ります。

お問い合わせ

SSL 製品ご購入のお問合
わせ

0120-707-637
月~金 9:30~17:30
祝日、年末年始の休業期間除く

申請・技術的なお問合わせ

お問い合わせフォーム

SSL関連情報はこちら 購入方法やSHA-2対応など様々な情報をご覧頂けます
SSLの製品/価格比較
SSL資料ライブラリ
  • Twitter
  • Facebook
  • LinkedIn
  • Google+
  • YouTube