1. Symantec/
  2. 製品とソリューション/
  3. 購入プログラム/
  4. サポート/メンテナンスの更新
  • ブックマーク

更新

途切れることのないセキュリティ保護を実現: 更新を常に適切なタイミングで

有効なメンテナンス契約があってこそ、ご利用のシマンテック製品の保護と更新が継続的に行われ、変化する状況への対応が確保されます。つまり、重要なセキュリティインテリジェンス、そして革新的な技術を反映させた更新がお客様の投資を保護するとともに、24 時間 365 日対応のテクニカルサポートが安心をお届けします。メンテナンス契約の特典をご利用いただけるのは、ライセンス方式にかかわらず、一定の期間内となります。更新することによって契約期間が延長され、次のような特典を引き続きご利用いただけます。

シマンテックオンプレミスソフトウェア製品

永久ライセンスのソフトウェアを保護するメンテナンス契約をご利用いただけるのは一定の期間内(通常は 1 年)に限定されます。重要なコンテンツ更新、製品の更新、バージョンアップグレード、テクニカルサポートなどの特典を引き続きご利用いただくには、メンテナンス契約の更新が必要になります。更新方法についてはこちらをご覧ください。

表示を開く表示を閉じる

特典の概要

メンテナンス契約を期限内に更新すれば、次の特典を引き続きご利用いただけます。
  • 世界をリードするサイバーインテリジェンスネットワークが提供するセキュリティコンテンツ更新
  • 最新の製品の更新を即座に取得
  • 最新の機能を追加料金なしに利用できるソフトウェアバージョンアップグレード
  • 24 時間 365 日対応のシマンテックテクニカルサポートサービス
     

更新方法

更新の時期が来ましたら、以下の順番で手続きを進めてください。

  1. ライセンスまたはサポート証書を参照して、更新が必要なメンテナンス契約を確認します。終了日が異なる複数の契約がある場合は、単一の更新日にまとめる(終了日を統一する)ことができます。
  2. 購入証明書の詳細情報を準備します。これは所有者の確認のために必要になります。更新 ID が購入証明となります(更新 ID は、シマンテックの更新通知メールと更新見積書に記載されます)。
  3. 担当のリセラーに注文します。リセラーを探すにはこちらをご覧ください
詳しくは、更新 FAQ をご覧ください。

注: シマンテックは、2016 年 5 月 9 日(日本では 2016 年 10 月 3 日)をもって 30 日間の更新猶予期間を廃止いたします。これは、シマンテックのセキュリティ戦略と更新ポリシーの整合性を確保するための取り組みの一環です。この日以降、お客様が保護を継続して、延滞料の発生や更新費用が高額になることを回避するためには、有効期間終了日よりも前に更新を行っていだたく必要がございます。

資格復活

遅延更新はペナルティの対象となり、延滞料が発生します。

コンプライアンス

シマンテックでは、コンプライアンス違反を厳重に受け止めています。メンテナンス契約の特典をご利用いただくには、使用許諾契約を有効な状態にしておく必要があります。コンプライアンスの義務について詳しくは、シマンテックのエンタープライズ更新ポリシーをご覧ください。

シマンテック ドット クラウドの製品

シマンテックのドットクラウド製品によって提供されるホスト型ソフトウェアは、期間があらかじめ定められたサブスクリプションの形式で販売されます。サービスとメンテナンス契約の特典の両方を引き続きご利用になるには、メンテナンス契約を更新する必要があります。
表示を開く表示を閉じる

特典の概要

  • 中断のないサービス
  • サブスクリプションの特典として、最新バージョンのソフトウェアに即座にアップグレードできます。また、最新のセキュリティコンテンツ更新を継続的にご利用いただけます。
  • 24 時間 365 日体制のテクニカルサポートの利用: ライブチャット、電話、または電子メール
     

更新方法

一部のドットクラウド製品では、サブスクリプションの大半が自動的に更新されるため、サービスが中断することはありません。オプトアウトに関する情報については、製品のサービス明細に記載されています。詳しくはこちらをご覧ください。自動更新されない製品については、期限内にサブスクリプションを更新しなければサービスが利用できなくなりますのでご注意ください。

注: シマンテックは、2016 年 5 月 9 日(日本では 2016 年 10 月 3 日)をもって 30 日間の更新猶予期間を廃止いたします。これは、シマンテックのセキュリティ戦略と更新ポリシーの整合性を確保するための取り組みの一環です。この日以降、お客様が保護を継続して、延滞料の発生や更新費用が高額になることを回避するためには、有効期間終了日よりも前に更新を行っていだたく必要がございます。

シマンテック ドット クラウドセールス

お問い合わせ先:
シマンテック ドット クラウドセールス
  • 1-866-460-0000

シマンテック ドット クラウドサポート

  • 1-866-807-6047

コンプライアンス

シマンテックでは、コンプライアンス違反を厳重に受け止めています。サービスとメンテナンス契約の特典をご利用いただくためには、サービス契約を有効な状態にしておく必要があります。

アドバンストサポート、コンサルティングサービス、および教育サービスについての詳細は、「シマンテックテクニカルサービス」をご覧ください。

オプションに関する情報: シマンテックサポートサービス

シマンテックのオンプレミス製品とドット クラウド製品には、次のエントリーレベルの標準メンテナンスサービスが付属しています。

表示を開く表示を閉じる
  • エッセンシャルサポート
    シマンテックのオンプレミスソフトウェア製品向けに提供されるエントリーレベルの標準メンテナンスサービスです。重要なセキュリティコンテンツの更新、製品の更新、ソフトウェアバージョンアップグレードが提供されるほか、シマンテックの専門スタッフによるサポートを 24 時間 365 日ご利用いただけます。
  • ドットクラウドサポート
    シマンテックのすべてのドットクラウド製品に付属するエントリーレベルの標準メンテナンスサービスです。シマンテックのクラウド専門スタッフによるサポートを 24 時間 365 日ご利用いただけるほか、重要なセキュリティコンテンツや最新のソフトウェアバージョンが常に提供されます。

さらに手厚いテクニカルサポートを必要とされる場合は、次のサービスをご利用いただけます。

  • ビジネスクリティカルサービス
    ビジネスクリティカルサービスでは、破損修復をすばやく行うテクニカルサポートだけでなく、事前対応サービスと専門スタッフによるサポートが提供されます。
  • カスタマーサクセスサービス 一元化された問い合わせ窓口による最高レベルの対応とビジネスサポート、上級サポート技術者への優先的な問い合わせ、カスタマイズサービス、リスク管理サービスが提供されます。

SSL を利用したシマンテックの Web サイト向けセキュリティソリューション

事業継続を維持し、SSL サーバー証明書やその他の Web サイトセキュリティ認証サービスに関するブラウザ警告および予期しない期限切れを回避します。管理コンソールを通じて SSL サーバー証明書を更新する、またはカスタマーサポートに連絡します。
表示を開く表示を閉じる

更新オプション

シマンテック ストアフロント

製品を 1 個単位で購入する場合。

シマンテック マネージド PKI コントロールセンター日本バックエンド用

即時発行のために複数単位を事前購入する場合。(管理者証明書が必要)

シマンテックマネージド PKI for SSL

多数の SSL サーバー証明書を管理し、証明書の事前購入および即時発行に加えて拡張管理機能を利用する場合。

新しいシマンテック SSL サーバー証明書の購入

組織名やコモンネーム(FQDN 名)が変更された場合は、新しい証明書を購入する必要があります。

エクスプレス更新および自動更新サービス

SSL サーバー証明書をサーバーにインストールし、更新や期限切れについて心配しないで済むことをご希望ですか。証明書の期限が切れる、あるいは更新用の証明書が正しくインストールされない場合、ビジネスに甚大な影響を及ぼす可能性があります。シマンテック SSL サーバー証明書により、最も時間がかかる重要な SSL サーバー証明書管理のプロセスの 1 つである、更新プロセスを自動化できます。
  • Twitter
  • Facebook
  • LinkedIn
  • Google+
  • YouTube