1. Symantec/
  2. 製品とソリューション/
  3. トレーニング/
  4. シマンテックセキュリティ意識向上トレーニング
  • ブックマーク

シマンテックセキュリティ意識向上トレーニング

企業の安全には、全社員のセキュリティ意識の向上が不可欠です。
中でも、利用の広がるモバイル、およびソーシャルメディアに関するセキュリティ教育は急務です。

「シマンテックセキュリティ意識向上トレーニング5.0」

新発売!Eラーニング
「シマンテックセキュリティ意識向上トレーニング5.0」

「ソーシャルメディアでのセキュリティ編」(約15分)
「モバイルデバイスのセキュリティ編」(約16分)


※現在は英語での提供となります。日本語版は7月より提供予定です。


シマンテックはセキュリティ分野における世界的リーダーカンパニーです。企業および個人の情報の保護を実現するため 24 時間体制で世界中のセキュリティの脅威を監視しています。

機密情報資産を保護するための様々なセキュリティテクノロジーが登場しています。しかしテクノロジーだけでは企業の安全は確保できません。事実、ヒューマンエラーにより多大な損失を負う企業は後を絶たず、セキュリティ関連の事故の 60-70 %は従業員や社内の作業ミスが原因で発生しています。

シマンテックが提供するセキュリティ意識向上トレーニングにより、全従業員に情報セキュリティに関する正しい知識を習得させ、リスクを最小限に抑える行動を徹底することが企業の安全確保に不可欠です。


安価で短時間で行える、Web ベースのトレーニング

シマンテックセキュリティ意識向上トレーニングは、Web ベースのトレーニングです。 安価で短時間のプログラムを全社員に徹底させることで、会社が潜在的に抱えている「セキュリティ事故による多大な損失」のリスクを軽減することにお役立ていただけます。

※ご希望に応じて、講義形式でも実施いたします。詳しくはedu_japan@symantec.comにお問い合わせください。


SCORM準拠

本トレーニングは、SCORM(*)に準拠しています。トレーニングデータを各自のPCに展開してブラウザから参照する方法のみならず、組織の SCORM 1.2 準拠の Learning Management System(LMS) にて公開することも可能です。LMSでの公開により、ユーザの学習状況の追跡、報告、監査が行えます。

* SCORM - 共有可能コンテンツオブジェクト参照モデル(Shareable Content Object Reference Model)


ご購入からトレーニング開始の流れ

セキュリティ意識向上トレーニング注文書でお申込み。トレーニングソフトダウンロードのURLおよびシリアルナンバーをメールにてお送りします。 トレーニングソフトをダウンロード、解凍後ブラウザよりトレーニングを開始


料金情報

同時購入数ごとに単価が設定されており、5ユーザよりご購入いただけます。ユーザ数に該当の単価を掛けたものが販売価格となります。

※「ソーシャルメディアでのセキュリティ編」、および「モバイルデバイスのセキュリティ編」のそれぞれの料金です。

型版 ユーザ数 ユーザ単価 税抜き
21273192 5-24 USERS 750 円
21273193 25-99 USERS 615 円
21273194 100-499 USERS 480 円
21273195 500-999 USERS 348 円
21273181 1,000-2,499 USERS 300 円
21273182 2,500-5,999 USERS 270 円
21273183 6,000-11,999 USERS 240 円
21273184 12,000+ USERS 180 円

コース内容

「ソーシャルメディアでのセキュリティ 編」(約15分)

ソーシャルメディアを活用するメリットとリスクについて紹介します。また会社として、および個人として利用する上で守らなくてはならないポイントを紹介します。

ソーシャルメディアとは
フェイスブック
YouTube
メリットとリスク
ソーシャルメディアとビジネス
サイバー犯罪はソーシャルメディアを狙う
安全なソーシャルメディアの使用
ソーシャルメディアポリシー
ガイドラインとベストプラクティス
オンラインプロファイルのセキュリティ
オンラインで公開してはいけない6つのこと

「モバイルデバイスのセキュリティ 編」(約16分)

モバイル機器を使用する際のセキュリティの注意事項を紹介します。 また仕事で利用する際のポイントを紹介します。

モバイル機器への脅威
紛失または盗難にあったデバイス
安全とベストプラクティス
デバイスではなく、データを保護
モバイルデバイスのセキュリティ
画面のパスワードまたはPINの使用
利用サイトの限定(信頼できるサイト)
デバイスを保護するためのツール
BYOD脅威と安全
BYODとは
利点と課題
BYOD脅威の事例


トレーニングに関するお問い合わせ

お問い合わせは、apj_education@symantec.com 宛てに電子メールでご連絡ください。