Symantec Control Compliance Suite

評価、修復、遵守。

セキュリティギャップと脆弱性を特定することで、修復に優先順位を付けてリスクを低減し、GDPR、HIPAA、NIST、PCI、SWIFT など、100 を超える規制、指令、ベストプラクティスのフレームワークについてコンプライアンス評価を自動的に行います。

データシートをダウンロード 動画を見る

契約更新

AWS で Control Compliance Suite を使用する方法をご覧ください。

詳細はこちら

コンプライアンスを評価

管理対象デバイスも管理されていないデバイスも、資産とネットワークをすべて迅速に検出してインベントリを作成

Control Compliance Suite なら IT 評価を自動化できます。サーバー、アプリケーション、データベース、ネットワークデバイス、エンドポイント、クラウド用に最高レベルのコンテンツがパッケージ化されており、単一のコンソールから、セキュリティ構成、技術的な手順、サードパーティの管理などについて評価できます。 また、設定ミスを特定し、修復に優先順位を付けることができます。

  • エージェントおよびエージェントレススキャン
  • 57,000 個のパッチチェック
  • 75 を超えるプラットフォーム
  • 15,000 個の構成チェック
  • 50,000 を超える脆弱性を検出

ホワイトペーパーを見る

修復を優先順位付け

テクノロジの使用に基づいてビジネスのセキュリティリスクを把握

多くの脆弱性管理ソリューションは、セキュリティ責任者が脆弱性やリスクの情報をビジネス視点で把握するうえで有用な情報をあまり提供できていません。Control Compliance Suite Vulnerability Manager は、事前にセキュリティリスクを特定してビジネスへの影響を分析し、ネットワーク、Web、モバイル、クラウド、仮想、IoT インフラをすべて対象に、修復作業の計画と実施を行います。

  • ネットワーク、Web、モバイル、クラウド、仮想、IoT インフラを検出
  • 情報資産の構成と潜在的なリスクを把握
  • 脆弱性、マルウェア、攻撃を特定
  •  サードパーティ製のシステムと連携して修復作業を開始
  • 脆弱性、コンプライアンス、ベンチマークなどをカバーしたレポートを作成 

データシートをダウンロード

コンプライアンスを自動化

1 回の評価で多数の規制、指令、ベストプラクティスのフレームワークに対するレポートを作成

必要となる管理は規制や指針ごとに異なります。多くの場合、こうした指針間で多くの管理が重複しています。管理手順にコンプライアンス上の問題が発生していないことを常に実証する手段として、自動化が最良の手段だといえます。コンプライアンス評価を自動化する Control Compliance Suite なら、GDPR、HIPAA、NIST、PCI、SWIFT など 100 を超える規制、指令、ベストプラクティスのフレームワークに対応し、そのまますぐに利用可能です。

  • 100 を超える規制、指令、ベストプラクティスに対応し、すぐに利用可能
  • 1 回の評価で多数の規制に対するレポートを作成
  • 技術面の管理とプロセス面の管理の両方をサポート
  • 監査に備えたレポートとダッシュボード

概要を見る

Control Compliance Suite の詳細情報

リソース

その他のデータシート、ホワイトペーパー、Web キャスト、ビデオなど

詳細はこちら

システム要件

インストール、環境、その他のシステム要件に関する詳細な情報をご参照いただけます

詳細はこちら

購入オプション パートナーから購入 価格表/購入情報

既存のお客様 契約更新