Symantec Control Compliance Suite

リスクの優先度に基づいたデータセンターのセキュリティ運用とコンプライアンス

Symantec Control Compliance Suite は、ビジネスを意識してセキュリティとリスクを可視化することで、セキュリティ、IT 運用、コンプライアンスの優先順位を効果的に設定できます。継続的な評価を自動的に行い、セキいュリティコントロールと脆弱性を一元的に把握できるようにします。お客様は、データセンターの強化、セキュリティ改善事項の優先付け、ソフトウェアデファインドデータセンターへの安全な移行、サイバーセキュリティおよび継続的な監視のための評価支援を継続的に行うことができます。

データシートをダウンロード

契約更新

インフラの評価: 技術コントロール評価の自動化

インフラは急速に拡大し、変化します。その結果、企業によるコンプライアンス遵守状況の監視が非常に難しくなっています。
 
Control Compliance Suite Standards Manager では、予め提供されたコンテンツに基づき IT インフラ評価を自動化できます。IT 運用、セキュリティ運用、およびコンプライアンス全体で構成済および正しく構成されていない資産を検出し、修復のための技術的コントロールに優先順位を付けます。

  • 不正なネットワークおよび資産の検出
  • サーバーおよび仮想インフラの強化
  • セキュリティ構成に関する役割ベースおよび運用要件ベースのレポート作成

ホワイトペーパーを見る

インフラの評価

コンプライアンスの実証: プロシージャコントロールの評価とレポート作成

要件やポリシーごとに要求される制御はさまざまです。多くの場合、ポリシー間で大半の制御が重複します。制御手順にコンプライアンス上の問題が発生していないことを常に実証する手段として、自動化が最良の手段だといえます。Control Compliance Suite Assessment Manager では、100 個以上の規制と標準に対応し、評価作業を自動化します。

  • レスポンス、承諾、レビュー要請、および証拠の追跡
  • N レベルの委任および追跡による共同評価の実現
コンプライアンスの実証

リスクの管理: セキュリティ運用のリスク評価および修復事項の優先順位付け

リスクを理解するには数値化することが必要です。企業は、最初に最も隔たりが深刻な部分の対応に集中できるだけでなく、スケジュールされた修復作業が実施されたときのリスクの低減も予測することができます。Control Compliance Suite Risk Manager では、測定の基準となるリスク目標を定義し、リスク目標を資産や管理にマッピングし、所有者と関係者を割り当てることができます。

  • ビジネス中心のリスク目標としきい値の定義、リスクの資産、管理、所有者へのマッピング
  • ビジネスの重要度に基づいた、セキュリティおよび監査結果の優先順位付け
  • リスクベースの修復によるリソース割り当ての最適化
  • 複数の関係者向けのリスクベースのダッシュボードの作成
  • リスク低減の経過予測と修復事項の優先順位付け
リスクの管理
コンテキストを認識した脆弱性評価とリスク分析

脅威を低減: コンテキストを認識した脆弱性評価とリスク分析

多くの脆弱性管理ソリューションは、セキュリティ責任者が脆弱性やリスクの情報をビジネス視点で把握するうえで有用な情報をあまり提供できていません。Control Compliance Suite Vulnerability Manager は、事前にセキュリティリスクを特定してビジネスへの影響を分析し、ネットワーク、Web、モバイル、クラウド、仮想、IoT インフラをすべて対象に、修復作業の計画と実施を行います。

  • ネットワーク、Web、モバイル、クラウド、仮想、IoT インフラを検出
  • 情報資産の構成と潜在的なリスクを把握
  • 脆弱性、マルウェア、攻撃を特定
  • サードパーティ製のシステムと連携して修復作業を開始
  • 脆弱性、コンプライアンス、ベンチマークなどをカバーしたレポートを作成 

データシートをダウンロード

Control Compliance Suite の詳細情報

リソース

その他のデータシート、ホワイトペーパー、Web キャスト、ビデオなど

詳細はこちら

システム要件

インストール、環境、その他のシステム要件に関する詳細な情報をご参照いただけます

詳細はこちら

購入オプション パートナーから購入 価格表/購入情報

既存のお客様 契約更新