Symantec Data Loss Prevention

データのセキュリティを確保

先進的な Data Loss Prevention(DLP)の包括的な検出技術と統一ポリシーを活用して、機密データの保護を強化

レポートを読む お問い合わせ

データのセキュリティとプライバシーを確保

データ保護計画の中核に DLP を実装

GDPR などのデータプライバシー規制では、機密データの適正な管理の確保が義務付けられています。Symantec DLP は機密データ(GDPR で定義されているものを含む)を検出するように設定されています。各種の高度なデータ検出技術を使用して、多くの形式のデータを特定します。

  • 規制対象のデータを確実に識別し、その用途と保存場所を追跡
  • 保護ポリシーにより機密データのフローを制御
  • 暗号化技術および CASB 技術との統合により、電子メール、リムーバブルメディア、クラウド内の個別のファイルやデータを保護

概要を見る Web キャストを見る

Data Loss Prevention をクラウドに拡張

管理対象の境界外でもデータを保護

自動保護機能でデータを包んでセキュリティを確保

データが社外で広く共有されている場合も、対応策はあります。Symantec DLP によって機密データを特定し、高度な保護機能で以下のことができます。

  • 管理対象外の場所やデバイスからの使用を含め、データを使用できるユーザーを管理
  • 永続的な暗号化とデジタル著作権を使用して、各ユーザーに付与されるアクセスのレベルを定義
  • 機密データへのユーザーアクセスを監視し、危険度が高い行動やセキュリティ侵害を検出
  • ユーザーのアクセスを遮断して、文書を電子的に抹消した場合と同等の効果を実現

詳細はこちら

単一のソリューションできわめて幅広い保護を実現

クラウド、エンドポイント、ストレージ、電子メール、Web を含むすべての経路に使用できる単一のコンソールおよび統合ポリシー管理

ビジネス上のコミュニケーションは、無数のアプリケーション、デバイス、プラットフォームで行われます。企業が生産性の向上とコラボレーションの促進を目指すのに伴い、従業員が企業データを漏えいさせたり盗み出したりする可能性がある経路も増えていきます。

Symantec DLP は、社内、外出先、クラウド内のどの場所で機密データが使用されても、それらを検出、監視、保護できます。クラウドアプリケーション、エンドポイント、データリポジトリ、メールや Web の通信など非常に広範な経路で、データ漏えいの全面的な可視性と制御性を実現します。

  • 単一の優れた管理コンソールで、すべての経路にわたってデータ漏えい防止ポリシーとデータ漏えいインシデントを容易に管理
  • オンプレミス、プライベートクラウド、ハイブリッドクラウド、パブリッククラウドを問わず、あらゆるタイプの環境に対応する柔軟な導入オプションを提供

データシートをダウンロード

データのフィンガープリンティングから機械学習までの多彩な機能を備えた Symantec DLP で、機密データがどのように偽装されていても正確に検出

Symantec DLP は、各種の高度な技術を組み合わせて、機密データを保管中か移動中かにかかわらず正確に検出します。すぐにお使いいただけるさまざまなポリシー(HIPAA、GDPR、PCI DSS など)も備えており、少ない労力でコンプライアンスを確保できます。

  • Vector Machine Learning(VML)では、財務文書、ソースコードなど、説明が困難な場合もある知的財産やその他の非構造化データを学習して特定します。
  • Sensitive Image Recognition(SIR)では、組み込みの光学式文字認識(OCR)機能により、フォームやその他の画像(スキャンされた文書、スクリーンショット、写真など)に埋め込まれた機密データを検出します。
  • Exact Data Matching(EDM)では、構造化データベースへのフィンガープリンティングにより機密データを特定します(たとえば、「顧客名とその銀行口座番号」)。
  • Indexed Document Matching(IDM)では、文書にフィンガープリンティングを適用して、別の場所(電子メールメッセージ内など)で部分的に再利用される可能性がある機密コンテンツを検出します。
  • Described Content Matching(DCM)では、社会保障番号やクレジットカード情報などの正規表現またはパターンとの一致を見つけます。
  • Data Classification では、ユーザーが機密データを分類できます。また、Symantec Information Centric Tagging(ICT)により、機密性に基づくデータ保護が可能です。

動画を見る

包括的な技術、誤検知を削減

業界での認知

Gartner 社のマジック・クアドラントにおいて、10 回連続でリーダーに選出
詳細はこちら

シマンテック、最高得点でリーダーに選出
詳細はこちら

シマンテック、DLP 市場でのトッププレイヤー
詳細はこちら

2018 SC Awards を受賞

2018 SC Awards を受賞

シマンテックコミュニティ

シマンテックのフォーラムで、製品に関する最新のディスカッションをご覧いただけます。

詳細はこちら

サポートが必要な場合

テクニカルサポートなどをご利用いただけます。

詳細はこちら

関連カテゴリ

その他のリソース

Symantec Data Loss Prevention:導入から成熟した運用まで

データを保護するシマンテックの取り組みについて、直面していた課題、 解決方法、お客様にとってお役に立つ教訓について説明します。

シマンテックが実践するソースコードのセキュリティ対策

ハッカーや窃盗者からソースコードを守るための対策は十分ですか。 シマンテックが重要な知的財産を保護するために行った4つの ステップについて説明します。

動画

法的情報

法的情報、ポリシー、注意事項についての詳細をご確認ください。

ライセンスとサービスに関する情報およびリポジトリ

Symantec Data Loss Prevention は、統合管理プラットフォーム、コンテンツ検出用のサーバー、軽量のエンドポイントエージェントで構成されています。また、オンプレミス、ハイブリッドクラウド、マネージドサービス(Symantec Data Loss Prevention スペシャリゼーションパートナー経由)など、柔軟な配備オプションが豊富に用意されています。シマンテックの情報漏えい防止リューションは、広範囲に分散した環境での利用や、何十万ものユーザーやデバイスが存在する環境での拡張性が実証されています。この点で、他社の情報漏えい防止ソリューションとは異なります。

Symantec Data Loss Prevention の管理と検出サーバー
  • Microsoft Windows Server 2008 Standard および Enterprise
  • Microsoft Windows Server 2012 Standard、Enterprise、Data Center
  • Red Hat Enterprise Linux 6.7 ~ 7.3
  • VMware ESX 5.x 以降(Symantec Data Loss Prevention Network Monitor ではサポートされません)
Symantec Data Loss Prevention Endpoint Agent
  • Apple Mac OS 10.10、10.11、10.12
  • Microsoft Windows Server 2008
  • Microsoft Windows 7 Enterprise、Professional、Ultimate
  • Microsoft Windows 8.1 Enterprise および Professional
  • Citrix XenApp 6.5、7.6、7.9、7.11、7.12
  • Citrix XenDesktop 7.6、7.9、7.12、7.14
  • Microsoft Hyper-V Server
  • VMware Workstation 6.5.x
  • VMware View 4.6、VMware Horizon 6.0.1、6.2.1、7.1
Oracle データベース
  • Oracle 11.2.0.4
  • Oracle 12c Enterprise

アドオン

Symantec Data Loss Prevention Add-on for Symantec Messaging Gateway

スパム、マルウェア、情報漏えいの脅威を防ぎます。Symantec Data Loss Prevention と Symantec Messaging Gateway の統合によって提供される新たな機能により、企業で送受信する電子メールを包括的に保護することができます。

データシートをダウンロード

購入オプション 販売代理店を通じて購入