Symantec Data Loss Prevention Cloud と Symantec CloudSOC

シマンテックのクラス最高の DLP テクノロジーと CASB テクノロジーを組み合わせたクラウドセキュリティソリューションにより、可視性と制御をクラウドアプリケーションにまで拡大することができます。

 

概要を見る お問い合わせ

Symantec Data Loss Prevention をクラウドに拡張

許可されているクラウドアプリケーションと許可されていないクラウドアプリケーションの両方で、データ漏えいに関する盲点が明らかになります。Symantec DLP Cloud と Symantec CloudSOC により、オンプレミスでも、クラウドでも、データ漏えい防止(DLP)をあらゆる場所に拡張できるようになりました。

  • Office 365、Box、Dropbox など 100 種類以上のクラウドアプリケーションで機密データを検出
  • クラウドアプリケーション用の既存の DLP ポリシーおよびワークフローを再利用
  • 「サービスとしての DLP 検出」によりパフォーマンスを最適化
  • 1 つの統合管理コンソールからあらゆる場所に DLP ポリシーを適用 

デモを見る

Symantec Information Centric Encryption は、クラウドアプリケーション上で共有された機密データを保護します。 機密ファイルがクラウドで共有されている場合は、永続的な暗号化とデジタル著作権によって自動的に保護することができます。 データへのアクセスは ID によって制御され、使用権限は選択したアクションに限定されます。

  • 永続的な暗号化とデジタル著作権により、機密データを安心して共有できる
  • 保護は自動的に有効化され、データはあらゆる場所で保護される
  • ID ベースのアクセスは、権限のあるユーザーのみに許可される

レポートを読む

クラウドやその他の環境で情報を保護

Symantec CloudSOC により CASB 機能を追加

クラウドアカウントを標的とする脅威から企業を守り、クラウドアプリケーションの使用状況を直接確認して制御できるため、安心してクラウドアプリケーションを導入できます。

  • シャドー IT を検出し、アプリケーションのリスクレベルを分析
  • ユーザーのデータトランザクションの制御により、漏えいのリスクから保護
  • ユーザーふるまい分析で潜在的な脅威を検出して軽減
  • 詳細なログデータを見やすく表示してクラウドインシデントを調査

eBook を読む

クラウドアプリケーションによるデータ漏えいのリスクを数分で検出します。リスク評価では、以下の情報を得られます。

  • クラウドアプリケーションにアップロードおよび保存されたすべての機密コンテンツのインベントリ
  • 社外や公共の場所でファイルが共有されるといったデータ漏えいのリスクの概要
  • マルウェアなどリスクのあるインバウンドコンテンツの従業員による共有の識別
  • 特に危険度が高いユーザーの識別

無料体験版

シャドーデータリスク評価を申し込む

Symantec Cloud Data Protection でクラウドデータを暗号化およびトークン化

クラウドアプリケーションで機密データの安全を守り、コンプライアンスを確保できます。Symantec DLP Cloud と Symantec Cloud Data Protection によって、データを暗号化およびトークン化できるようになりました。

  • ファイルやデータフィールド全体を暗号化またはトークン化して、クラウドアプリケーションに保存されているデータを難読化
  • DLP ポリシーを活用し、クラウドデータに関する PCI や HIPAA などのセキュリティ要件およびコンプライアンス要件に基づいて暗号化またはトークン化を適用

詳細はこちら