Symantec Advanced Threat Protection

エンドポイント、電子メール、ネットワーク、Web を狙った高度な攻撃を 1 つのコンソールから検出し、優先順位を付け、調査し、修復します

データシートをダウンロード 動画を見る

無料体験版

エンドポイント、電子メール、ネットワーク、Web トラフィックにわたって高度な脅威を検出

世界最大規模のサイバーインテリジェンスネットワークによるグローバルインテリジェンスとお客様に固有のコンテキストを組み合わせることで、他の製品では検出できないような最もステルス性の高い脅威を検出します

  • 標的型攻撃に対する保護において最も高い検出率と精度*
  • Dynamic Adversary Intelligence により、企業が標的型攻撃を受けているのかどうかを判別し、侵害の兆候(IoC)を自動的に検索
  • 独自のサンドボックスおよびペイロードデトネーション機能で、不審な活動を検出して調査

*出典: 『Dennis Lab Report』(2015 年 12 月)

ホワイトペーパーをダウンロード

エンドポイント、ネットワーク、電子メールゲートウェイの高度な脅威を検出

重要度に応じた優先順位付け

すべての制御ポイントのインテリジェンスを集約し、侵害されたシステムの特定と修復の優先順位付けを行います

  • 最も重要なインシデントに注力
  • エンドポイント、電子メール、ネットワーク、Web トラフィックのインテリジェンスを集約して、脅威イベントの相関分析を実施
  • セキュリティアナリストによる調査が必要なインシデントを大幅に削減

ホワイトペーパーをダウンロード

重要度に応じた優先順位付け

複雑な攻撃も数分で修復

すべての脅威の封じ込めと修復をワンクリックで実現

  • 手動検索の必要なく、IT 環境全体の脅威の詳細を 1 カ所に見やすく表示
  • 侵害の兆候(IoC)をすばやく検索し、攻撃と関連のあるすべての要素(攻撃に使用されたすべてのファイル、電子メールアドレス、悪質な IP アドレスなど)を可視化
  • シマンテック製品で保護しているエンドポイント、ネットワーク、電子メール、Web トラフィックのあらゆる場所の攻撃をワンクリックで修復
  • 侵害されたシステムを企業のネットワークからすばやく分離
すばやい修復

既存の投資を最大限に活用

シマンテック製品でも他社の製品でも、既存の投資を最大限に活用

  • 公開 API を使用し、Splunk および ServiceNow と統合することで、インシデント対応のフローを最適化してカスタマイズ 
  • 新しいエンドポイントエージェントを配備することなく、エンドポイントにおける検出および対応(EDR)機能を追加
  • Symantec Email Security.Cloud に高度な保護を追加し、脅威の詳細を可視化
  • 充実したセキュリティインテリジェンスを第三者のセキュリティ情報/イベント管理システム(SIEM)にエクスポート
  • シマンテックのマネージドセキュリティサービスで Symantec Advanced Threat Protection を監視

Advanced Threat Protection の詳細情報

リソース

その他のデータシート、ホワイトペーパー、Web キャスト、ビデオなど

詳細はこちら

システム要件

インストール、環境、その他のシステム要件に関する詳細な情報を参照してください

詳細はこちら

法的情報

法的情報、ポリシー、注意事項についての詳細をご確認ください

詳細はこちら