シマンテックのエンドポイントにおける検出および対応

すべてのエンドポイントの高度な脅威を、新しいエージェントを追加することなく 1 つの場所から検出して修復します。

ビデオを視聴する WEB セミナーを見る

次世代の脅威をシャットアウト

Symantec Endpoint Protection 14 の次世代テクノロジを活用して高度な脅威をブロックします。

  • 高度な機械学習を行う人工知能を利用して未知の脅威を阻止
  • 攻撃チェーン全体で脅威をブロックでき、誤検知も少ない
  • メモリの悪用をリアルタイムで軽減し、広く普及しているソフトウェアへのゼロデイ攻撃を遮断
  • 複数の保護技術を高パフォーマンスで軽量な単一のエージェントに置き換えることで、エンドポイントの複雑さとコストを軽減 

ソリューション概要を見る

不審なイベントを調査して異常を検出

Symantec Advanced Threat Protection: Endpoint を利用すれば潜在的な脅威を検出できます

  • すべてのエンドポイントの脅威を 1 つのコンソールに表示し、詳細に把握
  • 物理環境と仮想環境の両方に対応するサンドボックスを使用して、他の製品では検出できない不審なイベントを調査
  • Dynamic Adversary Intelligence で侵害の兆候(IoC)を瞬時に検索し、企業が標的型攻撃を受けているかどうかを判別
  • 世界最大規模の脅威インテリジェンスネットワークで高度な攻撃の詳細な情報を把握

データシートをダウンロード

複雑な攻撃も分単位で修復

標的型攻撃を受けても通常業務にすばやく復旧します

  • すべての脅威を封じ込めて修復
  • 攻撃に関連するすべての要素を可視化し、攻撃者や攻撃の発信元を暴く
  • 1 回クリックするだけで、すべてのエンドポイントの攻撃アーティファクトが今後一切実行されないようにブロック
  • 感染したエンドポイントを簡単に隔離し、問題が解決したらすぐに復活

新しいエージェントを追加することなく EDR 機能を利用

シマンテック製品でも他社の製品でも、既存の投資を最大限に活用できます

  • Symantec Endpoint Protection がインストールされていれば、新しいエンドポイントエージェントを配備することなく EDR を利用可能
  • 公開 API を使用してインシデント対応のフローを最適化
  • Splunk や ServiceNow といったサードパーティ製の SIEM やワークフローツールと統合
  • シマンテック製品の保護下にある複数の制御ポイントで重要な攻撃イベントに優先順位を付けることで、最も深刻なインシデントに集中的に対応

無料体験版