Symantec Ghost Solution Suite

イメージングと配備を加速、簡素化

Symantec Ghost Solution Suite は、デスクトップ PC、ノート PC、タブレット、サーバーのイメージングや配備を行うための、定評のあるソフトウェアソリューションです。迅速かつ簡単に、最新のオペレーティングシステムへの移行、カスタム構成の実行、各種ハードウェアプラットフォームとオペレーティングシステムへのソフトウェアの配備を行うことができます。

データシートをダウンロード ホワイトペーパーを見る

無料体験版 契約更新
Windows 10 への移行

Windows 10 への移行

Windows に移行する際には、考慮すべき事項が多数あります。こちらのホワイトペーパー(無料)で、Windows 10 への移行に関するベストプラクティスとよくある落とし穴についてご確認いただけます。

ぜひダウンロードしてください。

ホワイトペーパーをダウンロード

システム要件

GSS Agent(DAgent および ADLAgent): GSS Agent には、ネットワーク接続と 10 MB 以上のディスク容量が必要です。その他のシステム要件は、ホストオペレーティングシステムと同じです。

GSS Server: GSS Server コンポーネントは、1 GHz 以上のプロセッサと 1 GB 以上の RAM が搭載された最新の専用サーバーで実行することをお勧めします。最小要件として、Pentium III 互換の 600 MHz 以上のプロセッサと 1 GB の RAM が搭載されている必要があります。

データベースを GSS Server と同じコンピュータでホストする場合は、4 GB のメモリを追加することをお勧めします。少なくとも、1 GB の追加メモリが必要です。

追加の PXE サーバーやファイル共有をホストするコンピュータは、これらのコンポーネントをホストするオペレーティングシステムの要件を満たしている必要があります。

自動化の要件: Microsoft 社では、WinPE をブートするコンピュータに 512 MB のメモリを搭載することを推奨しています。ブートエラーを防ぐために、少なくとも 384 MB が必要です。

GSS 3.0 のインストーラを使って SQL Server Express データベースをインストールする場合は、前提条件として .NET Framework 3.5 以上が必要です。

リソース

動画