Symantec Information Centric Analytics

ユーザーおよびエンティティのふるまい分析(UEBA)によりインシデント対応とサイバー侵害の検出を簡素化

動画を見る データシートをダウンロード インフォグラフィックを見る

情報漏えい防止を簡素化することで優先順位付けと修復を迅速化

迅速な対応を必要とするデータインシデントを隔離

  • データを重大なリスクにさらすユーザー活動を調査して優先順位付けします。
  • ビジネスプロセスに最適なポリシーの配備を確保します。
  • アナリストワークフローを最適化し、一括対応を自動化します。

ホワイトペーパーを見る

内部からの悪意ある漏えいを特定

内部者による脅威を軽減する

今日の内部者による複雑な脅威を理解するには、ユーザー活動と機密データを結び付ける数多くの要因を可視化する必要があります。

  • 多数のベクトルに基づくポリシー違反を可視化して、新たな脅威を特定します。
  • 悪質ではないふるまいと低リスクの警告を正規化します。
  • 特定のふるまいのコンテキストを明らかにし、セキュリティへの影響を算定します。

電子決済のグローバルリーダーが Information Centric Analytics を使って内部者によるリスクをどのように分析しているかをご確認ください。

事例を読む 動画を見る

標的型攻撃を捜索する

部外者による攻撃を示す可能性があるサイバー侵害と持続的ユーザー活動を明らかにする

ユーザーアカウントの侵害およびエンドポイントの感染は、データ漏えいにつながる脅威として最も多いものの 1 つです。したがって、継続的な分析を行い、正当な権限で実行される不審なふるまいを特定することが必要となります。

  • 悪質なパターンの不審なユーザーふるまいを特定します。
  • ポリシー違反とユーザーアカウントが侵害された証拠を結び付けます。
  • 利用可能な脅威インテリジェンスを連携させて、比較分析を行います。

動画を見る

関連製品