Symantec Information Centric Encryption

クラウドでもデータを確実に保護。

ID、暗号化、デジタル著作権を組み合わせて機密データへのアクセスを禁止し、データの移動先にかかわらず、権限のないユーザーを締め出します。

データシートをダウンロード

データこそが新たな境界: どこに移動しても保護

クラウドアプリケーションと個人所有デバイスの時代になり、従来のセキュリティ境界では機密データを保護できなくなっています。

管理対象の環境を離れたデータには、誰でもアクセスできる可能性があります。ID、暗号化、著作権管理を組み合わせて機密データを保護することで、モバイルユーザーであれ、リモートユーザーであれ、さらには企業の外部のユーザーであっても、意図したユーザーだけがアクセスできるようにすることができます。

Symantec Information Centric Encryption は、他のシマンテックデータ保護テクノロジーとの統合を通じて以下を実行します。

  • 複数のプラットフォームにわたって機密データを正確に検出する
  • 移動先にかかわらず、データを自動的に暗号化する
  • ユーザーのデジタル著作権アクセスを設定する(編集、印刷、保存など)
  • ユーザー ID に基づいてファイルを復号する、多要素認証をサポートする
  • 使用状況を監視し、いつでもアクセスを取り消す

データが管理から離れた場合追跡

ネットワーク内とネットワーク外のすべてのデータを 1 カ所から制御。

機密データを追跡して保護し、常に把握することができます。複数のデータチャネル(電子メール、エンドポイント、ストレージ、クラウドアプリケーション、モバイル)とオペレーティングシステムを一元的に見渡せるようになります。

  • リアルタイムレポート: 内部と外部の両方でデータアクセスを監視し、ファイルにアクセスしたユーザーを確認し、ユーザーの異常なふるまいを特定することができます。
  • アクセスの取り消し: ファイルアクセスまたはユーザーアクセスを動的に変更して、ファイルを即座に保護します。ファイルはその場所で暗号化されたままになり、権限のないユーザーは使用できません。

概要を見る ホワイトペーパーを見る

把握できなければ保護できない

データ保護戦略の成功にとって最も重要なのは可視化。可視化がなければ、暗闇で行うも同然です。

すべてのデータ(保管中、使用中、移動中)を完全に可視化し、自動的に保護します。Symantec Data Loss Prevention(DLP)および Symantec Information Centric Tagging(ICT)との統合により、コンテンツベースの検出とユーザーベースの検出の両方を提供します。

  • Symantec Data Loss Prevention: 複数のデータチャネル(エンドポイント、ネットワーク、USB デバイス、電子メール、クラウドアプリケーションなど)にわたって機密データを検出します。Information Centric Encryption と統合されており、データを自動的に保護します。
    詳細はこちら >
  • Symantec Information Centric Tagging: ユーザーは、あらかじめ決められているカテゴリを使用してデータを分類できます。Information Centric Encryption と統合されており、データを手動で保護できます。
    詳細はこちら >

データの鍵を保護管理するのはお客様

いつでも、どこでもデータへのアクセスを完全に制御します。

使用中の復号鍵は、シマンテックの暗号化技術と鍵管理の専門技術によって保護されます。そのとき以外、お客様の復号鍵はお客様がホストし、全面的に管理します。

  • 復号鍵は、クラウドまたはお客様独自のオンプレミスの鍵ストアにホストするように選択できます。

シマンテックコミュニティ

シマンテックのフォーラムで、製品に関する最新のディスカッションをご覧いただけます。

詳細はこちら

サポートが必要な場合

テクニカルサポートなどをご利用いただけます。

詳細はこちら

ICE クラウドコンソールへの管理者アクセス

インターネットにアクセス可能なシステムおよび以下のブラウザのいずれか:

  • Google Chrome 45 以降
  • Mozilla Firefox 36 以降
  • JavaScript を有効化
  • Cookie を有効化
エンタープライズ向けファイルストレージソリューション

企業向け Box または OneDrive アカウント、および以下の要件:

  • Windows の場合: Microsoft Office 2010、2013、または 2016
  • macOS の場合: Microsoft Office 2011 または 2016
Symantec ICE ユーティリティ(ユーザーおよび管理者向け)
  • Windows 7(32 ビット、64 ビット)、8(32 ビット、64 ビット)、または 10(32 ビット、64 ビット)
  • OS X Yosemite(10.10)、El Capitan(10.11)、または Sierra(10.12)
  • iOS 9 以降
ファイル形式(Symantec ICE ユーティリティを経由)
  • 全般: .txt、.rtf
  • Microsoft Word: .doc、.dotm、.dotx、.docx
  • Microsoft Excel: .xls、.xlsx、.xlsb
  • Microsoft PowerPoint: .ppt、.ppsm、.pptm、.pot、.pptx、.ppsx、.potx
  • Adobe Reader: .pdf
  • PDF ファイルは常に読み取り専用(Acrobat Reader での PDF フォーム入力を除く)
  • Adobe Acrobat は PDF ファイルでサポートされない

購入オプション 販売代理店を通じて購入