Symantec Information Centric Security

保護が重要な領域、つまりデータを包むように保護

管理している境界の外にある機密データを、自動的に包むように保護します。

ホワイトペーパーを見る

さまざまな場所の機密データを保護する方法

極めて強力な情報漏えい防止(DLP)および CASB によって可視性と制御をクラウドに拡張することで保護

市場をリードする Symantec CASB と連携することで、電子メール、ネットワーク、ストレージ、エンドポイント、クラウドなどあらゆる場所に情報漏えい防止を拡張します。

  • 既存の DLP ポリシーとワークフローをクラウドアプリに拡張します。
  • DLP の検出機能をサービスとして提供し、パフォーマンスを最適化します。
  • DLP ポリシーを単一の管理コンソールからあらゆる場所に適用できます。

概要を見る ホワイトペーパーを見る

ユーザーが機密データを分類できるようにする方法

ユーザーがデータを分類し、重要なデータを保護できるようにすることで実現

Symantec Information Centric Tagging を使用することで、ユーザーは簡単な操作によって機密データを手動で分類できます。

  • コンテンツベース DLP 技術を、ユーザー主体の分類機能と統合することで、より機密性の高いデータを特定できます。
  • 分類レベルに応じ、情報中心の暗号化などの適切な保護対応を行います。

詳細はこちら 動画を見る

データが管理範囲外に出た場合に保護する方法

保護された環境からデータが離れた場合には、暗号化およびデジタル著作権管理で保護

Symantec Information Centric Encryption は、場所に関わらずデータを追跡する保護機能です。

  • 権限をリアルタイムで管理することで、第三者と共有されているときでも情報を保護できます。
  • クラウド、オンプレミスファイルストア、SharePoint、リムーバブル USB ドライブ内の機密データ、またはユーザーによってタグ付けされた機密データを保護します。
  • ユーザー ID により、ユーザーがどこにいても復号とデジタル著作権管理を制御します。

データシートをダウンロード

すべてのデータアラートを分析し、真の脅威を特定する方法

ユーザーおよびエンティティのふるまい分析(UEBA)を使って、インシデント修復を簡素化し、サイバー侵害を検出します

Symantec Information Centric Analytics で、リスクの高いふるまいとユーザーを可視化します。

  • DLP ポリシー管理とインシデント修復を簡素化します。
  • リスクの高いユーザーのふるまいと悪意ある内部者を検出します。
  • 悪意ある部外者とアカウント乗っ取りを特定します。

動画を見る 詳細はこちら

データが正当なユーザーにアクセスされることを保証する方法

多要素認証により、データが知らない場所に送信されないことを保証できます

Symantec VIP でデータを不正アクセスから保護します。

  • スムーズな認証プロセスにより、ユーザーにとって快適なエクスペリエンスを提供します。
  • データは受信対象者にのみ送信されます。
  • 復号鍵を無効化することで、文書へのアクセスをリアルタイムで遮断します。

詳細はこちら 動画を見る