Symantec Information Centric Tagging

機密データの分類、タグ付け、保護

ユーザーによる機密性の判断と保護を可能にします。

デモを依頼する

データを分類

Symantec Information Centric Tagging(ICT)は、さまざまなレベルへのデータ分類を可能にします。ユーザーの知識と経験を活用し、機密性の高いデータを特定することで、Data Loss Prevention のような既存のデータ保護ソリューションを強化できます。データ分類は高度な生産性アプリケーションのユーザーインターフェースにシームレスに統合され、簡単に分類タグを適用できるようになります。Symantec ICT は、より正確なデータ検出結果を提供し、「検出漏れ」を削減し、データ保護の意思決定を加速し、企業のデータ保護ポリシーのユーザーによる認知と遵守を強化します。

データシートを読む

より優れたデータ保護

Symantec ICT は、業界をリードする Symantec Data Loss Prevention(DLP)と統合することにより、機密データを自動的に検出し、修復の制御を行います。ICT はユーザーによるデータ分類を実現し、コンテンツに加えてユーザーによる分類に基づいて企業の重要情報を保護し、Symantec DLP の能力を強化します。ICT と DLP の統合により、データの分類レベルに応じてウォーターマーキングや暗号化など適切な保護を自動的に実行できます。

  • 最先端の Symantec DLP の技術とユーザーによる分類を組み合わせて機密データを特定
  • 分類レベルに基づいて、適切な保護を実施(ドキュメントと電子メールのウォーターマーキングと暗号化を含む)

詳細はこちら

あらゆる場所でデータを保護

機密データを保護する第一歩は、対象となるデータを識別することです。続いて、機密データのライフサイクル全体を通して保護と制御を行うことになります。

Symantec Information Centric Security(ICS)はユーザーによる分類を Data Loss Prevention(DLP)および Cloud Access Security Broker(CASB)と組み合わせて活用し、オンプレミス、エンドポイント、クラウドの機密情報を検出します。ICS は機密データが管理環境の外部を含めどこに存在していても、自動保護機能で守ります。

Symantec ICS は外部とのコラボレーションの安全を確保し、一般データ保護規則(GDPR)のような厳しい規制への遵守を可能にします。

詳細はこちら

一度の分類で、すべてを保護

Symantec ICT は、ユーザーが機密データを作成する時点での分類を可能にします。Information Centric Encryption(ICE)との直接統合により、ネットワーク外でも有効な追跡型の保護を機密データに適用し、部外者によるアクセスを防止します。これにより、データのライフサイクル全体を通して保護を確保できます。

  • ユーザーによる分類で暗号化が実施され、データのライフサイクルを通して保護を継続
  • 復号はユーザー認証により制御され、ユーザー(直接および第三者)のアクセスを完全に制御
  • 文書のライフサイクルを通してデータへのアクセスを監視し、データがどこに保存されていてもデータへのアクセスを遮断可能

データシートをダウンロード

シマンテックコミュニティ

シマンテックのフォーラムで、製品に関する最新のディスカッションをご覧いただけます。

詳細はこちら

サポートが必要な場合

テクニカルサポートなどをご利用いただけます。

詳細はこちら

サーバー
  • Microsoft Windows® Server 2008 R2 から 2012 R2
  • Microsoft Active Directory 2003 R2 から 2016
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 から 2012
  • Microsoft Exchange® Server 2010 SP2 以降および 2013 CU16(Outlook Web App のオンプレミス統合用)
  • Internet Information Services(IIS)7.0 以降
  • Microsoft ASP.NET 3.5 および 4.5
クライアント
  • Microsoft Windows 7、8、8.1、10(32 ビット、64 ビット)
  • Microsoft Office 2010 から 2016(32 ビット、64 ビット)
  • Microsoft .NET Framework 4.5