発見日: December 29, 2006
更新日: May 29, 2007 7:44:25 AM
別名: W32/Dref-V [Sophos], WORM_NUWAR.BH [Trend], WORM_NUWAR.EE [Trend], Win32/Luder.U [Computer Associates], Win32/Luder.O [Computer Associates], W32/Dref-AA [Sophos], W32/Tibs [Norman], W32/Dref@MM [McAfee], W32.Dref@mm [Sunbelt Software]
種別: Worm
感染サイズ: 17,559 バイト、47,235 バイト、48,259 バイト、51,310 バイト(異なります)
影響を受けるシステム: Windows

W32.Mixor.Q@mm は、標的のコンピュータ上に他のマルウェアを投下する、大量メール送信ワームです。またこれは、標的のコンピュータ上にTrojan.Galapoper.A(MCID 7483)またはTrojan.Peacomm(MCID 9802)のコピーを投下する可能性もあります。

ウイルス対策日

  • Rapid Release 初回バージョン December 30, 2006
  • Rapid Release 最新バージョン April 17, 2018 リビジョン 009
  • Daily Certified 初回バージョン December 30, 2006
  • Daily Certified 最新バージョン April 17, 2018 リビジョン 034
  • Weekly Certified 初回リリース日 January 03, 2007

Click here for a more detailed description of Rapid Release and Daily Certified virus definitions.

記述: Ka Chun Leung and Mircea Ciubotariu

発見日: December 29, 2006
更新日: May 29, 2007 7:44:25 AM
別名: W32/Dref-V [Sophos], WORM_NUWAR.BH [Trend], WORM_NUWAR.EE [Trend], Win32/Luder.U [Computer Associates], Win32/Luder.O [Computer Associates], W32/Dref-AA [Sophos], W32/Tibs [Norman], W32/Dref@MM [McAfee], W32.Dref@mm [Sunbelt Software]
種別: Worm
感染サイズ: 17,559 バイト、47,235 バイト、48,259 バイト、51,310 バイト(異なります)
影響を受けるシステム: Windows

このワームは、いったん実行されると、自分自身を次のファイルのうちのいずれかとしてコピーします。

  • %System%\ppl.exe
  • %System%\alsys.exe
  • %System%\taskdir.exe
  • %System%\adir.dll
  • %System%\adirss.exe

その後これは、Trojan.Galapoper.A(MCID 7483) またはTrojan.Peacomm(MCID 9802)のコピーである可能性がある次のファイルを投下します。
%CurrentFolder%\[7 つのランダムな文字].exe

またこのワームは、自分自身を [ランダムな文字].t として、.exe や .scr ファイルを含んでいるフォルダ内へコピーします。またこれは、[ランダムな文字].t を含んでいるフォルダ内の .exe と .scr ファイルに感染します。

次のファイルを作成します。
  • %System%\svcp.csv
  • %System%\winsub.xml

このワームは、次のレジストリエントリを作成して、Windows が起動されるたびにこれが実行されるようにします。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run\"Agent" = "%System%\ppl.exe"
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run\"Agent" = "%System%\ppl.exe"

または

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run\"Agent" = "%System%\alsys.exe"
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run\"Agent" = "%System%\alsys.exe"

The worm also adds the following registry entries so that it executes whenever Windows starts:
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run\"taskdir" = "%System%\taskdir.exe"
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run\"adir" = "%System%\adirss.exe"

このワームは、Shared Access サービスを無効にするために、次のレジストリエントリを変更します。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\SharedAccess\"Start" = "4"

このワームは、ウィンドウのタイトル内に次の語のうちのいずれかが含まれている場合、セキュリティ関連のプロセスを終了させます。
  • anti
  • avg
  • avp
  • blackice
  • f-pro
  • firewall
  • hijack
  • lockdown
  • mcafee
  • msconfig
  • nav
  • nod32
  • rav
  • reged
  • Registry Editor
  • spybot
  • taskmgr
  • troja
  • viru
  • vsmon
  • zonea

その後このワームは、次のロケーションから暗号化された構成ファイルをダウンロードします。
[http://]81.177.3.92/cntr[削除済み]

上記の構成ファイルは、さらに次のロケーションから各種のコンポーネントをダウンロードして実行するように指示します。
  • [http://]81.177.3.169/dir/game[削除済み]
  • [http://]81.177.3.169/dir/game[削除済み]
  • [http://]81.177.3.169/dir/game[削除済み]
  • [http://]81.177.3.169/dir/game[削除済み]

その後このワームは、次のレジストリサブキーへリンクされているファイルをチェックすることによって、Windows アドレス帳から電子メールアドレスを収集します。
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\WAB\WAB4\Wab File Name

またこのワームは、すべての固定ドライブ上の次の拡張子を持つファイルからも電子メールアドレスを収集します。
  • .htm
  • .txt
  • .hta

このワームは、次のドメインへは電子メールを送信しません。
  • .mil
  • .gov

次にこのワームは、次のファイルタイプから電子メールアドレスを収集します。
  • .adb
  • .asp
  • .cfg
  • .cgi
  • .dat
  • .dbx
  • .dhtm
  • .eml
  • .htm
  • .jsp
  • .lst
  • .mbx
  • .mdx
  • .mht
  • .mmf
  • .msg
  • .nch
  • .ods
  • .oft
  • .php
  • .pl
  • .sht
  • .shtm
  • .stm
  • .tbb
  • .txt
  • .uin
  • .wab
  • .wsh
  • .xls
  • .xml

上記のファイルタイプから電子メールアドレスを収集する一方で、このワームは、次の文字列のうちのいずれかを含んでいる電子メールアドレスは無視します。
  • @avp
  • @foo
  • @iana
  • @messagelab
  • @microsoft
  • abuse
  • admin
  • anyone@
  • bsd
  • bugs@
  • cafee
  • certific
  • contract@
  • f-secur
  • feste
  • free-av
  • gold-certs@
  • google
  • help@
  • icrosoft
  • info@
  • kasp
  • linux
  • listserv
  • local
  • news
  • nobody@
  • noone@
  • noreply
  • ntivi
  • panda
  • pgp
  • postmaster@
  • rating@
  • root@
  • samples
  • sopho
  • spam
  • support
  • unix
  • update
  • winrar
  • winzip

その後このワームは、上記の電子メールアドレスを次のロケーションへポストします。
81.177.26.26\1.jpg

次にこのワームは、独自の SMTP エンジンを使って多数の電子メールアドレスへ感染したメッセージを送信するように指示される可能性があります。この電子メールは次の特徴を持っている可能性があります。

差出人:
差出人のアドレスは、詐称されています。

件名:
  • One of the following:
  • 5 Reasons I Love You
  • A Bouquet of Love
  • A Day in Bed Coupon
  • A Hug & Roses
  • A Kiss for You
  • A Kiss So Gentle
  • A Little (sex) Card
  • A Monkey Rose for You
  • A Red Hot Kiss
  • A Relaxing Coupon
  • A Romantic Place
  • A Song to You
  • A Special Flower for You
  • A Special Kiss
  • A Sweet Love
  • A Token of My Love
  • A Weekend Getaway
  • Against All Odds
  • All For You
  • All That Matters
  • Angel of Love
  • Annual Fun Forecast!
  • Awaiting Your Love
  • Baby New Year!
  • Baby, I'll Be There
  • Back Together
  • Best Wishes For A Happy New Year!
  • Between Us
  • Bewitching Moonlight
  • Brand New Love
  • Breakfast in Bed Coupon
  • Bubble Bath Coupon
  • Can't Wait to See You!
  • Crazy way to say I Luv U
  • Cuddle Me Please
  • Cuddle Up
  • Cyber Love
  • Dancing With You
  • Dinner Coupon
  • Doing It for You
  • Dream Date Coupon
  • Dream Girl
  • Emptiness Inside Me
  • Eternity of Your Love
  • Evening Romance
  • Every Inch of Your Body
  • Everyone Needs Someone
  • Falling In Love with You
  • Feeling Horny?
  • Fields Of Love
  • For Better of For Worse
  • For You
  • For You....My Love
  • Forever and Ever
  • Forever in Love
  • From this day forward
  • Full Heart
  • Fun 2007!
  • Hand in Hand
  • Happiness And Continued Success!
  • Happiness In Everything!
  • Happy New Year!
  • Happy Times And Happy Memories!
  • He Blessed Our Lives
  • Heart is Breaking
  • Heart of Mine
  • Hey Cutie
  • Hold Me (distant love)
  • Hold On
  • How Much I Love You
  • Hugging My Pillow
  • I Always Knew
  • I am Complete
  • I Am Lost In You
  • I Believe
  • I Can't Function
  • I Dream of you
  • I Give to You
  • I Love Thee
  • I Love You Mower
  • I Love You Soo Much
  • I Love You So
  • I Love You with All I Am
  • I Still Love You
  • I Think of You
  • I Win with You
  • I wish
  • I Woof You
  • I Would Do Anything
  • I Would Give you Anything
  • I'll Be Your Man
  • If I Could
  • If I Knew
  • In Love
  • In My Heart
  • Inside My Heart
  • Internet Love
  • It's Your Move
  • Just You & Me
  • Just You
  • Kiss Coupon
  • Kisses, Hugs & Roses
  • Last Night was Hot!
  • Let's Get Frisky
  • Live With Me
  • Longing for You
  • Love at First Sight
  • Love Birds
  • Love for Granted
  • Love is in the Air
  • Love Remains
  • Love You Deeply
  • Made for Each Other
  • Magic of Flowers
  • Massage Coupon
  • Memories
  • Miracle of Love
  • Moonlit Waterfall
  • Most Beautiful Girl
  • My Eye on You
  • My Heart belongs to you
  • My Heart is Thinking
  • My Invitation
  • My Love
  • My Perfect Love
  • New Year... Happy Year!
  • Now and Forever
  • Now I Know
  • Old Together
  • One of the following:
  • Only You
  • Our Love Everyday
  • Our Love is Free
  • Our Love
  • Our Love is Strong
  • Our love is torn by miles
  • Our Love Nest
  • Our Love Will Last
  • Our Two Hearts
  • Our Wedding Day
  • P.M.S
  • Passionate Kiss
  • Peek-A-Boo
  • Pockets of Love
  • Promises Of Happy Times!
  • Puppy Love
  • Raising A Toast To Happy Times!
  • Red Rose
  • Romantic Picnic Coupon
  • Rose for my Love
  • Safe and Sound
  • Safe With You
  • Scale Greater Heights!
  • Search for One
  • Sending Kiss
  • Sending You My Love
  • Showers Of Love
  • So in Love
  • So Unique
  • Solitary Beauty
  • Someone at Last
  • Soul Mates
  • Soul Partners
  • Sparkling Happiness And Good Times!
  • Steamy Dream
  • Steamy Sex Coupon
  • Summer Love
  • Take My Hand
  • Teddy Bear & Roses
  • Tender Whispers
  • Thanks...Love
  • That Special Love
  • The Candle's Light
  • The Dance of Love
  • The Kiss
  • The Letter
  • The Long Haul
  • The Love Bugs
  • The Miracle of Love
  • The Mood for Love
  • The Sweet Taste of Love
  • The Time for Love
  • Thinking about you
  • Thinking of You
  • This Day Forward
  • This Feeling
  • Til the End of Time
  • Till Morning's Light
  • Till Morninig's Light
  • Times Are Hard, I Luv U
  • To New Spouse
  • Together Again
  • Together You and I
  • Touched by Love
  • True Love
  • Trunk Full Of Love
  • Twice Blest
  • Twilight Paradise
  • Two of a Kind
  • Unique Love
  • Unmatchable Beauty
  • Until the Day
  • Vacation Love
  • Waiting for You
  • Want to Meet?
  • Want You to Know
  • Warm New Year Hug!
  • Warmest Wishes For New Year!
  • We Are Different
  • We Have Walked
  • We're a Perfect Fit
  • When I look at you
  • When I'm With You
  • When You Fall in Love
  • Why I Love You
  • Wild Nights--Wild Nights
  • Will You?
  • Window of Beauty
  • Wine and Roses
  • Wish I Could Tell You
  • Wish Upon a Star
  • With All My Love
  • With All of My Heart
  • With This Ring
  • Without Your Love
  • Won't you dance with me
  • Words I Write
  • Worthy of You
  • Wrapped in Your Arms
  • Wrapped Up
  • You + Me
  • You and I
  • You and I Forever
  • You Are My Guiding Star
  • You are out of this world
  • You Asked Me Why
  • You Brighten My Day
  • You Lucky Duck!
  • You Rock Me!
  • You Were Worth the Wait
  • You're My Hero
  • You're so Far Away
  • You're Soo kissable
  • You're the One
  • Your Love Has Opened
  • Your Silly Smile

本文:
[ブランク]

添付ファイル:
次のうち、いずれか
  • Flash Postcard.exe
  • flashpostcard.exe
  • Greeting Card.exe
  • greeting postcard.exe
  • greetingcard.exe
  • greetingpostcard.exe
  • postcard.exe

推奨する感染予防策

Symantec Security Response encourages all users and administrators to adhere to the following basic security "best practices":

  • Use a firewall to block all incoming connections from the Internet to services that should not be publicly available. By default, you should deny all incoming connections and only allow services you explicitly want to offer to the outside world.
  • Enforce a password policy. Complex passwords make it difficult to crack password files on compromised computers. This helps to prevent or limit damage when a computer is compromised.
  • Ensure that programs and users of the computer use the lowest level of privileges necessary to complete a task. When prompted for a root or UAC password, ensure that the program asking for administration-level access is a legitimate application.
  • Disable AutoPlay to prevent the automatic launching of executable files on network and removable drives, and disconnect the drives when not required. If write access is not required, enable read-only mode if the option is available.
  • Turn off file sharing if not needed. If file sharing is required, use ACLs and password protection to limit access. Disable anonymous access to shared folders. Grant access only to user accounts with strong passwords to folders that must be shared.
  • Turn off and remove unnecessary services. By default, many operating systems install auxiliary services that are not critical. These services are avenues of attack. If they are removed, threats have less avenues of attack.
  • If a threat exploits one or more network services, disable, or block access to, those services until a patch is applied.
  • Always keep your patch levels up-to-date, especially on computers that host public services and are accessible through the firewall, such as HTTP, FTP, mail, and DNS services.
  • Configure your email server to block or remove email that contains file attachments that are commonly used to spread threats, such as .vbs, .bat, .exe, .pif and .scr files.
  • Isolate compromised computers quickly to prevent threats from spreading further. Perform a forensic analysis and restore the computers using trusted media.
  • Train employees not to open attachments unless they are expecting them. Also, do not execute software that is downloaded from the Internet unless it has been scanned for viruses. Simply visiting a compromised Web site can cause infection if certain browser vulnerabilities are not patched.
  • If Bluetooth is not required for mobile devices, it should be turned off. If you require its use, ensure that the device's visibility is set to "Hidden" so that it cannot be scanned by other Bluetooth devices. If device pairing must be used, ensure that all devices are set to "Unauthorized", requiring authorization for each connection request. Do not accept applications that are unsigned or sent from unknown sources.
  • For further information on the terms used in this document, please refer to the Security Response glossary.

記述: Ka Chun Leung and Mircea Ciubotariu

発見日: December 29, 2006
更新日: May 29, 2007 7:44:25 AM
別名: W32/Dref-V [Sophos], WORM_NUWAR.BH [Trend], WORM_NUWAR.EE [Trend], Win32/Luder.U [Computer Associates], Win32/Luder.O [Computer Associates], W32/Dref-AA [Sophos], W32/Tibs [Norman], W32/Dref@MM [McAfee], W32.Dref@mm [Sunbelt Software]
種別: Worm
感染サイズ: 17,559 バイト、47,235 バイト、48,259 バイト、51,310 バイト(異なります)
影響を受けるシステム: Windows

以下の手順は、Symantec AntiVirus および Norton AntiVirus 製品シリーズも含め、現在サポート対象となっているすべてのシマンテックアンチウイルス製品のお客様を対象にして記述されています。

  1. システムの復元機能を無効にします(Windows Me/XP)。
  2. ウイルス定義を最新版に更新します。
  3. システム全体のスキャンを実行します。
  4. レジストリに追加された値を削除します。
  5. SharedAccess サービスを再度有効化します(Windows 2000/XP のみ)。

具体的な手順については、以下のセクションをご覧ください。

1. システムの復元オプションを無効にする(Windows Me/XP)
Windows Me/XP をお使いの場合は、駆除作業を行う前にシステムの復元オプションを一時的に無効にしてください。 システムの復元機能は、Windows Me/XP の機能の一つで、標準では有効に設定されています。この機能は、Windows がコンピュータ上のファイルが破損した場合にそれらを自動的に復元するために使用されます。 コンピュータがウイルス、ワーム、またはトロイの木馬に感染した場合、ウイルス、ワーム、またはトロイの木馬のバックアップファイルが _RESTORE フォルダ内に作成されている可能性があります。

Windows は、ウイルス対策プログラムのような外部プログラムによるシステムの復元機能の改変を防止するように設定されています。 この理由により、ウイルス対策プログラムおよび駆除ツールでは _RESTORE フォルダ内に保存されている感染ファイルを削除することはできません。その結果、他のあらゆる場所から感染ファイルを削除した後でも、感染したファイルが誤って復元される可能性があります。

また、ウイルス対策プログラムでコンピュータをスキャンしたときに感染ファイルが検出されなかった場合でも、オンラインスキャンの実行時に _RESTORE フォルダ内の脅威が検出されることがあります。

システムの復元機能を無効にする方法については、Windows のマニュアルか、あるいは下記の文書のいずれかをご覧ください。

注意: 駆除作業が完全に終わり、脅威が駆除されたことを確認した時点で、上記のドキュメントに記載の手順を実行することでシステムの復元機能を有効な状態に戻してください。

システムの復元機能についての詳細および別の無効化方法については、「マイクロソフト サポート技術情報 - 263455 - _RESTORE フォルダにウィルスが発見された場合の対応方法について 」を参照してください。

2. ウイルス定義ファイルを更新する
ウイルス定義ファイルを最新版に更新します。 最新版のウイルス定義ファイルは、次の 2 通りの方法で入手できます。
  • LiveUpdate を使用して入手する方法:
  • Intelligent Updater を使用して入手する方法: Intelligent Updater は、シマンテックの Web サイトや FTP サイトで提供されています。ダウンロードしたプログラムを実行することで、そのコンピュータ上のウイルス定義ファイルを最新版に更新することができます。Intelligent Updater 形式のウイルス定義ファイルは、米国時間の平日(日本時間の火曜日~土曜日)に毎日アップロードされます。Intelligent Updater 形式のウイルス定義ファイルは LiveUpdate よりも早いタイミングでアップロードされますが、ベータリリースという位置付けではなく、アップロード前に完全な品質保証テストが行われています。

注意: Intelligent Updater は、ウイルス定義ファイルとスキャンエンジンの完全版をインストールするプログラムです。このため、前回からの差分のみをダウンロードする LiveUpdate に比べると、ダウンロードサイズが非常に大きな容量となります。このため、LiveUpdate で定期的にウイルス定義ファイルの更新を行い、疑わしいファイルからウイルスを検知できない場合などに、Intelligent Updater でウイルス定義ファイルを更新することをお薦めします。Intelligent Updater のウイルス定義ファイルは、こちら からダウンロードすることができます。ダウンロード、インストールする方法に関しては、こちら をご参照ください。

3. 感染ファイルを探して削除する
  1. シマンテックのウイルス対策ソフトを起動して、すべてのファイルがスキャン対象として設定されているか確認します。
  2. システム全体のスキャンを実行します。
  3. 何らかのファイルが検出された場合は、ご使用のアンチウイルスプログラムによって表示される手順に従ってください。
重要: Norton AntiVirus が感染ファイルを削除できないというメッセージが表示された場合、そのファイルは Windows で使用中の可能性があります。 このような場合には、コンピュータをセーフモードで再起動した後でスキャンを実行する必要があります。 コンピュータをセーフモードで再起動する方法については、「コンピュータをセーフモードで起動する方法 」をご覧ください。コンピュータがセーフモードで再起動したら、スキャンを再度実行してください。


ファイルの削除後、コンピュータを通常モードで再起動してから次のセクションに進んでください。

この時点でワームが完全に削除されていないと、コンピュータの再起動時に警告メッセージが表示される可能性があります。これらのメッセージは無視して、[OK] をクリックしてください。駆除手順の終了後は、コンピュータの再起動時に警告メッセージが表示されることはありません。警告メッセージは、次の内容に類似している可能性があります。

タイトル: [ファイルパス]
本文: Windows cannot find [ファイル名]. Make sure you typed the name correctly, and then try again. To search for a file, click the Start button, and then click Search.

4. レジストリから値を削除する
重要: システムレジストリに変更を行う際には、事前にバックアップを作成することを強くお勧めします。 レジストリに不適切な変更を行うと、データの喪失やファイルの破損など修復不可能な問題が生じる可能性があります。 指定されたキーのみを修正するよう注意してください。 レジストリの編集作業を始める前に必ず 「レジストリのバックアップ方法 」をお読みください。
  1. スタートメニューで[Run(ファイル名を指定して実行)] をクリックします。
  2. regedit と入力します。
  3. [OK] をクリックします。

    注意: レジストリエディタを開けない場合、トロイの木馬がレジストリを改ざんして、レジストリエディタへのアクセスを阻止している可能性があります。 Security Response はこの問題を解決するツールを開発しました。このツールをダウンロードして実行してから、駆除手順を続行してください。

  4. 次のレジストリエントリへナビゲートして、削除します。

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run\"Agent" = "%System%\ppl.exe"
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run\"Agent" = "%System%\ppl.exe"
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run\"Agent" = "%System%\alsys.exe"
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run\"Agent" = "%System%\alsys.exe"
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run\"taskdir"="%System32%\taskdir.exe"
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run\"adir"="%System32%\adirss.exe"

  5. 必要な場合は、次のレジストリエントリを以前の値へ復元します。

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\SharedAccess\"Start" = "4"

  6. レジストリエディタを終了します。
5. SharedAccess サービスを再度有効化する(Windows 2000/XP のみ)

SharedAccess サービスは、インターネット接続の共有、Windows のファイアウォールや Windows 内のインターネット接続のファイアウォールアプリケーションの維持を担当しています。(これらのアプリケーションの存在や名前は、オペレーティングシステムやご使用のサービスパックに応じて異なります。)これらのプログラムのいずれかを使っている場合は、コンピュータをプロテクトしネットワーク機能を維持するために、このサービスを再度有効化してください。


Windows XP Service Pack 2
Windows XP with Service Pack 2 を実行しており、かつ Windows ファイアウォールを使っている場合、SharedAccess サービスが停止されたときは、お使いのファイアウォールのステータスが unknown(未知)であることを示す警告バルーンを表示することによって、オペレーティングシステムがユーザーに警告を発します。Windows ファイアウォールを確実に再度有効化するには、次のステップを実行してください。

  1. [Start(スタート)]、[Control Panel(コントロール パネル)]の順にクリックします。

  2. [(Security Center)セキュリティセンター] をダブルクリックします。

  3. [security essential(セキュリティの重要項目)] で[Firewall(ファイアウォール)]が[ON(有効)]になっていることを確認します。

  4. 注意: [Firewall security essential(セキュリティの重要項目)]が[ON(有効)]に設定されている場合は、Windows の[Firewall(ファイアウォール)]が[ON(有効)]になっており、これらのステップを続ける必要はありません。

  5. [security essential(セキュリティの重要項目)]が[ON(有効)]に設定されていいない場合は、[Recommendations(推奨される対策案)]ボタンをクリックします。

  6. [Recommendations(推奨される対策案)] の下で、[Enable Now(今すぐ有効にする)]をクリックします。 Windows ファイアウォールがON(有効)になったことを示すウィンドウが表示されます。

  7. [Close(閉じる)]をクリックし、その後[OK]をクリックします。

  8. Windows セキュリティ センターを閉じます。

Windows 2000 または Windows XP Service Pack 1 またはそれより前のバージョン
次のステップを実行して、SharedAccess サービスを再度有効化してください。

  1. スタートメニューで[Run(ファイル名を指定して実行)] をクリックします。
  2. services.msc と入力します。

  3. その後、[OK]をクリックします。

  4. 次のいずれかを行います。

    Windows 2000: [Name(名前)]カラムの下で、Internet Connection Sharing (ICS) サービスを探しだし、それをダブルクリックします。
    Windows XP: [Named(名前)]カラムの下で、"Internet Connection Firewall (ICF) / Internet Connection Sharing (ICS)" サービスを探し出し、それをダブルクリックします。

  5. [Startup Type(スタートアップの種類)]の下でドロップダウンメニューから[Automatic(自動)]を選択します。

  6. [Service Status(サービスの状態)]の下で[Start(開始)]] ボタンをクリックします。

  7. いったんサービスが開始したら、[OK]をクリックします。

  8. [Services(サービス)]ウィンドウを閉じます。

記述: Ka Chun Leung and Mircea Ciubotariu