発見日: April 04, 2007
更新日: August 19, 2008 10:31:09 PM
種別: Virus
感染サイズ: 6,128 バイト

Linux.Podloso は、侵入先デバイス上の特定の iPodLinux ファイルに感染する、コンセプト証明を目的に作成されたウイルスです。

注意: 2007 年 4 月 9 日以前のウイルス定義では、この脅威を Linux.Noslo として検出します。

ウイルス対策日

  • Rapid Release 初回バージョン April 05, 2007
  • Rapid Release 最新バージョン September 28, 2010 リビジョン 054
  • Daily Certified 初回バージョン April 05, 2007
  • Daily Certified 最新バージョン September 28, 2010 リビジョン 036
  • Weekly Certified 初回リリース日 April 11, 2007

Click here for a more detailed description of Rapid Release and Daily Certified virus definitions.

記述: Peter Ferrie

発見日: April 04, 2007
更新日: August 19, 2008 10:31:09 PM
種別: Virus
感染サイズ: 6,128 バイト

この脅威の名称を、Linux.Noslo から Linux.Podloso へ変更しました。

このウイルスは、次のファイルとして届くと報告されています。
oslo.mod.so

このウイルスは、実行時に、/usr/lib ディレクトリとすべてのサブディレクトリを検索し、ファイル名に次の文字列を含むすべての iPodLinux ファイルに感染しようとします。
mod.so

これが Linux ファイルであるかどうかと、感染済かどうかを確認するために、ELF ファイル内部を調査します。

いったん 1 つの ELF ファイルに感染すると、他の ELF ファイルへと感染を繰り返しますが、その後には host コードを実行しません。

このウイルスは、いったん感染ルーチンを完了すると、次のメッセージを表示します。
You are infected with [削除済み]e first iPodLinux Virus

また、Linux シャットダウン時に、事前に設定済の挨拶を含むメッセージを表示します。

推奨する感染予防策

Symantec Security Response encourages all users and administrators to adhere to the following basic security "best practices":

  • Use a firewall to block all incoming connections from the Internet to services that should not be publicly available. By default, you should deny all incoming connections and only allow services you explicitly want to offer to the outside world.
  • Enforce a password policy. Complex passwords make it difficult to crack password files on compromised computers. This helps to prevent or limit damage when a computer is compromised.
  • Ensure that programs and users of the computer use the lowest level of privileges necessary to complete a task. When prompted for a root or UAC password, ensure that the program asking for administration-level access is a legitimate application.
  • Disable AutoPlay to prevent the automatic launching of executable files on network and removable drives, and disconnect the drives when not required. If write access is not required, enable read-only mode if the option is available.
  • Turn off file sharing if not needed. If file sharing is required, use ACLs and password protection to limit access. Disable anonymous access to shared folders. Grant access only to user accounts with strong passwords to folders that must be shared.
  • Turn off and remove unnecessary services. By default, many operating systems install auxiliary services that are not critical. These services are avenues of attack. If they are removed, threats have less avenues of attack.
  • If a threat exploits one or more network services, disable, or block access to, those services until a patch is applied.
  • Always keep your patch levels up-to-date, especially on computers that host public services and are accessible through the firewall, such as HTTP, FTP, mail, and DNS services.
  • Configure your email server to block or remove email that contains file attachments that are commonly used to spread threats, such as .vbs, .bat, .exe, .pif and .scr files.
  • Isolate compromised computers quickly to prevent threats from spreading further. Perform a forensic analysis and restore the computers using trusted media.
  • Train employees not to open attachments unless they are expecting them. Also, do not execute software that is downloaded from the Internet unless it has been scanned for viruses. Simply visiting a compromised Web site can cause infection if certain browser vulnerabilities are not patched.
  • If Bluetooth is not required for mobile devices, it should be turned off. If you require its use, ensure that the device's visibility is set to "Hidden" so that it cannot be scanned by other Bluetooth devices. If device pairing must be used, ensure that all devices are set to "Unauthorized", requiring authorization for each connection request. Do not accept applications that are unsigned or sent from unknown sources.
  • For further information on the terms used in this document, please refer to the Security Response glossary.

記述: Peter Ferrie

発見日: April 04, 2007
更新日: August 19, 2008 10:31:09 PM
種別: Virus
感染サイズ: 6,128 バイト

次の手引きは、Symantec AntiVirus for Linux 向けの記述です。

  1. ウイルス定義を最新版に更新します。
  2. システム全体のスキャンを実行します。

1. ウイルス定義ファイルを更新するには
ウイルス定義ファイルを最新版に更新します。最新版のウイルス定義ファイルは、次の 2 通りの方法で入手可能です。
  • For Symantec AntiVirus for Linux, LiveUpdate definitions are updated daily.
  • 定義のダウンロード方法 Intelligent Updater をご利用の場合. Intelligent Updater は、シマンテックの Web サイトや FTP サイトで提供されています。ダウンロードしたプログラムを実行することで、そのコンピュータ上のウイルス定義ファイルを最新版に更新することができます。Intelligent Updater 形式のウイルス定義ファイルは、米国時間の平日(日本時間の火曜日~土曜日)に毎日アップロードされます。Intelligent Updater 形式のウイルス定義ファイルは LiveUpdate よりも早いタイミングでアップロードされますが、ベータリリースという位置付けではなく、アップロード前に完全な品質保証テストが行われています。

2. 感染ファイルを探して削除する

Linux でシステム全体のスキャンを実行するには、コマンドラインを開き、次を入力します。

sav manualscan --scan /

何らかのファイルを検出する場合には、ご利用のアンチウイルスプログラムの表示する手順に従います。

記述: Peter Ferrie