発見日: December 23, 2008
更新日: August 09, 2012 1:17:52 AM
別名: TROJ_GENETIK.TI [Trend], Email-Worm:W32/Waledac.A [F-Secure], Troj/Waled-C [Sophos], WORM_WALEDAC.C [Trend], WORM_WALEDAC.AB [Trend], WORM_WALEDAC.AS [Trend], Iksmas.A.worm [Panda Software], WORM_WALEDAC.AI [Trend], W32/Waled-Q [Sophos], W32/Waled-R [Sophos], Trojan:W32/Waledac.A [F-Secure], Troj/Waled-U [Sophos], W32/Waled-Z [Sophos], Troj/Waled-AB [Sophos], W32/Waled-AF [Sophos], Win32/Waledac.AJ [Computer Associates], Mal/WaledPak-B [Sophos], WORM_WALEDAC.BK [Trend], W32/Waled-AW [Sophos], Win32/Waledac.Z [Computer Associates], Mal/WaledPak-D [Sophos], WORM_WALEDAC.CRV [Trend], WORM_WALEDAC.ED [Trend], W32/Waledac.AX [Panda Software], WORM_WALEDAC.DU [Trend]
種別: Worm
感染サイズ: 386,560 バイト
影響を受けるシステム: Windows

W32.Waledac は、自分自身のコピーへのリンクを含む電子メールを送信することにより拡散するワームです。また、スパムメールの送信や他の脅威のダウンロードを実行し、ボットネットの一部として動作します。

感染
W32.Waledac は、多くのワームに見られる従来型の方法で他のコンピュータに自分自身を送信して、自動的に拡散することはありません。その代わり、この脅威を操作する攻撃者は、定期的に攻撃を開始することによってこのワームを拡散します。これには、一般にスパム攻撃や偽の Web サイトが利用され、ソーシャルエンジニアリング手法を用いてユーザーにさまざまな操作を実行させて、その結果この脅威がインストールされるようにします。

また、W32.Waledac は他の脅威にバンドルされたり、他の脅威によってダウンロードされることもあります。Waledac と他の脅威との関係は、明らかではありませんが、この脅威の多用途性に関係があると考えられます。


機能
W32.Waledac の主要目的は収入を得ることです。これは、スパム送信、およびミスリーディングアプリケーションのダウンロードとインストールによって実現されます。Waledac が送信するスパムは、信頼できそうにないベンダーに関係した製品用のものと思われます。この脅威によってインストールされる可能性があるミスリーディングアプリケーションは、そのアプリケーションの代金をユーザーに支払わせようと試みます。どちらのケースでも、Waledac を操作する攻撃者は、ミスリーディングアプリケーションによる収益の一部を受け取ったり、スパム送信用に手数料を取って帯域幅をリースすることによって収入を得ている可能性があります。

また、Waledac は、保護機構と分散アーキテクチャを使って駆除を困難にすることによって、堅牢なボットネットを維持します。



地理的分布
シマンテックでは、この脅威について、次の地理的分布を観測しています。






感染率
シマンテックでは、この脅威について、次の感染レベルを観測しています。



ウイルス対策シグネチャ



ウイルス対策 (ヒューリスティック/汎用)


侵入防止システム (英語)

ウイルス対策日

  • Rapid Release 初回バージョン December 23, 2008 リビジョン 002
  • Rapid Release 最新バージョン June 19, 2018 リビジョン 005
  • Daily Certified 初回バージョン December 23, 2008 リビジョン 007
  • Daily Certified 最新バージョン June 19, 2018 リビジョン 008
  • Weekly Certified 初回リリース日 December 24, 2008

Click here for a more detailed description of Rapid Release and Daily Certified virus definitions.

記述: Ben Nahorney

発見日: December 23, 2008
更新日: August 09, 2012 1:17:52 AM
別名: TROJ_GENETIK.TI [Trend], Email-Worm:W32/Waledac.A [F-Secure], Troj/Waled-C [Sophos], WORM_WALEDAC.C [Trend], WORM_WALEDAC.AB [Trend], WORM_WALEDAC.AS [Trend], Iksmas.A.worm [Panda Software], WORM_WALEDAC.AI [Trend], W32/Waled-Q [Sophos], W32/Waled-R [Sophos], Trojan:W32/Waledac.A [F-Secure], Troj/Waled-U [Sophos], W32/Waled-Z [Sophos], Troj/Waled-AB [Sophos], W32/Waled-AF [Sophos], Win32/Waledac.AJ [Computer Associates], Mal/WaledPak-B [Sophos], WORM_WALEDAC.BK [Trend], W32/Waled-AW [Sophos], Win32/Waledac.Z [Computer Associates], Mal/WaledPak-D [Sophos], WORM_WALEDAC.CRV [Trend], WORM_WALEDAC.ED [Trend], W32/Waledac.AX [Panda Software], WORM_WALEDAC.DU [Trend]
種別: Worm
感染サイズ: 386,560 バイト
影響を受けるシステム: Windows

1. 防御と回避
1.1 ユーザーの対処と予防策
1.2 オペレーティングシステムとソフトウェアへのパッチの適用
2. 感染方法
2.1 電子メール
2.2 偽の Web サイト
2.3 他の脅威とのバンドル
3. 機能
3.1
システムの変更
3.2 ネットワーク関連操作
3.3 スパムメール送信
3.4 その他のセキュリティリスクのダウンロード
3.5 Infostealer
3.6 ボットネットトポロジー
4. 追加情報



1. 防御と回避
この脅威によるリスクを回避または最小限にするために、次のアクションを実行してください。


1.1 ユーザーの対処と予防策
W32.Waledac は、ソーシャルエンジニアリング手法を活用してコンピュータに感染します。攻撃者が使用するスパムメールでは、最新のニュース記事や季節休暇に言及したり、その他のさまざまな策略を用いてユーザーをだまそうと試みます。

上記のような電子メールに含まれるリンクには警戒する必要があります。通常、マウスポインタをリンクの上に乗せるなどの基本的なチェックにより、リンク先を確認することができます。Norton セーフウェブなどのオンライン Web サイト評価サービスを利用して、そのサイトの安全性を確認することができます。


1.2 オペレーティングシステムとソフトウェアへのパッチの適用
この脅威を操る攻撃者は、エクスプロイトパックを使用して Web ページを細工し、コンピュータの脆弱性を悪用して W32.Waledac に感染させることが確認されています。オペレーティングシステムとインストール済みのソフトウェアに間違いなくパッチが適用されていて、ウイルス対策ソフトウェアおよびファイアウォールソフトウェアが最新の状態で動作可能であることを確認してください。可能であれば自動更新を有効にし、最新のパッチや更新プログラムが利用可能になったときにコンピュータが受信できるようにしておきます。



2. 感染方法
この脅威は、さまざまな方法でコンピュータに感染することが確認されています。それらの方法について、詳細に説明します。


2.1 電子メール
Waledac を操作する攻撃者は、最新の検索用語や話題性のあるニュース記事をベースにした件名とメッセージ本文を使って、定期的にスパム攻撃を実行します。これには、クリスマスのメッセージ2009 年合衆国大統領選挙バレンタインデー7 月 4 日の独立記念日恋人の素行調査 などのさまざまなトピックが使用されます。 これらの電子メールには、通常、悪質な Web サイトでホストされている Waledac バイナリをポイントするリンクが含まれます。それ以外の場合は、偽の Web サイトが利用されます。このサイトは、策略を駆使して、被害を受けやすいコンピュータを悪用し、有害なソフトウェアをコンピュータにインストールします。


2.2 偽の Web サイト
Waledac を操作する攻撃者によって作成される偽の Web サイトは、さまざまな方法で機能します。それらのサイトでは、既知の (またはゼロデイ) 脆弱性を悪用することに重点を置いて、ドライブバイダウンロード型の攻撃を試みる可能性があります。また、Waledac の作成者は、次の例のように、かなり精巧な Web サイトを作成し、正当性を追加することによってユーザーをだましてこの脅威をインストールさせようと試みます。




2.3 他の脅威とのバンドル
Waledac は、自分自身で拡散するだけでなく、驚異的な数の他の脅威と一緒に出現しています。特に、Trojan.PeacommW32.DownadupTrojan.Bredolab などの脅威が、Waledac と連携していることが確認されています。これらの脅威と Waledac との関連性は不明ですが、コンピュータが侵害された後、その機能を証明するものであると考えられます。



3. 機能


3.1 システムの変更
Waledac のインストールファイルは、スパム攻撃やホスティングサイトごとに、状況に応じてファイル名が変更されるため、多様に変化します。たとえば、サーバー側ポリモーフィズムを利用して、悪質なドメインでホストされている実行可能ファイルが定期的に再パックおよび暗号化されることもあります。これは、この脅威が最初にコンピュータに到達したときに、ファイルベースの検出から逃れるための試みであると考えられます。

Waledac のインストールで一貫性のあるアイテムは、作成されるレジストリエントリの名前です。実行可能ファイルの名前は変化しますが、「PromoReg」というレジストリエントリが、次のロケーションで見つかります。

  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run\"PromoReg" = "[脅威のパス]"
  • HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run\"PromoReg" = "[脅威のパス]"

また、自分自身の設定エントリをレジストリに追加し、「CurrentVersion」サブキーに隠します。値は異なりますが、エントリは次のとおりです。

  • HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\"FWDone"
  • HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\"LastCommandId"
  • HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\"MyID"
  • HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\"RList"


3.2 ネットワーク関連操作
Waledac はネットワーク接続を使って、スパムメールの送信、他の脅威のダウンロード、侵入先のコンピュータから盗み取った情報の送信などの主要機能を実行します。これらの機能については、次のセクションで詳細に説明します。

それ以外に、Waledac は自分自身の更新ファイルや、追加の機能を提供する新しいコンポーネントをダウンロードする機能も備えています。更新ファイルの 1 つである WinPcap は、ネットワークトラフィックを監視するための正規のアプリケーションです。ただし、この脅威はそのアプリケーションを好意的とは言えない目的で利用し、情報の盗み取りに役立てます。

Waledac は、バイナリファイルを特別に細工した .jpg ファイルに隠すことにより、多くのダウンロードアクティビティを隠ぺいしようと試みます。これらのファイルには完全な実行可能コードが含まれ、後で Waledac が読み込んで実行することができます。ただし、これらのファイルは JPEG 機能をそのまま保持します。ファイルを開くと、ファイルに異常なところなど何もないかのように .jpg 画像が表示されます。


3.3 スパムメール
ワームの Waledac ファミリーを操作する攻撃者は、金銭を目的としていると考えられます。このため、スパムメール送信は機能リストの上位に挙げられます。この脅威は、疑わしい製品やサービスに関する電子メールを大量に送信します。これらの広告は、不審な求人、医薬品、オンラインカジノの広告など、広範に及びます。

Waledac がインストールされると、スパム機能を促進するために、事前に定義されたファイルの種類を検索します。侵入先のコンピュータで見つかった電子メールアドレスを収集し、スパムの送信先アドレスリストに追加します。


3.4 その他のセキュリティリスクのダウンロード
Waledac は、侵入先のコンピュータに他の脅威をダウンロードすることも確認されています。特定のミスリーディングアプリケーションでは、Spyware Protect 2009 、System Security 2009、MS AntiSpyware 2009 などの名前が使用されています。



Waledac の作成者は収入を得ることを目的としているため、「購入された」ミスリーディングアプリケーションが Waledac によってインストールされた後、そのインストールによる収益の分け前を受け取っている可能性があります。


3.5 Infostealer
Waledac は、FTP、POP3、SMTP、HTTP 通信などの標準的なインターネットトラフィックを監視して、ユーザー名、パスワード、IP アドレス、サーバー情報などの機密情報を検索します。収集された情報は Waledac が制御するサーバーに送信されますが、その後、他のコンピュータを見つけて制御するためにそのデータが使用される可能性はあるものの、実際にそのデータで何が行われているかは不明です。

3.6 ボットネットトポロジー
Waledac に感染したコンピュータが参加するボットネットは、次の 3 種類のノードで構成されます。

  • スレーブノード: スパム送信、他の脅威のインストール、情報の盗み取りなど、この脅威のさまざまな機能を実行します。
  • リレーノード: 高速インターネット接続が可能な感染済みコンピュータは、スレーブノードと Command and Control (C&C) サーバー間のトラフィックをプロキシするためにしばしば使用されます。このノードの目的は、複数ポイントを経由してトラフィックを送信することです。これにより、C&C サーバーとスレーブノードの場所を見つけて停止させるのがより困難になります。
  • C&C サーバー: このノードは、リレーノードを介してスレーブノードに命令を送信します。命令はスレーブノードで実行されます。




4. 追加情報
Waledac は、さまざまな高度な機能を使って自分自身を実行し続け、本来の目的を果たします。これには、独自の多様な通信プロトコル、Fast-flux DNS ネットワーク、共有ノード IP リストなどが含まれます。

これらの高度な機能については、「W32.Waledac Threat Analysis 」(英語) で詳細に分析されています。

また、W32.Waledac に関する一連のブログエントリ で、この脅威に関連するその他のトピックを取り上げています。

推奨する感染予防策

Symantec Security Response encourages all users and administrators to adhere to the following basic security "best practices":

  • Use a firewall to block all incoming connections from the Internet to services that should not be publicly available. By default, you should deny all incoming connections and only allow services you explicitly want to offer to the outside world.
  • Enforce a password policy. Complex passwords make it difficult to crack password files on compromised computers. This helps to prevent or limit damage when a computer is compromised.
  • Ensure that programs and users of the computer use the lowest level of privileges necessary to complete a task. When prompted for a root or UAC password, ensure that the program asking for administration-level access is a legitimate application.
  • Disable AutoPlay to prevent the automatic launching of executable files on network and removable drives, and disconnect the drives when not required. If write access is not required, enable read-only mode if the option is available.
  • Turn off file sharing if not needed. If file sharing is required, use ACLs and password protection to limit access. Disable anonymous access to shared folders. Grant access only to user accounts with strong passwords to folders that must be shared.
  • Turn off and remove unnecessary services. By default, many operating systems install auxiliary services that are not critical. These services are avenues of attack. If they are removed, threats have less avenues of attack.
  • If a threat exploits one or more network services, disable, or block access to, those services until a patch is applied.
  • Always keep your patch levels up-to-date, especially on computers that host public services and are accessible through the firewall, such as HTTP, FTP, mail, and DNS services.
  • Configure your email server to block or remove email that contains file attachments that are commonly used to spread threats, such as .vbs, .bat, .exe, .pif and .scr files.
  • Isolate compromised computers quickly to prevent threats from spreading further. Perform a forensic analysis and restore the computers using trusted media.
  • Train employees not to open attachments unless they are expecting them. Also, do not execute software that is downloaded from the Internet unless it has been scanned for viruses. Simply visiting a compromised Web site can cause infection if certain browser vulnerabilities are not patched.
  • If Bluetooth is not required for mobile devices, it should be turned off. If you require its use, ensure that the device's visibility is set to "Hidden" so that it cannot be scanned by other Bluetooth devices. If device pairing must be used, ensure that all devices are set to "Unauthorized", requiring authorization for each connection request. Do not accept applications that are unsigned or sent from unknown sources.
  • For further information on the terms used in this document, please refer to the Security Response glossary.

記述: Ben Nahorney

発見日: December 23, 2008
更新日: August 09, 2012 1:17:52 AM
別名: TROJ_GENETIK.TI [Trend], Email-Worm:W32/Waledac.A [F-Secure], Troj/Waled-C [Sophos], WORM_WALEDAC.C [Trend], WORM_WALEDAC.AB [Trend], WORM_WALEDAC.AS [Trend], Iksmas.A.worm [Panda Software], WORM_WALEDAC.AI [Trend], W32/Waled-Q [Sophos], W32/Waled-R [Sophos], Trojan:W32/Waledac.A [F-Secure], Troj/Waled-U [Sophos], W32/Waled-Z [Sophos], Troj/Waled-AB [Sophos], W32/Waled-AF [Sophos], Win32/Waledac.AJ [Computer Associates], Mal/WaledPak-B [Sophos], WORM_WALEDAC.BK [Trend], W32/Waled-AW [Sophos], Win32/Waledac.Z [Computer Associates], Mal/WaledPak-D [Sophos], WORM_WALEDAC.CRV [Trend], WORM_WALEDAC.ED [Trend], W32/Waledac.AX [Panda Software], WORM_WALEDAC.DU [Trend]
種別: Worm
感染サイズ: 386,560 バイト
影響を受けるシステム: Windows

お使いのシマンテック製品がこのリスクについて警告した場合、またはこのリスクへの感染について懸念がある場合は、このページをご確認ください。

次に進む前に、Symantec Full System Scan User Guide (英語) を参照して、システムの完全スキャンを実行することをお勧めします。それでも問題が解決されない場合は、次のいずれかのオプションをお試しください。



Norton (個人向け) 製品のお客様
お客様が Norton 製品のユーザーである場合、このリスクの駆除に関する以下の情報を参照することをお勧めします。

駆除ツール


感染した Windows システムファイルがある場合は、Windows のインストール CD を使用してファイルの置き換え が必要な場合があります。


感染のリスクを軽減する方法
感染のリスクの軽減に役立つ詳細情報とベストプラクティスを、次のサイトで確認できます。


ビジネス (企業、法人向け) 製品のお客様
お客様がシマンテックのビジネス製品のユーザーである場合、このリスクの駆除に関する以下の情報を参照することをお勧めします。

疑わしいファイルの特定と提出
提出された疑わしいファイルにより、シマンテックでは、保護機能が絶えず変化し続ける脅威の動向に対応していることを確認できます。提出されたファイルはシマンテックセキュリティレスポンスによって解析され、必要な場合は、更新された定義が LiveUpdate™ を介して直ちに配布されます。これにより、周辺のその他のコンピュータを攻撃から確実に保護することができます。シマンテックに提出する疑わしいファイルを特定する方法は、次のサイトで確認できます。


駆除ツール

感染した Windows システムファイルがある場合は、「How to use the Symantec Endpoint Recovery Tool to replace an infected file 」(英語) に記載の手順によるファイルの置き換えが必要な場合があります。


感染のリスクを軽減する方法
感染のリスクの軽減に役立つ詳細情報とベストプラクティスを、次のサイトで確認できます。
セキュリティのベストプラクティス - インターネットのあらゆる脅威を阻止する



手動による駆除
以下の手順は、現在サポート対象のシマンテック製ウイルス対策製品のすべてを対象に記述されています。

1. システムの完全スキャンの実行
Symantec Full System Scan User Guide (英語)


2. レジストリの設定の復元
レジストリを改ざんするリスクは多く、侵入先のコンピュータの機能または処理速度に影響を与える可能性があります。改ざんの多くは、さまざまな Windows コンポーネントによって復元することができますが、レジストリの編集が必要な可能性があります。作成または改ざんされたレジストリキーに関する情報については、この文書の「テクニカルノート」を参照してください。このリスクによって作成されたレジストリサブキーとレジストリエントリを削除して、すべての改ざんされたレジストリエントリを以前の値に戻します。

記述: Ben Nahorney