発見日: August 18, 2009
更新日: June 08, 2015 4:45:41 AM
別名: Win32/VBObfus.GH [NOD32], W32/VBNA-X [Sophos], WORM_VOBFUS [Trend], Win32/Vobfus.MD [Microsoft], Trj/CI.A [Panda Software], W32/Autorun.worm.aaeh [McAfee], Worm.Win32.VBNA.b [Kaspersky], Gen:Variant.Symmi.6831 [F-Secure], TrojanDownloader:Win32/Beebone.gen!A [Microsoft], Mal/Beebone-A [Sophos]
種別: Worm
感染サイズ: 128,000 バイト
影響を受けるシステム: Windows
CVE 識別番号: CVE-2010-2568

W32.Changeup は、リムーバブルドライブとマップされたドライブを介して拡散するワームです。また、「Microsoft Windows Shortcut 'LNK' Files Automatic File Execution Vulnerability 」(BID 41732) (英語) を悪用することにより拡散する可能性があります。 このワームは、特定のファイル共有プログラムを介して拡散することもあります。

このワームは、侵入先のコンピュータに追加の脅威やミスリーディングアプリケーションをダウンロードします。

感染
このワームは、リムーバブルドライブとマップされたドライブを介して拡散します。また、Windows の自動実行 (AutoRun) 機能を使って自動的に実行されます。

このワームは、侵入先のコンピュータに複数の .lnk ファイルを作成し、「Microsoft Windows Shortcut 'LNK/PIF' Files Automatic File Execution Vulnerability (BID 41732)」(英語) を悪用して拡散します。

また、このワームは侵入先のコンピュータにファイル共有プログラムをインストールし、ファイル共有に誘導するために選択された複数の名前を使用して、その共有フォルダに自分自身をコピーすることにより拡散しようと試みます。


機能
この脅威の主要機能は、侵入先のコンピュータに追加のマルウェアをダウンロードすることです。この脅威の作成者は、マルウェアを配布して金儲け をしようと試みるアフィリエイトに関連している可能性があります。


ポリモーフィズム
このワームは、ファイルのダウンロード元となる URL を動的に生成することによりポリモーフィズムを実現します。また、このワームは侵入先のコンピュータに自分自身のコピーを多数作成しますが、各コピーには複数の一意的に変更されたバイトが含まれます。これは、ファイルハッシュに基づくシンプルで静的なウイルス対策の検出を回避しようとする試みによるものです。



地理的分布
シマンテックでは、この脅威について、次の地理的分布を観測しています。







感染率
シマンテックでは、この脅威について、次の感染レベルを観測しています。





シマンテックの保護対策の概要
シマンテックは、この脅威ファミリーに対する保護対策として次のコンテンツを提供しています。

ウイルス対策シグネチャ


ウイルス対策 (ヒューリスティック/汎用)

ブラウザ保護
シマンテック製品のブラウザ保護機能は、Web ブラウザを利用した感染の防御に効果を発揮します。


侵入防止システム (英語)
HTTP W32 ChangeUp Worm Activity
System Infected: W32.Changeup Worm Activity
System Infected: W32.Changeup Worm Activity 2
System Infected: W32.Changeup Worm Activity 3


自動実行と W32.Changeup
リムーバブルドライブまたはネットワークドライブ上にある autorun.inf ファイルが参照するアプリケーションの実行を制御できるように、特別な措置を講じることを強く推奨します。このワームのような脅威は、しばしばこの手段を使って他のコンピュータに拡散しようと試みます。コンピュータの設定を変更することによって、新しい脅威による侵害の危険性を限定できます。

詳細については、次の文書を参照してください。
自動再生機能を使用して CD-ROM や USB メモリなどからウイルスが拡散することを防ぐ方法


Symantec Endpoint Protection - アプリケーションとデバイス制御
シマンテックセキュリティレスポンスは、この脅威に関連するアクティビティからコンピュータを保護するために Symantec Endpoint Protection のアプリケーションとデバイス制御 (ADC) ポリシーを開発しました。 アプリケーションとデバイス制御ポリシーを利用すると、コンピュータに対する脅威の感染リスクを軽減し、不用意なデータの削除を回避し、コンピュータ上で実行するプログラムを制限することができます。

このアプリケーションとデバイス制御ポリシーは、あるコンピュータから他のコンピュータに拡散する能力を低下させたり排除することができるため、この脅威のアウトブレーク発生時の対応に利用することができます。ネットワーク内でこの脅威がアウトブレークした場合、このポリシー をダウンロードしてください。

ポリシーを使用するには、この文書 (英語) を参照して、Symantec Endpoint Protection Manager に .dat ファイルをインポートしてください。クライアントコンピュータに配布する場合は、このポリシーによる通常のネットワークおよびコンピュータ使用への影響を確認するために、最初にテスト (ログのみ) モードを使用することを推奨します。一定期間ポリシーを観察し、有効にした場合の環境への影響を確認した後、実働 モードでポリシーを配備し、アクティブ保護を有効にします。

詳細については、次の文書を参照してください。「Preventing viruses using "autorun.inf" from spreading with "Application and Device Control" policies in Symantec Endpoint Protection (SEP) 11.x 」(英語)

アプリケーションとデバイス制御ポリシー、および組織内での配備方法に関する詳細については、「Symantec Endpoint Protection および Symantec Network Access Control 管理者ガイド 」(PDF) を参照してください。

注意: 上記のアプリケーションとデバイス制御ポリシーは、脅威のアウトブレークに対して使用するためにシマンテックセキュリティレスポンスで開発されました。このような状況では役立ちますが、制約的な性質上、通常業務に影響を及ぼす可能性があります。

さまざまな事前対策を実施して、ご使用の環境のセキュリティを強化することを推奨します。「Symantec Endpoint Protection - ベストプラクティス 」を参照してください。

ウイルス対策日

  • Rapid Release 初回バージョン August 17, 2009 リビジョン 052
  • Rapid Release 最新バージョン May 25, 2018 リビジョン 025
  • Daily Certified 初回バージョン August 17, 2009 リビジョン 054
  • Daily Certified 最新バージョン May 25, 2018 リビジョン 017
  • Weekly Certified 初回リリース日 August 19, 2009

Click here for a more detailed description of Rapid Release and Daily Certified virus definitions.

記述: Éamonn Young, Hatsuho Honda, and Henry Bell

発見日: August 18, 2009
更新日: June 08, 2015 4:45:41 AM
別名: Win32/VBObfus.GH [NOD32], W32/VBNA-X [Sophos], WORM_VOBFUS [Trend], Win32/Vobfus.MD [Microsoft], Trj/CI.A [Panda Software], W32/Autorun.worm.aaeh [McAfee], Worm.Win32.VBNA.b [Kaspersky], Gen:Variant.Symmi.6831 [F-Secure], TrojanDownloader:Win32/Beebone.gen!A [Microsoft], Mal/Beebone-A [Sophos]
種別: Worm
感染サイズ: 128,000 バイト
影響を受けるシステム: Windows
CVE 識別番号: CVE-2010-2568

1. 防御と回避
1.1 ユーザーの対処と予防策
1.2 オペレーティングシステムとソフトウェアへのパッチの適用
2. 感染方法
2.1 リムーバブルドライブ
2.2 リモートから悪用可能な脆弱性
2.3 ファイル共有プログラム
3. 機能
3.1 システムの変更
3.2 ネットワーク関連操作
3.3 その他の機能
4. 追加情報



1. 防御と回避
この脅威によるリスクを回避または最小限にするために、次のアクションを実行してください。


1.1 ユーザーの対処と予防策
未知のソースからのファイルを開いたり実行したりしないでください。また、不要な場合はリムーバブルドライブを切断することを推奨します。書き込みアクセスが不要な場合は、利用可能であれば読み取り専用モードを有効にします。

リムーバブルドライブ上で自動的に実行可能ファイルが起動されないように、AutoPlay 機能を無効にしておきます。追加情報については、次の記事を参照してください。「自動再生機能を使用して CD-ROM や USB メモリなどからウイルスが拡散することを防ぐ方法

不要な場合は、ファイル共有を無効にしてください。ファイル共有が必要な場合は、ACL とパスワード保護機能を使用してアクセスを制限します。また、ファイアウォールや IDS を利用して、バックドアサーバーとリモートクライアントアプリケーションとの通信をブロック、または検出します。


1.2 オペレーティングシステムとソフトウェアへのパッチの適用
オペレーティングシステムとインストール済みのソフトウェアに間違いなくパッチが適用されていて、ウイルス対策とファイアウォールソフトウェアが最新の状態で動作可能であることを確認してください。可能であれば自動更新を有効にし、ベンダーから最新のパッチや更新プログラムが配布されたときにコンピュータが受信できるようにしておきます。

この脅威は、特定の脆弱性を悪用して拡散することが確認されています。次の脆弱性 (英語) に対応したパッチを適用することにより、感染のリスクを軽減できます。
Microsoft Windows Shortcut 'LNK/PIF' Files Automatic File Execution Vulnerability (BID 41732)


2. 感染方法
このワームは、リムーバブルドライブとマップされたドライブを介して拡散します。また、次の脆弱性 (英語) を悪用することにより拡散します。
Microsoft Windows Shortcut 'LNK/PIF' Files Automatic File Execution Vulnerability (BID 41732)

このワームは、ファイル共有ネットワークを介した斬新な拡散手段を使用します。侵入先のコンピュータにファイル共有プログラムをインストールし、そのプログラムの共有フォルダに自分自身をコピーすることにより拡散します。

上記の技法については、次のセクションで詳細に説明します。


2.1 リムーバブルドライブ
W32.Changeup は、自動実行機能を使用して拡散します。これは、ドライブがアクセスされたときに自動的に実行可能ファイルを実行する Windows の機能の 1 つです。このワームは、リムーバブルドライブに、自分自身と autorun.inf という名前の設定ファイルをコピーします。autorun.inf はシンプルなテキストファイルで、ファイルの表示方法と実行のオプションを指定する情報が含まれています。これは、自動実行機能を有効にした他のコンピュータにリムーバブルドライブが挿入されたときに、このワームが拡散されることを意味します。

この記事 (英語) を参照してこの機能を無効にし、リムーバブルデバイスがコンピュータに挿入されたときに実行されないようにしておくことをお勧めします。また、最新バージョンの Windows や特定の更新プログラムを適用したシステムでは、デフォルトで非光学式リムーバブルドライブの自動実行機能が無効になっていることに注意してください。

リムーバブルドライブは、使用しないときは切断し、書き込みアクセスが不要なときは、読み取り専用モードのオプションを利用できる場合はそれを有効にします。


2.2 リモートから悪用可能な脆弱性

このワームは、侵入先のコンピュータに複数の .lnk ファイルをコピーします。コピーされたファイルは、次の脆弱性 (英語) を悪用して、この脅威を実行して拡散します。
Microsoft Windows Shortcut 'LNK/PIF' Files Automatic File Execution Vulnerability (BID 41732)


2.3 ファイル共有プログラム
ファイル共有プログラムを使用して他のコンピュータに拡散する脅威は多数存在します。通常、それらの脅威は、侵入先のコンピュータでファイル共有プログラムの共有フォルダを探し、見つかった場合はそのフォルダに自分自身をコピーします。その際、検索クエリーでよく使われる名前 (たとえば、人気のある海賊版ソフトウェア、ゲーム、またはクラック) を使って自分自身をコピーすることがよくあります。

一方、W32.Changeup はコンピュータに既存のファイル共有プログラムを探すのではなく、eMule という有名なファイル共有プログラムをインストールします。このワームが実行されたとき、Process Explorer でこのインストールが確認されます。





続いて、ユーザー検索で人気のある何万ものファイル名を模倣して、eMule のファイル共有フォルダに自分自身のコピーを作成します。それらのファイルは、ハードドライブの 1 GB に及ぶ容量を占有することもあります。





各コピーは、正規の setup.exe ファイルが含まれるように見える .zip ファイルとして保存されます。しかし、実際にはこのワームのコピーです。





また、各 .zip ファイルには、ファイルハッシュに基づいた静的なウイルス対策の検出を回避するために、ランダムなバイト数の複数の情報が含まれています。



3. 機能
この脅威の主要機能は、侵入先のコンピュータに追加のマルウェアをダウンロードすることです。

W32.Changeup は高度にカスタマイズが可能であるため、プログラムされたとおりに、さまざまな URL に接続して無数のマルウェアをダウンロードすることができます。

このワームは、ミスリーディングアプリケーションから、最終的にコンピュータをクラッシュさせて有名な「Blue Screen of Death (BSOD)」を表示するような複数のマルウェアコンポーネントまで、あらゆるものをダウンロードする可能性があります。

これまでに、次の脅威をダウンロードすることが確認されています。



場合によっては、このワームは連鎖的な複数のダウンロードを開始する可能性があります。たとえば、W32.Changeup はさまざまな URL から他のマルウェアをダウンロードする可能性があり、続いて、ダウンロードされたマルウェアが、追加のマルウェアやミスリーディングアプリケーションを侵入先のコンピュータにダウンロードする可能性があります。





注意: 関連する脅威による副次的な影響は、この文書には含まれません。


3.1 システムの変更
この脅威ファミリーによって侵害されたコンピュータ上では、次の副次的な影響が観測される可能性があります。


作成されるファイルまたはフォルダ
このワームが実行されると、次のロケーションに自分自身をコピーする可能性があります。
  • %UserProfile%\[現在のユーザー名].exe
  • %UserProfile%\Passwords.exe
  • %UserProfile%\Passwords.exe
  • %UserProfile%\Porn.exe
  • %UserProfile%\Sexy.exe
また、 RAR と Zip アーカイブを検索し、そのアーカイブに次のファイルとして自分自身を追加します。
Secret.exe

このワームは、すべてのリムーバブルドライブとマップされたドライブに、次のファイルとして自分自身をコピーします。
%DriveLetter%\[現在のユーザー名].exe

次にこのワームは次のファイルを作成し、上記のドライブがアクセスされたときに自分自身が実行されるようにします。
%DriveLetter%\autorun.inf


削除されるファイルまたはフォルダ
なし


変更されるファイルまたはフォルダ
なし


作成されるレジストリサブキーまたはレジストリエントリ
このワームは次のレジストリエントリを作成して、Windows が起動されるたびに自分自身が実行されるようにします。
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run\"[現在のユーザー名]" = "%UserProfile%\[現在のユーザー名].exe"


削除されるレジストリサブキーまたはレジストリエントリ
なし


変更されるレジストリサブキーまたはレジストリエントリ (最終値)

このワームは次のレジストリエントリを改ざんして、侵入先のコンピュータで自身の存在を隠してマイクロソフトの自動更新を無効にします。
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\Advanced\"ShowSuperHidden" = "0"
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdate\AU\"NoAutoUpdate" = "1"


3.2 ネットワーク関連操作
この脅威は次のネットワーク関連操作を実行する可能性があります。


ダウンロード
このワームは、侵入先のコンピュータに追加のマルウェアをダウンロードするために、次のリモートロケーションにポート 7005、8003、9002、または 9004 を使って接続しようと試みる可能性があります。
  • ns1.thepicturehut.net
  • ns2.thepicturehut.net
  • ns3.thepicturehut.net
  • ns4.thepicturehut.net
  • ns1.player1253.com
  • ns1.videoall.net
  • ns1.mediashares.org
  • ns1.helpchecks.net
  • ns1.helpupdater.net
  • ns1.helpupdates.com
  • ns1.helpupdates.net
  • ns1.couchness.com
  • ns1.chopbell.net
  • ns1.chopbell.com
  • ns1.helpupdated.net
  • ns1.helpupdated.org
  • ns1.helpupdatek.at
  • ns1.helpupdatek.eu
  • ns1.helpupdatek.tw
  • existing.suroot.com
  • 22231.dtdns.net
  • ns1.helpchecks.com
  • ns1.timedate[1-3].com
  • ns1.timedate[1-3].net
  • ns1.timedate[1-3].org
  • ns1.datetoday[1-3].com
  • ns1.datetoday[1-3].org
  • ns1.datetoday[1-3].net

また、このワームは、次の形式でダウンロードされる文字列に指定されたリモートロケーションに接続しようと試みる可能性があります。
http://code[中略]:999/[ファイル名 1] [ファイル名 2]

上記の文字列は、このワームに次のロケーションから [ファイル名 1] のファイルをダウンロードするように命令します。
code[中略].net through TCP port 999

次に、そのファイルを [ファイル名 2] という名前のファイルとして保存します。保存ファイル名は、このホストが接続されるたびにランダムに変化します。


3.3 追加の機能
W32.Changeup は、コンピュータに感染するたびに、このワームのコード内の情報を復号するためのキーとして、ランダムな文字列を使います。この処理により、このワームは URL を保存するのではなく、動的に生成することができます。これは、サーバーのアドレスを解析されにくくするために行われる可能性もあります。





続いて、このワームはサーバーに接続して侵入先のコンピュータに追加のファイルをダウンロードします。

自分自身のコピーを作成するたびに、このワームは新しいファイル内の特定のバイトの値を変更します。この変更により、ファイルサイズは変化しませんが、そのコピーはハッシュ値が異なることになります。これは、ファイルハッシュに基づくシンプルで静的なウイルス対策の検出を回避しようとする試みによるものです。



4. 追加情報
この脅威ファミリーに関連する追加情報については、次のサイトを参照してください。
W32.Changeup に関するブログエントリ

推奨する感染予防策

Symantec Security Response encourages all users and administrators to adhere to the following basic security "best practices":

  • Use a firewall to block all incoming connections from the Internet to services that should not be publicly available. By default, you should deny all incoming connections and only allow services you explicitly want to offer to the outside world.
  • Enforce a password policy. Complex passwords make it difficult to crack password files on compromised computers. This helps to prevent or limit damage when a computer is compromised.
  • Ensure that programs and users of the computer use the lowest level of privileges necessary to complete a task. When prompted for a root or UAC password, ensure that the program asking for administration-level access is a legitimate application.
  • Disable AutoPlay to prevent the automatic launching of executable files on network and removable drives, and disconnect the drives when not required. If write access is not required, enable read-only mode if the option is available.
  • Turn off file sharing if not needed. If file sharing is required, use ACLs and password protection to limit access. Disable anonymous access to shared folders. Grant access only to user accounts with strong passwords to folders that must be shared.
  • Turn off and remove unnecessary services. By default, many operating systems install auxiliary services that are not critical. These services are avenues of attack. If they are removed, threats have less avenues of attack.
  • If a threat exploits one or more network services, disable, or block access to, those services until a patch is applied.
  • Always keep your patch levels up-to-date, especially on computers that host public services and are accessible through the firewall, such as HTTP, FTP, mail, and DNS services.
  • Configure your email server to block or remove email that contains file attachments that are commonly used to spread threats, such as .vbs, .bat, .exe, .pif and .scr files.
  • Isolate compromised computers quickly to prevent threats from spreading further. Perform a forensic analysis and restore the computers using trusted media.
  • Train employees not to open attachments unless they are expecting them. Also, do not execute software that is downloaded from the Internet unless it has been scanned for viruses. Simply visiting a compromised Web site can cause infection if certain browser vulnerabilities are not patched.
  • If Bluetooth is not required for mobile devices, it should be turned off. If you require its use, ensure that the device's visibility is set to "Hidden" so that it cannot be scanned by other Bluetooth devices. If device pairing must be used, ensure that all devices are set to "Unauthorized", requiring authorization for each connection request. Do not accept applications that are unsigned or sent from unknown sources.
  • For further information on the terms used in this document, please refer to the Security Response glossary.

記述: Éamonn Young, Hatsuho Honda, and Henry Bell

発見日: August 18, 2009
更新日: June 08, 2015 4:45:41 AM
別名: Win32/VBObfus.GH [NOD32], W32/VBNA-X [Sophos], WORM_VOBFUS [Trend], Win32/Vobfus.MD [Microsoft], Trj/CI.A [Panda Software], W32/Autorun.worm.aaeh [McAfee], Worm.Win32.VBNA.b [Kaspersky], Gen:Variant.Symmi.6831 [F-Secure], TrojanDownloader:Win32/Beebone.gen!A [Microsoft], Mal/Beebone-A [Sophos]
種別: Worm
感染サイズ: 128,000 バイト
影響を受けるシステム: Windows
CVE 識別番号: CVE-2010-2568

お使いのシマンテック製品がこのリスクについて警告した場合、またはこのリスクへの感染について懸念がある場合は、このページをご確認ください。

次に進む前に、Symantec Full System Scan User Guide (英語) を参照して、システムの完全スキャンを実行することをお勧めします。それでも問題が解決されない場合は、次のいずれかのオプションをお試しください。



Norton (個人向け) 製品のお客様
お客様が Norton 製品のユーザーである場合、このリスクの駆除に関する以下の情報を参照することをお勧めします。


駆除ツール


感染した Windows システムファイルがある場合は、Windows のインストール CD を使用してファイルの置き換え が必要な場合があります。


感染のリスクを軽減する方法
感染のリスクの軽減に役立つ詳細情報とベストプラクティスを、次のサイトで確認できます。


ビジネス (企業、法人向け) 製品のお客様
お客様がシマンテックのビジネス製品のユーザーである場合、このリスクの駆除に関する以下の情報を参照することをお勧めします。


疑わしいファイルの特定と提出
提出された疑わしいファイルにより、シマンテックでは、保護機能が絶えず変化し続ける脅威の動向に対応していることを確認できます。提出されたファイルはシマンテックセキュリティレスポンスによって解析され、必要な場合は、更新された定義が LiveUpdate™ を介してただちに配布されます。これにより、周辺のその他のコンピュータを攻撃から確実に保護することができます。シマンテックに提出する疑わしいファイルを特定する方法は、次のサイトで確認できます。


駆除ツール

感染した Windows システムファイルがある場合は、Windows のインストール CD を使用してファイルの置き換え が必要な場合があります。


感染のリスクを軽減する方法
感染のリスクの軽減に役立つ詳細情報とベストプラクティスを、次のサイトで確認できます。
セキュリティのベストプラクティス - インターネットのあらゆる脅威を阻止する



手動による駆除
以下の手順は、現在サポート対象のシマンテック製ウイルス対策製品のすべてを対象に記述されています。


1. システムの完全スキャンの実行
Symantec Full System Scan User Guide (英語)


2. レジストリの設定の復元
レジストリを改ざんするリスクは多く、侵入先のコンピュータの機能または処理速度に影響を与える可能性があります。改ざんの多くは、さまざまな Windows コンポーネントによって復元することができますが、レジストリの編集が必要な可能性があります。作成または改ざんされたレジストリキーに関する情報については、この文書の「テクニカルノート」を参照してください。このリスクによって作成されたレジストリサブキーとレジストリエントリを削除して、すべての改ざんされたレジストリエントリを以前の値に戻します。

記述: Éamonn Young, Hatsuho Honda, and Henry Bell