発見日: October 19, 2010
更新日: July 11, 2013 8:37:34 AM
種別: Trojan, Virus
影響を受けるシステム: Windows
CVE 識別番号: CVE-2008-5345 | CVE-2008-5346 | CVE-2008-5347 | CVE-2008-5348 | CVE-2008-5349 | CVE-2008-5350 | CVE-2008-5351 | CVE-2008-5352 | CVE-2008-5353 | CVE-2008-5354 | CVE-2008-5355 | CVE-2008-5356 | CVE-2008-5357 | CVE-2008-5358 | CVE-2008-5359 | CVE-2008-5360 | CVE-2009-3728 | CVE-2009-3729 | CVE-2009-3864 | CVE-2009-3865 | CVE-2009-3866 | CVE-2009-3867 | CVE-2009-3868 | CVE-2009-3869 | CVE-2009-3871 | CVE-2009-3872 | CVE-2009-3873 | CVE-2009-3874 | CVE-2009-3875 | CVE-2009-3876 | CVE-2009-3877 | CVE-2009-3879 | CVE-2009-3880 | CVE-2009-3881 | CVE-2009-3882 | CVE-2009-3883 | CVE-2009-3884 | CVE-2009-3885 | CVE-2009-3886 | CVE-2009-3910 | CVE-2010-3910 | CVE-2013-0422

Trojan.Maljava は、1 つまたは複数の脆弱性を悪用する悪質な Java ファイルを識別するためにシマンテックで使用される検出名です。


ウイルス対策日

  • Rapid Release 初回バージョン October 19, 2010 リビジョン 053
  • Rapid Release 最新バージョン April 24, 2018 リビジョン 001
  • Daily Certified 初回バージョン October 20, 2010 リビジョン 002
  • Daily Certified 最新バージョン April 24, 2018 リビジョン 003
  • Weekly Certified 初回リリース日 October 20, 2010

Click here for a more detailed description of Rapid Release and Daily Certified virus definitions.

発見日: October 19, 2010
更新日: July 11, 2013 8:37:34 AM
種別: Trojan, Virus
影響を受けるシステム: Windows
CVE 識別番号: CVE-2008-5345 | CVE-2008-5346 | CVE-2008-5347 | CVE-2008-5348 | CVE-2008-5349 | CVE-2008-5350 | CVE-2008-5351 | CVE-2008-5352 | CVE-2008-5353 | CVE-2008-5354 | CVE-2008-5355 | CVE-2008-5356 | CVE-2008-5357 | CVE-2008-5358 | CVE-2008-5359 | CVE-2008-5360 | CVE-2009-3728 | CVE-2009-3729 | CVE-2009-3864 | CVE-2009-3865 | CVE-2009-3866 | CVE-2009-3867 | CVE-2009-3868 | CVE-2009-3869 | CVE-2009-3871 | CVE-2009-3872 | CVE-2009-3873 | CVE-2009-3874 | CVE-2009-3875 | CVE-2009-3876 | CVE-2009-3877 | CVE-2009-3879 | CVE-2009-3880 | CVE-2009-3881 | CVE-2009-3882 | CVE-2009-3883 | CVE-2009-3884 | CVE-2009-3885 | CVE-2009-3886 | CVE-2009-3910 | CVE-2010-3910 | CVE-2013-0422

Trojan.Maljava は、次のいずれか 1 つまたは複数の脆弱性を悪用する悪質な Java ファイルを識別するためにシマンテックで使用される検出名です。

Sun Java Runtime Environment and Java Development Kit Multiple Security Vulnerabilities (BID 32608) (英語)
Sun Java SE November 2009 Multiple Security Vulnerabilities (BID 36881) (英語)
Oracle Java Runtime Environment 'HsbParser.getSoundBank()' Remote Heap Buffer Overflow Vulnerability (BID 39559) (英語)
Oracle Java Runtime Environment CVE-2013-0422 Multiple Remote Code Execution Vulnerabilities (BID 57246) (英語)
Oracle Java Runtime Environment CVE-2013-0422 Multiple Remote Code Execution Vulnerabilities (BID 57246) (英語)

Trojan.Maljava として検出されるファイルは、有害であると考えられています。誤って Trojan.Maljava として検出されたと考えられるファイルは、シマンテックセキュリティレスポンスに提出することをお勧めします。スキャンと配信機能を使ってファイルを提出する方法については、「Submit Virus Samples 」(英語) をご覧ください。

推奨する感染予防策

Symantec Security Response encourages all users and administrators to adhere to the following basic security "best practices":

  • Use a firewall to block all incoming connections from the Internet to services that should not be publicly available. By default, you should deny all incoming connections and only allow services you explicitly want to offer to the outside world.
  • Enforce a password policy. Complex passwords make it difficult to crack password files on compromised computers. This helps to prevent or limit damage when a computer is compromised.
  • Ensure that programs and users of the computer use the lowest level of privileges necessary to complete a task. When prompted for a root or UAC password, ensure that the program asking for administration-level access is a legitimate application.
  • Disable AutoPlay to prevent the automatic launching of executable files on network and removable drives, and disconnect the drives when not required. If write access is not required, enable read-only mode if the option is available.
  • Turn off file sharing if not needed. If file sharing is required, use ACLs and password protection to limit access. Disable anonymous access to shared folders. Grant access only to user accounts with strong passwords to folders that must be shared.
  • Turn off and remove unnecessary services. By default, many operating systems install auxiliary services that are not critical. These services are avenues of attack. If they are removed, threats have less avenues of attack.
  • If a threat exploits one or more network services, disable, or block access to, those services until a patch is applied.
  • Always keep your patch levels up-to-date, especially on computers that host public services and are accessible through the firewall, such as HTTP, FTP, mail, and DNS services.
  • Configure your email server to block or remove email that contains file attachments that are commonly used to spread threats, such as .vbs, .bat, .exe, .pif and .scr files.
  • Isolate compromised computers quickly to prevent threats from spreading further. Perform a forensic analysis and restore the computers using trusted media.
  • Train employees not to open attachments unless they are expecting them. Also, do not execute software that is downloaded from the Internet unless it has been scanned for viruses. Simply visiting a compromised Web site can cause infection if certain browser vulnerabilities are not patched.
  • If Bluetooth is not required for mobile devices, it should be turned off. If you require its use, ensure that the device's visibility is set to "Hidden" so that it cannot be scanned by other Bluetooth devices. If device pairing must be used, ensure that all devices are set to "Unauthorized", requiring authorization for each connection request. Do not accept applications that are unsigned or sent from unknown sources.
  • For further information on the terms used in this document, please refer to the Security Response glossary.

発見日: October 19, 2010
更新日: July 11, 2013 8:37:34 AM
種別: Trojan, Virus
影響を受けるシステム: Windows
CVE 識別番号: CVE-2008-5345 | CVE-2008-5346 | CVE-2008-5347 | CVE-2008-5348 | CVE-2008-5349 | CVE-2008-5350 | CVE-2008-5351 | CVE-2008-5352 | CVE-2008-5353 | CVE-2008-5354 | CVE-2008-5355 | CVE-2008-5356 | CVE-2008-5357 | CVE-2008-5358 | CVE-2008-5359 | CVE-2008-5360 | CVE-2009-3728 | CVE-2009-3729 | CVE-2009-3864 | CVE-2009-3865 | CVE-2009-3866 | CVE-2009-3867 | CVE-2009-3868 | CVE-2009-3869 | CVE-2009-3871 | CVE-2009-3872 | CVE-2009-3873 | CVE-2009-3874 | CVE-2009-3875 | CVE-2009-3876 | CVE-2009-3877 | CVE-2009-3879 | CVE-2009-3880 | CVE-2009-3881 | CVE-2009-3882 | CVE-2009-3883 | CVE-2009-3884 | CVE-2009-3885 | CVE-2009-3886 | CVE-2009-3910 | CVE-2010-3910 | CVE-2013-0422

お使いのシマンテック製品がこのリスクについて警告した場合、またはこのリスクへの感染について懸念がある場合は、このページをご確認ください。

次に進む前に、Symantec Full System Scan User Guide (英語) を参照して、システムの完全スキャンを実行することをお勧めします。それでも問題が解決されない場合は、次のいずれかのオプションをお試しください。



Norton (個人向け) 製品のお客様
お客様が Norton 製品のユーザーである場合、このリスクの駆除に関する以下の情報を参照することをお勧めします。

駆除ツール


感染した Windows システムファイルがある場合は、Windows のインストール CD を使用してファイルの置き換え が必要な場合があります。


感染のリスクを軽減する方法
感染のリスクの軽減に役立つ詳細情報とベストプラクティスを、次のサイトで確認できます。


ビジネス (企業、法人向け) 製品のお客様
お客様がシマンテックのビジネス製品のユーザーである場合、このリスクの駆除に関する以下の情報を参照することをお勧めします。

疑わしいファイルの特定と提出
提出された疑わしいファイルにより、シマンテックでは、保護機能が絶えず変化し続ける脅威の動向に対応していることを確認できます。提出されたファイルはシマンテックセキュリティレスポンスによって解析され、必要な場合は、更新された定義が LiveUpdate™ を介して直ちに配布されます。これにより、周辺のその他のコンピュータを攻撃から確実に保護することができます。シマンテックに提出する疑わしいファイルを特定する方法は、次のサイトで確認できます。


駆除ツール

感染した Windows システムファイルがある場合は、「How to use the Symantec Endpoint Recovery Tool to replace an infected file 」(英語) に記載の手順によるファイルの置き換えが必要な場合があります。


感染のリスクを軽減する方法
感染のリスクの軽減に役立つ詳細情報とベストプラクティスを、次のサイトで確認できます。
セキュリティのベストプラクティス - インターネットのあらゆる脅威を阻止する



手動による駆除
以下の手順は、現在サポート対象のシマンテック製ウイルス対策製品のすべてを対象に記述されています。

1. システムの完全スキャンの実行
Symantec Full System Scan User Guide (英語)


2. レジストリの設定の復元
レジストリを改ざんするリスクは多く、侵入先のコンピュータの機能または処理速度に影響を与える可能性があります。改ざんの多くは、さまざまな Windows コンポーネントによって復元することができますが、レジストリの編集が必要な可能性があります。作成または改ざんされたレジストリキーに関する情報については、この文書の「テクニカルノート」を参照してください。このリスクによって作成されたレジストリサブキーとレジストリエントリを削除して、すべての改ざんされたレジストリエントリを以前の値に戻します。