更新日: February 05, 2013 1:11:20 AM
種別: Adware
感染サイズ: 72,835 バイト
名前: codec-M
リスクインパクト: Low
影響を受けるシステム: Mac

動作

OSX.FakeCodec は、広告を表示するために侵入先のコンピュータの閲覧情報を収集する可能性がある、Safari ブラウザの拡張機能です。

ウイルス対策日

  • Rapid Release 初回バージョン October 02, 2014 リビジョン 022
  • Rapid Release 最新バージョン February 01, 2015 リビジョン 020
  • Daily Certified 初回バージョン February 03, 2013 リビジョン 009
  • Daily Certified 最新バージョン December 15, 2014 リビジョン 016
  • Weekly Certified 初回リリース日 February 06, 2013

Click here for a more detailed description of Rapid Release and Daily Certified virus definitions.


テクニカルノート

このセキュリティリスクは手動でインストールする必要があります。

インストールされると、このセキュリティリスクは次のファイルを作成します。
~/Library/Safari/Extensions/codec-M

その後、このセキュリティリスクは閲覧情報を収集し、広告を表示するために利用します。


駆除方法

以下の手順は、現在サポート対象のシマンテック製 Macintosh 用ウイルス対策製品をご利用のすべてのお客様を対象に記述されています。

  1. ウイルス定義を最新版に更新する
  2. システムの完全スキャンを実行して感染ファイルを削除する
各手順の詳細については、次を参照してください。

1. ウイルス定義を最新版に更新する
シマンテックセキュリティレスポンスから提供されるウイルス定義は、すべて品質テストを実施済みです。最新版のウイルス定義ファイルは、次の 2 つの方法で入手できます。
  • LiveUpdate を実行すると、簡単にウイルス定義ファイルを入手できます。LiveUpdate のウイルス定義ファイルは、通常は毎週木曜日に定期的に LiveUpdate サーバーにアップロードされます。また、危険度の高いウイルスが発見された場合にも、緊急対応として LiveUpdate サーバーにアップロードされる場合があります。この脅威の定義ファイルが LiveUpdate で入手可能か確認するには、「ウイルス定義とセキュリティアップデート」を参照してください。
  • Intelligent Updater を使ってウイルス定義ファイルをダウンロードします。Intelligent Updater は、シマンテックの Web サイトと FTP サイトで提供されています。ダウンロードしたプログラムを実行することにより、ご使用のコンピュータのウイルス定義ファイルを最新版に更新することができます。Intelligent Updater 形式のウイルス定義ファイルは、米国時間の平日 (日本時間の火曜日~土曜日) に毎日更新され、LiveUpdate よりも早いタイミングで更新されます。この脅威の定義ファイルが Intelligent Updater で入手可能か確認するには、「ウイルス定義とセキュリティアップデート」を参照してください。
ウイルス定義とセキュリティアップデート 」が利用可能です。詳細は、「Updating Norton AntiVirus for Macintosh virus definition files using Intelligent Updater 」 (英語) を参照してください。

2. 感染ファイルをスキャンして削除する
  • Norton AntiVirus または Symantec Endpoint Protection for Macintosh プログラムを起動して、すべてのファイルがスキャン対象として設定されているかどうか確認します。
  • システムの完全スキャンを実行します。
  • 何らかのファイルが検出された場合は、利用可能であれば [修復]、または [削除] をクリックします。

記述: Nino Fred Gutierrez