発見日: December 08, 2014
更新日: December 21, 2014 12:01:26 PM
種別: Trojan
感染サイズ: 不定
影響を受けるシステム: Android

Android.Acecard は、Android デバイスを標的とするトロイの木馬で、さまざまなアカウントのログイン資格情報を侵入先のデバイスから盗み取る可能性があります。




Android パッケージファイル
このトロイの木馬は、次の特徴を持つパッケージとして届く可能性があります。

パッケージ名: com.slempo.service
バージョン: 1.0
名前: System Update


インストール
このアプリケーションがインストールされると、赤い背景に白い文字 F が表記されたアイコンが表示されます。



ウイルス対策日

  • Rapid Release 初回バージョン December 08, 2014 リビジョン 021
  • Rapid Release 最新バージョン January 07, 2019 リビジョン 001
  • Daily Certified 初回バージョン December 09, 2014 リビジョン 004
  • Daily Certified 最新バージョン January 07, 2019 リビジョン 007
  • Weekly Certified 初回リリース日 December 10, 2014

Click here for a more detailed description of Rapid Release and Daily Certified virus definitions.

記述: Dinesh Venkatesan

発見日: December 08, 2014
更新日: December 21, 2014 12:01:26 PM
種別: Trojan
感染サイズ: 不定
影響を受けるシステム: Android

Android パッケージファイル
このトロイの木馬は、次の特徴を持つパッケージとして届く可能性があります。

パッケージ名: com.slempo.service
バージョン: 1.0
名前: System Update


パーミッション
このトロイの木馬はインストール時に、次の操作を実行するためのパーミッションを要求します。

  • ネットワーク接続を開く
  • ネットワーク関連の情報にアクセスする
  • デバイスの起動終了後に起動する
  • 電源のオン、オフなどの電話の状態を変更する
  • 現在または最近実行されたタスクのリストにアクセスする
  • 着信 SMS メッセージを監視する
  • SMS メッセージを読み取り、送信する
  • 電話の UI を使用したり、ユーザーからの確認をせずに通話を開始する
  • Cell-ID、Wi-Fi、GPS 情報などの位置情報にアクセスする
  • プロセッサがスリープ状態になったり、スクリーンが暗転するのを阻止する


インストール
このアプリケーションがインストールされると、赤い背景に白い文字 F が表記されたアイコンが表示されます。




機能
このトロイの木馬は、システム更新パッケージになりすまします。

このトロイの木馬が実行されると、デバイスの管理者のパーミッションを承認するようにユーザーに要求して、デバイスが再起動するたびに実行されるようにします。

このトロイの木馬はその後、次のアプリケーションの実行を監視します。
  • com.whatsapp
  • com.viber.voip
  • com.instagram.android
  • com.skype.raider
  • com.vkontakte.android
  • ru.ok.android
  • com.facebook.katana
  • com.google.android.gm
  • com.twitter.android

リストにあるアプリケーションのいずれかが起動されていると、このトロイの木馬は偽のログインダイアログボックスを表示します。



ユーザーがログイン資格情報を入力すると、このトロイの木馬は盗み取った情報を次のリモートロケーションに送信します。
  • [http://]voooxrrw2wxnoyew.onion

次に、侵入先のデバイスで悪質な操作を実行する可能性があります。

推奨する感染予防策

Symantec Security Response encourages all users and administrators to adhere to the following basic security "best practices":

  • Use a firewall to block all incoming connections from the Internet to services that should not be publicly available. By default, you should deny all incoming connections and only allow services you explicitly want to offer to the outside world.
  • Enforce a password policy. Complex passwords make it difficult to crack password files on compromised computers. This helps to prevent or limit damage when a computer is compromised.
  • Ensure that programs and users of the computer use the lowest level of privileges necessary to complete a task. When prompted for a root or UAC password, ensure that the program asking for administration-level access is a legitimate application.
  • Disable AutoPlay to prevent the automatic launching of executable files on network and removable drives, and disconnect the drives when not required. If write access is not required, enable read-only mode if the option is available.
  • Turn off file sharing if not needed. If file sharing is required, use ACLs and password protection to limit access. Disable anonymous access to shared folders. Grant access only to user accounts with strong passwords to folders that must be shared.
  • Turn off and remove unnecessary services. By default, many operating systems install auxiliary services that are not critical. These services are avenues of attack. If they are removed, threats have less avenues of attack.
  • If a threat exploits one or more network services, disable, or block access to, those services until a patch is applied.
  • Always keep your patch levels up-to-date, especially on computers that host public services and are accessible through the firewall, such as HTTP, FTP, mail, and DNS services.
  • Configure your email server to block or remove email that contains file attachments that are commonly used to spread threats, such as .vbs, .bat, .exe, .pif and .scr files.
  • Isolate compromised computers quickly to prevent threats from spreading further. Perform a forensic analysis and restore the computers using trusted media.
  • Train employees not to open attachments unless they are expecting them. Also, do not execute software that is downloaded from the Internet unless it has been scanned for viruses. Simply visiting a compromised Web site can cause infection if certain browser vulnerabilities are not patched.
  • If Bluetooth is not required for mobile devices, it should be turned off. If you require its use, ensure that the device's visibility is set to "Hidden" so that it cannot be scanned by other Bluetooth devices. If device pairing must be used, ensure that all devices are set to "Unauthorized", requiring authorization for each connection request. Do not accept applications that are unsigned or sent from unknown sources.
  • For further information on the terms used in this document, please refer to the Security Response glossary.

記述: Dinesh Venkatesan

発見日: December 08, 2014
更新日: December 21, 2014 12:01:26 PM
種別: Trojan
感染サイズ: 不定
影響を受けるシステム: Android

お使いのシマンテック製品がこのリスクについて警告した場合、またはデバイスへのリスクの懸念がある場合は、このページをご確認ください。


ノートン モバイル セキュリティのインストール
駆除にはノートン モバイル セキュリティをご利用ください。(ご購入前に 製品版 の詳細と 対応システム をご確認ください。)

ノートン モバイル セキュリティがお使いの Android 端末にインストールされていない場合、 次の手順に従ってください。

  1. ノートン製品取扱販売店で製品版を購入します。
  2. Android 端末から専用ダウンロードサイトにアクセスします。
  3. 製品を Android 端末にダウンロードし、インストールします。
  4. アクティブ化コードを入力しライセンス認証を行います。

注意: ノートン モバイル セキュリティが対応していない機種がある場合もあります。


システムの完全スキャンを実行する
ノートン モバイル セキュリティを使用してシステムの完全スキャンを実行し、デバイスからこのリスクを駆除します。これを行うには、次の操作を実行してください。
  1. [マルウェア対策] タブに移動します。
  2. [今すぐにスキャン] を選択します。


手動による駆除
このリスクを手動で駆除するには、次の操作を実行します。
  1. Google Android のメニューを開きます。
  2. [設定]アイコンをタップして[アプリケーション]を選択します。
  3. [アプリケーションの管理]を選択します。
  4. このアプリケーションを選択して[アンインストール]を選択します。

記述: Dinesh Venkatesan