• ブックマーク

シマンテックセキュリティレスポンスの出版物

シマンテックセキュリティレスポンスは、セキュリティエンジニア、脅威アナリスト、研究者からなる世界規模のチームで、組織とエンドユーザーに影響する最新の脅威に関するさまざまなコンテンツを開発しています。
アーカイブ
ISTR 年度報告書

2016 年インターネットセキュリティ脅威レポート第 21 号

インターネットセキュリティ脅威レポートでは、グローバルな脅威活動についての年間解析の概要を解説します。レポートは Symantec Global Intelligence Network のデータに基づいています。シマンテックのアナリストはこれを、常に変化するセキュリティ脅威における新たな傾向を特定、分析、解説するために使用しています。
フルレポート (日本語版)
81 ページ、10.5 MB (PDF)
概要 (日本語版)
25ページ、(PDF)
0.98 MB

2016 年インターネットセキュリティ脅威レポートのハイライト

シマンテックが 2015 年に検出したマルウェアは、4 億 3,000 万を超えました。しかし、この程度の増加率では私たちは驚かなくなりました。企業や国家を標的とした攻撃が大きなニュースとしてたびたび取り上げられ、サイバー脅威の膨大な数や急激な増加に圧倒されて、私たちの感覚は麻痺してしまっています。脅威動向の表層のみを取り上げたレポートも多い中、シマンテックのインターネットセキュリティ脅威レポート(ISTR)では、シマンテックが収集した膨大なデータを駆使して、攻撃者の手口、動機、行動など、さまざまな側面から脅威を検証しています。2015 年の主な調査結果と傾向は以下のとおりです。

主な調査結果

  • 新しいゼロデイ脆弱性を平均で週に 1 件発見。 高度な攻撃者は、引き続きブラウザや Web サイトプラグインの脆弱性を利用しています。
  • 盗難や紛失に遭った個人情報は 5 億件。 発生したデータ漏えいの詳細を公表しない企業が以前にも増して増えています。
  • 人気の高い Web サイトの 4 分の 3 に重大なセキュリティの脆弱性が存在し、すべてのユーザーが危険に直面しています。Web 管理者は依然として最新パッチの適用に苦労しています。
  • 従業員を標的にしたスピアフィッシング攻撃が 55% 増加。 サイバー攻撃者は大企業に長期間、執拗に攻撃を仕掛けています。
  • ランサムウェアが 35% 増加。 サイバー犯罪者は、暗号化を利用して企業や個人の重要なデータを人質にとり身代金を要求しています。
  • 1 億件のテクニカルサポート詐欺を遮断。 偽のテクニカルサポートに電話をかけさせて現金をだまし取る手口です。

2016 年インターネットセキュリティ脅威レポートのハイライト

  • 新しいゼロデイ脆弱性を平均で週に 1 件発見。 高度な攻撃者は、引き続きブラウザや Web サイトプラグインの脆弱性を利用しています。
  • 盗難や紛失に遭った個人情報は 5 億件。 発生したデータ漏えいの詳細を公表しない企業が以前にも増して増えています。
  • 人気の高い Web サイトの 4 分の 3 に重大なセキュリティの脆弱性が存在し、すべてのユーザーが危険に直面しています。Web 管理者は依然として最新パッチの適用に苦労しています。
  • 従業員を標的にしたスピアフィッシング攻撃が 55% 増加。 サイバー攻撃者は大企業に長期間、執拗に攻撃を仕掛けています。
  • ランサムウェアが 35% 増加。 サイバー犯罪者は、暗号化を利用して企業や個人の重要なデータを人質にとり身代金を要求しています。
  • 1 億件のテクニカルサポート詐欺を遮断。 偽のテクニカルサポートに電話をかけさせて現金をだまし取る手口です。
共有
  • はてな
  • Yahoo
  • Google
  • Livedoor
  • Twitter
  • Facebook

2016 年インターネットセキュリティ脅威レポートの主な調査結果

プライバシー: シマンテックは、当社のソーシャルメディア共有リンクを使用するときに入力された個人情報を保持しません。シマンテックのポリシーをお読みください。

Infographics

今年のレポートの主な調査結果のいくつかをハイライトしたグラフィックを表示または共有します。

2016 年インターネットセキュリティ脅威レポート第 21 号

フルレポート(日本語版)
81 ページ、10.5 MB (PDF)
概要(日本語版)
25ページ、(PDF)
0.98 MB

オンデマンドウェビナーの視聴(英語)

ウェビナー(2016年5月26日実施)
新たな脅威に対抗するために、シマンテックのインターネットセキュリティ脅威レポート(ISTR)に関するウェビナーをぜひご覧ください。
  • Twitter
  • Facebook
  • LinkedIn
  • Google+
  • YouTube