1. Symantec/
  2. セキュリティレスポンス/
  3. W32.Bugbear@mm
  4. W32.Bugbear@mm
  • ブックマーク

W32.Bugbear@mm

危険度2: 低

発見日:
2002 年 9 月 30 日
更新日:
2007 年 2 月 13 日 11:41:46 AM
別名:
W32/Bugbear-A [Sophos], WORM_BUGBEAR.A [Trend], Win32.Bugbear [CA], W32/Bugbear@MM [McAfee], I-Worm.Tanatos [AVP], W32/Bugbear [Panda], Tanatos [F-Secure]
種別:
Worm
感染サイズ:
50,688 バイト
影響を受けるシステム:
Windows 2000, Windows 95, Windows 98, Windows Me, Windows NT, Windows XP
CVE 識別番号:
CVE-2001-0154


注意:報告件数が減少したため、Symantec Security Response は2003年1月15日付で W32.Bugbear@mm の危険度を 4 から 3 に引き下げました。


W32.Bugbear@mm は大量メール送信ワームです。このワームはネットワークの共有を介して感染を広げる能力を持っています。また、キーストロークのログ生成機能やバックドア機能も持っています。このワームは様々なウイルス対策プログラムやファイアウォールプログラムのプロセスを停止させようとします。

このワームはネットワーク資源を正しく処理しないため、結果的に共有プリンタの資源を溢れさせ、無意味なデータが印刷されたり、プリンタが正常に動作しなくなるおそれがあります。

このワームは Microsoft Visual C/C++ 6 プログラム言語で書かれており、UPX v0.76.1-1.22 で圧縮されています。

ウイルス対策日

  • Rapid Release 初回バージョン2002 年 9 月 30 日
  • Rapid Release 最新バージョン2016 年 8 月 8 日 リビジョン023
  • Daily Certified 初回バージョン2002 年 9 月 30 日
  • Daily Certified 最新バージョン2016 年 8 月 9 日 リビジョン001
  • Weekly Certified 初回リリース日2002 年 9 月 30 日
Rapid Release と Daily Certified のウイルス定義について詳しくは、ここをクリックしてください。
記述:Yana Liu
危険性の評価| テクニカルノート| 駆除方法
スパムレポート
2016 年インターネットセキュリティ脅威レポート第 21 号
  • Twitter
  • Facebook
  • LinkedIn
  • Google+
  • YouTube