AWS および Azure への移行に際しての セキュリティの強化

現在の企業ではイノベーションへのプレッシャーが高まっていますが、機密性の高いアプリケーションをクラウドに移行することでリスクを高める必要はありません。 それでも、Amazon Web Services や Microsoft Azure などのパブリッククラウドで何が保護されて何が保護されないかは、いまだに不明確です。 現在はかつてないほど、アプリケーションおよびワークロードのセキュリティに、従来のオンプレミス環境に加えてパブリッククラウドとプライベートクラウドもカバーする可視化、監視、保護を含める必要があります。



AWS および Azure への移行
に関する 4 つの基本事項
  • ワークロードの監視および制御
  • クラウドベースのストレージの保護
  • Web アプリケーションの保護
  • 管理者の行動のロックダウン

統合ソリューションで、クラウドへの移行時にすべてのデータを保護できます


最重要課題

課題 1
ワークロード
全企業の 83% が クラウドワークロード を利用中
課題 2
アプリケーション
全企業の 76% がインフラとして、 パブリッククラウドとハイブリッドクラウド を利用中
課題 3
活動
クラウドアプリへの攻撃の 44% はアプリケーション 攻撃

重要なアクション

  • アクション 1
    ワークロードの保護
    ワークロードの保護とサーバーリソースの堅牢化
  • アクション 2
    攻撃のスキャン
    アプリケーションレベルの 攻撃の阻止と、ファイルでのマルウェアのスキャン
  • アクション 3
    管理者の監視
    活動の監視、異常な行動の検出および使用方法の 監査、侵害の特定

その他のソリューション

icon
セキュリティの脆弱性の特定による コンプライアンスの自動化
icon
クラウドストレージ内へのマルウェア侵入の阻止
icon
あらゆるオペレーティングシステムでのサーバーおよびワークロードへのパッチ適用

統合ソリューションがすべてのクラウドアプリ にわたってサイロ化の問題を解決


最重要課題

課題 1
ワークロード
全企業の 83% が クラウドワークロード を利用中
arrow
アクション 1
ワークロードの保護
ワークロードの保護とサーバーリソースの堅牢化

課題 2
アプリケーション
全企業の 76% がインフラとして、 パブリッククラウドとハイブリッドクラウド を利用中
arrow
アクション 2
攻撃のスキャン
アプリケーションレベルの 攻撃の阻止と、ファイルでのマルウェアのスキャン

課題 3
活動
クラウドアプリケーションへの攻撃の 44% はアプリケーション 攻撃
arrow
アクション 3
管理者の監視
活動の監視、異常な行動の検出および使用方法の 監査、侵害の特定

その他のソリューション

icon
セキュリティの脆弱性の特定による コンプライアンスの自動化 SYMANTEC CONTROL COMPLIANCE SUITE
icon
クラウドストレージ内へのマルウェア侵入の阻止
icon
あらゆるオペレーティングシステムでのサーバーおよびワークロードへのパッチ適用

「企業の 74% は従来のセキュリティテクノロジの使用をやめています。 クラウドで効果的に適用できなかったからです」

ESG 調査レポート: 『Securing Clouds with Symantec(シマンテックによるクラウドのセキュリティ確保)』



ハイブリッドクラウドのワークロードのセキュリティ確保について、新たな知見を獲得してください

SOLUTION SHOWCASE を読む

AWS および Azure に移行するためのリソース