脅威から包括的に保護するためには、高度な攻撃者を考慮に入れる必要があります

脅威から包括的に保護するためには、不慣れなユーザーを考慮に入れる必要があります

サイバー犯罪者がデータ窃盗にかける熱意は、企業がデータ保護にかける熱意に引けを取りません

データの移動先が IT 部門による従来の制御領域の外にまで急激に広がるにつれ、セキュリティの脆弱性が大幅に高まっています。一方、プロ級のサイバー犯罪者は、その脆弱性を悪用して金銭的利益や政治的利益を得ようと積極的に活動しています。

企業のセキュリティとは、あらゆる脅威を見つけ出すことです

保護の多層化

防御の対象範囲を、エンドポイント、ネットワーク、クラウドなど複数のポリシー適用ポイントにまで拡大します。

複数ベクトルの遠隔測定の活用

Web、インターネット、電子メール、エンドポイントをカバーする、セキュリティ業界で最高度に詳細な遠隔測定データにより、すべてのドメインを保護します。

攻撃の防止

侵入を最小限に抑え新たに検出された脅威に迅速な対処を行う、予防的なアーキテクチャに移行します。

企業全体の保護

クラウドからすべてのエンドポイントまで、シマンテックのセキュリティ製品が導入されているデバイスとインフラをプロアクティブに保護します。


脅威からの防御がかつてないほど重要になっている理由をご確認ください

意欲の強い新たなサイバー犯罪者の出現に伴い、高度な攻撃の規模と技術レベルも飛躍的に向上しています。企業を保護するということは、デバイス上のエンドポイント、ネットワーク上の電子メール、クラウド内のデータのすべてにわたって活動を監視するということです。シマンテックが、多層的な統合脅威防止機能と、世界最大規模のグローバルな脅威インテリジェンスネットワークによる可視性を組み合わせている理由をご確認ください。

動画を見る

検出による保護:

Symantec Content Analysis および Symantec Malware Analysis

高度な脅威に対抗する実績あるソリューション

高度な脅威は増加していますが、ネットワークからエンドポイントまでをカバーした検出と対応を行うことにより、進化を続ける企業を保護できます。Symantec Content Analysis および Symantec Malware Analysis が、多層的な検出機能とカスタマイズ可能なサンドボックス機能を活用し、他のセキュリティツールでは見逃されてしまう悪質な脅威をどのように検出して阻止するかをご確認ください。

詳細はこちら

高度なエンドポイントセキュリティ:

Symantec Endpoint Protection 14 および Endpoint Detection and Response

単一エージェントでの保護、検出、対応を実現する包括的なエンドポイントソリューション

すべてのエンドポイントは、ネットワークへの接続方法を問わず、サイバー攻撃の足場として利用される可能性があります。シマンテックの多層的なエンドポイント保護は、ファイルレピュテーション、ふるまい分析、高度な機械学習 AI など、あらゆる機能を提供します。Endpoint Detection and Response の統合により、ワンクリックで侵入を検出し、脅威を封じ込め、高度なサンドボックスを使ってインシデントを調査し、攻撃に対処できます。

詳細はこちら

Advanced Threat Protection for Email

ランサムウェアやビジネスメール詐欺に対する第 1 の防御

電子メールは、企業を狙った高度な攻撃の侵入経路として最も多く利用されています。高度なヒューリスティック技術、総合的なリンク調査、クラウドベースのサンドボックスに加え、機械学習、ふるまい分析、世界最大規模の民間脅威インテリジェンスネットワークによる知見を駆使し、非常にステルス性が高く持続的な電子メールによる脅威を防ぎます。

詳細はこちら

脅威防止のためのその他の製品

Symantec GIN

グローバルな脅威状況を広範に可視化します。

詳細はこちら

Symantec Endpoint Protection Cloud

配備も管理も容易に行える、サービスとしてのセキュリティ(SaaS)です。

詳細はこちら

Symantec Email Security.cloud

電子メール全体を、マルウェア、悪質なリンク、スパムから保護します。

詳細はこちら

Symantec CloudSOC

StreamIQ のインテリジェンスにより、ユーザーのふるまいを分析し、マッピングします。

詳細はこちら

クラウドのカオスに対応するためのリソース