クラウド内のビジネスのリスクとコンプライアンスを管理

クラウド時代の規制リスクの管理では、コンプライアンスに関する重大な問題が発生します。 コンプライアンスを維持するには、機密データを保存場所にかかわらず可視化して制御することが必要ですが、安全な SSL 通信、シャドー IT、保護されていないクラウドアプリケーションがその実現を困難にしています。 オンプレミスインフラとクラウドインフラにわたってインフラコンプライアンスを自動化することで、制御を取り戻し、リスクを軽減することができます。シマンテックがどのように支援できるかをご確認ください。



クラウドリスク管理の
3 つの基本事項
  • シャドー IT のリスクの評価
  • リスクの高いクラウドアプリケーションへのアクセスの制御
  • リスクの高い露出のスキャンおよび修復

1 つの統合ソリューションで、クラウドリスクおよびコンプライアンスを管理


最重要課題

課題 1
GDPR(一般データ保護規則)
企業の 80% が GDPR に向けて準備できていません
課題 2
規制対象データがクラウドアプリケーションで漏えいしている
ファイル共有アプリケーションで漏えいしたすべてのコンプライアンス規制対象データの 46% が PHI です
課題 3
ビジネスにとってリスクが高すぎる
検出したアプリケーションの 82% がビジネス対応ではありません

重要なアクション


その他のソリューション

icon
構造化されたクラウドデータを暗号化、トークン化
icon
高度な多要素認証(MFA)でユーザーを確認
icon
クラウドアプリケーションの可視化、データセキュリティ、脅威防止

クラウド内のビジネスのリスクとコンプライアンスを管理


最重要課題

課題 1
GDPR(一般データ保護規則)
企業の 80% が GDPR に向けて準備できていません
arrow
アクション 1
企業全体で GDPR 対応を迅速に実現

課題 2
規制対象データがクラウドアプリケーションで漏えいしている
ファイル共有アプリケーションで漏えいしたすべてのコンプライアンス規制対象データの 46% が PHI です
arrow
アクション 2
規制対象データを制御
コンプライアンスにかかわる機密データを評価、制御します

課題 3
ビジネスにとってリスクが高すぎる
検出したアプリケーションの 82% がビジネス対応ではありません
arrow
アクション 3
クラウドアクセスポリシーを適用
リスクが高すぎるクラウドアプリケーションを制限します

その他のソリューション

icon
構造化されたクラウドデータを暗号化、トークン化
icon
高度な多要素認証(MFA)でユーザーを確認
icon
クラウドアプリケーションの可視化、データセキュリティ、脅威防止

「クラウドアプリケーションとサービスの導入が広がるにつれて新たな脅威ベクトルが登場しており、DLP の機能をクラウドへと拡張することが必要になっています」

DLP のクラウドへの拡張



CASB 2.0 ソリューションが従来の DLP と CASB の限界をどのように克服したかをご確認ください

ホワイトペーパーをダウンロード

CloudSOC CASB と Symantec DLP の統合

セキュリティツールのこの独自の組み合わせにより、他に類を見ないさまざまなクラウド保護機能が実現します。
 

リスクと規制を管理するためのリソース