データとシステムがクラウドと オンプレミスの両方にあります。 SOC ですべてを監視できるでしょうか。

シマンテックは、脅威の可視性と SOC のグローバルな専門知識を提供して企業のチームを拡張し、パブリッククラウド(IaaS、PaaS、SaaS)およびオンプレミス環境全体にわたって脅威の検出と対応の能力を強化します。



包括的な脅威監視の
5 つの基本事項
  • 脅威の可視化のクラウドへの拡張
  • セキュリティ関連のリソースおよび専門知識の強化
  • クラウド向けおよびオンプレミス向けのアプローチのカスタマイズ
  • 進化する脅威へのプロアクティブな対応
  • セキュリティ要件とプライバシー要件への対応

統合ソリューションと専門知識で SOC を強化


最重要課題

課題 1
脅威の可視化に対するニーズの増加
実装の 59% がハイブリッド、マルチクラウド環境です
課題 2
進化を続ける脅威
「攻撃者の平均潜伏期間」は 191 日です
課題 3
セキュリティに関する専門知識の不足
企業の 87% はサイバーセキュリティの専門家の確保が難しいと考えています

重要なアクション


その他のソリューション

icon
脅威インテリジェンスによってビジネスを変革
icon
シャドー IT とクラウド資産を把握
icon
クラウドワークロードのセキュリティを自動化

統合ソリューションと専門知識で SOC を強化


最重要課題

課題 1
脅威の可視化に対するニーズの増加
実装の 59% がハイブリッド、マルチクラウド環境です
arrow
アクション 1
より広範な可視化
環境全体で脅威を検出して対応します

課題 2
進化を続ける脅威
「攻撃者の平均潜伏期間」は 191 日です
arrow
アクション 2
脅威の捜索
疑わしい脅威を調査し、確定した脅威を排除します

課題 3
セキュリティに関する専門知識の不足
企業の 87% はサイバーセキュリティの専門家の確保が難しいと考えています
arrow
アクション 3
チームの拡張
セキュリティ運用機能を拡張します

その他のソリューション

icon
脅威インテリジェンスによってビジネスを変革
icon
シャドー IT とクラウド資産を把握
icon
クラウドワークロードのセキュリティを自動化

「2020 年末までに、全企業の 30% で、オンプレミスインフラに加えパブリッククラウド(SaaS、PaaS、IaaS)環境を監視するための MSSP が必要になります。これは 2016 年の 10% 未満から増加しています」

Gartner 社(Predicts 2017: セキュリティソリューションレポート)


Gartner による全世界マネージドセキュリティサービス部門に関するマジッククアドラントでシマンテックがリーダーに選出された理由をご確認ください。

レポートを読む

セキュリティ運用能力をクラウドにまで拡張するためのリソース