ほとんどのクラウドは、クラウドベースのアプリケーションワークロードに最適です

ほとんどのセキュリティは、クラウドベースのアプリケーションワークロードにまったく適していません

競争とイノベーションは必要ですが、セキュリティリスクを増大させる必要はありません

アプリとインフラのクラウドへの移行、特に AWS や Azure などのパブリッククラウド環境への移行は、高い費用対効果で手早くイノベーションを推進できるアプローチです。ただし、設備投資を削減すると、セキュリティリスクも高まります。

企業のセキュリティとは、あらゆるワークロードを保護することです

クラウドでのセキュリティの確保

パブリッククラウド、プライベートクラウド、オンプレミスのデータセンターのすべてにわたって、包括的なワークロード保護および監視機能を提供します。

ワークロードのロックダウン

信頼できるセキュリティコントロールを導入し、ワークロードを堅牢化して、パブリッククラウドおよびプライベートクラウド全体でゼロデイ脅威や標的型攻撃から保護します。

Web アプリの保護

Web アプリのパフォーマンスを高めると同時に、セキュリティ団体の OWASP が発表したトップ 10 の脅威やゼロデイ攻撃などの高度な脅威から保護します。

コンプライアンス評価の自動化

すべての資産およびネットワークの検出およびマッピングと、セキュリティ構成に関するロールベースおよび運用要件ベースのレポート作成を可能にします。


ワークロードの保護によってどのようにイノベーションが実現するかをご確認ください

イノベーションへのプレッシャーは強まっていますが、機密性の高いワークロードをクラウドに移行することでリスクを高める必要はありません。最新のワークロード保護にはパブリッククラウドとプライベートクラウドをカバーする可視化、監視、保護が必須である理由と、そのような要件にシマンテックがどのように対応しているかなどをご確認ください。

動画を見る

セキュリティと俊敏性の両立:

Symantec Cloud Workload Protection

パブリッククラウドのワークロードに対応する、クラウドネイティブの自動化されたセキュリティ

見えないものは保護のしようがありません。クラウドのワークロードに関しては、これは特に危険なことです。しかし、パブリッククラウド環境での盲点を検出し、マッピングできるようになりました。Symantec Cloud Workload Protection は、Amazon Web Services や Microsoft Azure で実行されるワークロードを対象とする、クラウドネイティブの自動化されたセキュリティを企業に提供します。今すぐ、俊敏性を高めてコストを削減してください。

詳細はこちら

ワークロード保護のためのその他の製品

Symantec Data Center Security

脅威検出、監視、予防が包括的に統合された製品です。

詳細はこちら

Symantec Web Application Firewall

Proxy SG 対応の、高度な機能を備えたファイアウォール保護製品です。

詳細はこちら

Symantec Control Compliance Suite

セキュリティコントロールの対応状況と脆弱性を一元的に把握できるようにします。

詳細はこちら

Symantec CASB

アプリおよびサービス用の、業界をリードするクラウド保護製品です。

詳細はこちら

74%

「企業の 74% は、従来のセキュリティテクノロジの使用をやめています。クラウドへの効果的な適用ができなかったからです」

–ESG 調査レポート: 『Securing Clouds with Symantec(シマンテック製品でクラウドの安全性を確保する)』

レポートをダウンロード

クラウドのカオスに対応するためのリソース