クラウドへの移行時に高度なサイバー脅威を阻止

意欲の強い新たなサイバー犯罪者の出現に伴い、高度な攻撃の規模と技術レベルも向上しています。 企業は、エンドポイント、電子メールの利用、Web アクセス、クラウド内のデータをより詳細に把握する必要があります。 攻撃が開始されたらすぐに阻止するために、シマンテックは、多層的な統合防止機能と、世界最大規模のグローバルな脅威インテリジェンスネットワークの対応範囲を組み合わせています。



高度な脅威に関する
4 つの基本事項
  • 複数のマルウェアおよびサンドボックス技術の統合
  • 新たな脅威の隔離の実装
  • ユーザーのふるまいの分析と悪質な異常の識別
  • CASB ネットワーク、電子メール、エンドポイントでの実現

1 つの統合ソリューションで、あらゆる情報を高度な脅威から保護


最重要課題

課題 1
ハッキングでは企業情報や個人情報を入手するためにさまざまな方法が使用されている
ハッカーは 39 秒ごとに攻撃しています
課題 2
最大の攻撃ベクトルは電子メール。 基本的なセキュリティでは不十分。
2016 年には企業の 61% がランサムウェアの攻撃を受けました
課題 3
モバイルとクラウドにより、すでに問題を抱えている脅威防止アーキテクチャがますます脆弱になっている。
サイバー攻撃の 71% が検出されません

重要なアクション

  • アクション 1
    詳細な脅威防止を多層にわたって追加
    マルウェア対策、サンドボックス、隔離、ふるまい分析を CASB、ネットワーク、電子メール、エンドポイントへと拡張します
  • アクション 2
    電子メールに対する深刻な脅威からの保護
    多層のマルウェアスキャン、フィッシング検出、クリック時の保護を追加します
  • アクション 3
    クラウドを活用して、より効果的な ATP アーキテクチャを実現
    クラウドでの全体的なネットワークセキュリティスタックとして、予防的なプロキシベースに加えて多層の ATP を提供

その他のソリューション

icon
エンドポイント保護を iOS と Android へ拡張
icon
エンドポイント向けの最も包括的で高度なマルウェアおよび EDR 対策
icon
SaaS アプリケーションでのきめ細かい制御の実施

1 つの統合ソリューションで、あらゆる情報を高度な脅威から保護


最重要課題

課題 1
ハッキングでは企業情報や個人情報を入手するためにさまざまな方法が使用されている
ハッカーは 39 秒ごとに攻撃しています
arrow
アクション 1
詳細な脅威防止を多層にわたって追加
マルウェア対策、サンドボックス、隔離、ふるまい分析を CASB、ネットワーク、電子メール、エンドポイントへと拡張します

課題 2
最大の攻撃ベクトルは電子メール。 基本的なセキュリティでは不十分。
2016 年には企業の 61% がランサムウェアの攻撃を受けました
arrow
アクション 2
電子メールに対する深刻な脅威からの保護
多層のマルウェアスキャン、フィッシング検出、クリック時の保護を追加します

課題 3
モバイルとクラウドにより、すでに問題を抱えている脅威防止アーキテクチャがますます脆弱になっている。
サイバー攻撃の 71% が検出されません
arrow
アクション 3
クラウドを活用して、より効果的な ATP アーキテクチャを実現
クラウドでの全体的なネットワークセキュリティスタックとして、予防的なプロキシベースに加えて多層の ATP を提供

その他のソリューション

icon
エンドポイント保護を iOS と Android へ拡張
icon
エンドポイント向けの最も包括的で高度なマルウェアおよび EDR 対策
icon
SaaS アプリケーションでのきめ細かい制御の実施

ブロックされた悪質なモバイルアプリケーションの 1 日平均数は 24,000

『インターネットセキュリティ脅威レポート(2018 年)』


レポートをダウンロード

クラウド時代のエンドポイントセキュリティ

現在市場に出回っている中で最も包括的で高度なエンドポイントプラットフォームについてご確認ください。
 

高度な脅威を回避するためのリソース